遺体‐明日への十日間‐(映画)公式無料動画配信や見逃しをフル視聴する方法!感想まとめ

映画『遺体~明日への十日間~』を無料でフル視聴できるおすすめの動画配信サービスをご紹介します!

見逃してしまった方もう1度見たい方に必見です!

「遺体~明日への十日間~」は
FOD PREMIUMなどで配信中!/

※初回登録2週間無料
※無料期間内の解約OK!

「遺体 ~明日への十日間~」とは?

2013年2月23日に公開された映画「遺体~明日への十日間~」。
2011年3月11日に東日本大震災が発生し、そこから10日間ジャーナリストの石井光太さんが岩手県釜石市の遺体安置所の現場に密着しありのままが綴られたポルタージュ「遺体震災、津波の果てに」を実写映像化した作品となっています。
この作品のが公開された後の収益金を被災地に寄付される予定で映画公開されました。
震災が起こった当時には、様々な報道が行われていましたが、それでも現地の状況などを報道では伝えきることができていません。
ジャーナリストの石井光太さんは被災した岩手県釜石市の遺体安置所取材しており、そこでの辛い作業にあたる人々の姿が描かれています。

映画『遺体 ~明日への十日間~』予告編

2011年の東日本大震災で被災した岩手県釜石市の遺体安置所を題材としたルポルタージュ「遺体 -震災、津波の果てに-」を基に、メディアが伝え切れない被災地の真実を描き出したヒューマン・ドラマ。葬儀関係の仕事をしていた主人公を中心に、遺体を家族のもとに帰そうと奮闘する遺体安置所の人々の姿を映し出す。メガホンを取るのは、『踊る大捜査線』シリーズの脚本や『誰も守ってくれない』などで知られる君塚良一。西田敏行が主演を務め、佐藤浩市や佐野史郎など日本を代表する名優たちが共演。東日本大震災の壮絶な様子と共に、遺体安置所の人々を通して日本人の死生観をも映し出す。
東日本大震災の発生直後。定年まで葬儀関係の仕事に就いていた相葉常夫(西田敏行)は、仕事柄遺体に接する機会が多かったことから、遺体安置所でボランティアとして働くことになる。一人一人の遺体に優しく話し掛ける相葉の姿を見て、膨大な遺体に当初は戸惑っていた市職員たちも、一人でも多く遺族のもとに帰してあげたいと奮闘し続ける。

相葉 常夫:西田敏行
平賀 大輔筒井道隆
下泉 道夫:佐藤浩市
正木 明:柳葉敏郎
大下 孝江:酒井若菜
及川 裕太:勝地涼
照井 優子:志田未来
松田 信次:沢村一樹
山口 武司:佐野史郎
土門 健一:緒形直人
芝田 慈人:國村隼

「遺体~明日への十日間~」配信状況

見放題配信状況を調べてみました!

配信状況無料期間
FOD PREMIUM
2週間
Hulu
×2週間
U-NEXT
31日間
ABEMA
×2週間
TSUTAYA TV/DISCAS
30日間
Paravi
×2週間
Amazonプライム
×30日間

※本ページは2021年9月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトでご確認ください!

FOD PREMIUMとは?

FOD PREMIUM(プレミアム)は月額976円(税込)で、主にフジテレビ系列の番組が視聴できる動画配信サービスです!

★80・90年代の懐かしいドラマから最新ドラマ、バラエティ、アニメ、映画作品が盛りだくさん!
★FODオリジナル作品あり!
★雑誌、漫画も配信中!
★毎月100ポイントと毎月8日・18日・28日に400ポイントがもらえる(毎月1300ポイントゲット!)
※ポイントはレンタル作品に利用可能
初回登録2週間無料

詳しい登録方法はこちらから

⇩ ⇩ ⇩

↓ FOD PREMIUM配信中の作品! ↓

【2021年ドラマ】
イチケイのカラス
大豆田とわ子と三人の元夫
レンアイ漫画家
最高のオバハン中島ハルコ
【ドラマ】
教場
監察医 朝顔
青のSP
知ってるワイフ
ラストシンデレラ
姉ちゃんの恋人
リッチマン、プアウーマン
ストロベリーナイト
のだめカンタービレ
いつ恋
昼顔


【バラエティ】
突然ですが占っていいですか?
TOKIOカケル
THE MANZAI
人志松本のすべらない話
人志松本の酒のツマミになる話
千鳥のクセがスゴいネタGP


【映画】
人間失格 太宰治と3人の女たち
ヘルタースケルター
【ドキュメンタリー】
RIDE ON TIME


【アニメ】
鬼滅の刃
呪術廻戦
・ワンピース
ゴールデンカムイ
Re.ゼロから始める異世界生活

感想

この作品はドキュメンタリーと錯覚してしまうほどのリアルな作品に仕上がっている。
とても言葉にはできない気持ちになった。
当時は被災された方々はすごく大変だろうなとは思いながら報道を見ていたけれど、この映画を見てより身近に感じることができた。
被災された方々はこの作品のように遺体を運び出してくれた方々や、遺体安置所を管理する方々などもっともっとたくさんの方々が大変な思いをしてきたんだということがより実感できました。

この作品を見るまでは、なんて不謹慎なんだと思ってしまい、わざわざ映画にしてしまうようなテーマではないと思っていたけれど、実際に見てみると全然違った。
この作品のような方々がいたからこそ亡くなられた方々や遺族の方々も救われたんだろうなと思う。
すごく身近な日本での物語で、この作品を見てたくさんの方々が命だけではなく心も救われたんだということが改めて実感できた。
大切なものや大切な人を亡くされた方々がたくさんいる中で、もし自分が同じ立場ななった時、自分には何ができるのだろうかすごく考えるきっかけとなった。

自然災害というのは本当にすべて何もかも奪ってしまい、しかもそれを人間には止めることができないもの。
作品を見ているととても心が苦しくなった。
人が亡くなるというのは、身近な人が亡くなるということは、きっともう一人の自分を失うことなのかもしれないと感じた。
そして遺体と向き合っている姿がすごくて、これがまた実話ということにも驚きを隠せなかった。
この作品を見ていると人として何ができるのかということがすごく考えさせられる。

この物語は日本であの日に起こった出来事。
遺体と向き合って話をかけた人たちの物語。
もう10年経過したけれどずっと見る勇気がなくてやっと見ることができた。
2021年3月11日午後2時46分31秒、当たり前のような日常が巨大地震と大きな津波によって壊れてしまった。
そして釜石市は甚大な被害を被った。
元小学校の体育館は遺体安置所となり、そこでは市の職員や消防団や医者などが慣れない作業にみんな戸惑っていて、次々と増える遺体の数になす術なく言葉を失ってしまう。
正直この作品の感想をなかなか言葉にすることができない。
でもこれが日本で実際に起こった事実として受け止めて行かなければならないと思った。
いろんな人に観て欲しい作品である。

まとめ

『遺体 ~明日への十日間~』はFOD PREMIUMで配信中です!
初めて登録する方は、2週間無料
無料期間のみ楽しみたい方は、2週間以内に解約してもらうだけでOKです!
ぜひ無料期間を利用して視聴しちゃいましょう!!

「遺体~明日への十日間~」は
\FOD PREMIUMで配信中!/

※初回登録2週間無料
※無料期間内の解約OK!

タイトルとURLをコピーしました