銭の戦争(ドラマ)公式見逃し動画配信や再放送を無料で1話~全話フル視聴する方法

『銭の戦争』を無料でフル視聴できるおすすめの動画配信サービスをご紹介します!

見逃してしまった方もう1度見たい方に必見です!

「銭の戦争」は
U-NEXTで配信中!/

※初回登録31日間無料
※無料期間内の解約OK!

「銭の戦争」とは?

2015年1月6日から3月17日まで放送されていたドラマ「銭の戦争」。
この作品は韓国ドラマの銭の戦争が原作となっており、舞台を日本の東京に移し替えて制作されたドラマです。
この作品で草なぎ剛が主演を務めました。
栄光と挫折を経験した男を草なぎ剛が演じており、その男が恋と借金返済や自分の人生を取り戻すまでの姿が描かれた壮絶な復讐劇となっています。

草なぎ剛演じる主人公・白石富生は、東大卒で外資系証券会社に勤め、美人の婚約者も持ち、順風満帆の日々を送っていた。ところがある日、父親が多額の借金を残して自殺。連帯保証人の主人公は貯金を全て借金の返済に充て、さらには金貸し業者に追われ、金も職も婚約者も全て失うことに…。ホームレスまで転落した彼が選んだ道は、自分をどん底に追い込んだ金貸し業。表向きは健全でも、裏では高金利で金貸しをしている「赤松金融」経営者・赤松大介(渡部篤郎)の元で働く事に。
「俺の人生と親父の人生…金で失くしたもの全て、…金で取り戻す!!」
金を得るためにはどんな苦労も厭わないと決意した彼は、手段を選ばず、どんなことでもするようになっていく。たとえそれが非合法であろうとも…。
そんな彼が出会ったのは、借金に苦しむ高校時代の恩師の娘・紺野未央(大島優子)。
彼女は、彼にいつしか自分が金の魔力に取りつかれていることに気づかせ、二人の間には特別な感情が芽生え始める…。さらに、彼に対して愛憎混じった複雑な感情を持つ元婚約者・青池梢(木村文乃)も再び彼の前に現れ、やがて3人は複雑な恋愛関係に発展していく。
父親の死の真相に直面した富生は、壮絶な復讐を企んでいくが…、果たして愛と金と人生、失ったすべてを取り戻すことができるのか…?

外資系証券会社に勤め、日々巨額の金を動かす白石富生(草なぎ剛)は、美人で聡明な恋人・青池梢(木村文乃)との婚約が決まり、順風満帆な毎日を送っていた。ところがある日、母の三保子(木野花)から、実家の工場が不渡りを出し、社長である父の孝夫(志賀廣太郎)が行方不明だと連絡が入る。慌てて駆け付けると、工場では取り立ての電話が鳴り続け、孝夫が悪質な業者からも多額の借金をしていたことが判明。それから数日、本人とは連絡が取れないまま、孝夫の連帯保証人になっていた富生は自らの貯金で借金の一部を返済。それでも足りず、知り合いに金を貸してほしいと頼むが、誰一人として助けてはくれない。そんななか、心労を重ねた三保子が倒れてしまう。さらには、借金まみれである事態を知った会社から退社に追い込まれる富生――。
その頃、富生の恩師で高校教師の紺野(大杉漣)もまた、親戚の借金を肩代わりさせられ、苦しんでいた。近いうちに派遣の契約が打ち切られそうだとこぼすしっかり者の一人娘・未央(大島優子)には、とても本当のことは言えない。
いら立ちを募らせた富生は、三保子が心のよりどころにしていた神社で金を無心し、騒ぎを起こす。そのうえ、転がってきた500円玉を泥棒してしまう。偶然にも、その落とし主は未央で、富生が盗ったことに気付いた未央は彼を追及するが、金に困っている富生は取り合わない。
数日後、富生は梢の祖母で、大手金融グループの会長でもある早和子(ジュディ・オング)に呼び出され、1000万円で梢と別れてほしいと言われる。するとそこへ、弟の光太郎(玉森裕太)から、三保子の手術ができるかもしれないと電話がかかってきて……。

亡くなった父・孝夫(志賀廣太郎)の葬儀で、「金で失くしたもの全て、金で取り戻す」と宣言した富生(草なぎ剛)だったが、住所不定とあって再就職先はなかなか見つからない。行く当てのない富生は紺野洋(大杉漣)の家を訪ねる。しかし未央(大島優子)が洋の借金を知ってしまい、親子げんかを繰り広げていた。あきれながらも、そんな洋の温かさに救われる富生。
それから数日後、手応えがあった会社からも不採用を告げられた富生は、路上生活を余儀なくされてしまう。しかし、ルールを知らないためホームレスたちとトラブルを起こし、紅谷(津川雅彦)という謎の老人に助けられる。聞けばホームレスから300億を動かす金貸しにまで上り詰めた男だと知り、借金を申し込むが、紅谷は取り合わず。そんな富生の様子を祖母の早和子(ジュディ・オング)から聞いて心配になった元婚約者・梢(木村文乃)は富生に会いに公園へ行き…。
その頃、洋は赤松(渡部篤郎)から今月分の返済を迫られていた。待ってほしいと頼むが取り合ってもらえず嫌がらせが始まる。未央は、仕事先で声をかけられた高級レストラン経営者・植草(丸山智己)と食事をするが…。
一方、自分も金貸しを始めようと考えた富生は、紅谷について回るがノウハウを教えてもらうどころか、食い逃げ犯に仕立て上げられる始末。それでもあきらめない富生に対し、紅谷は「お前に、借金の取り立てができるか?」と、食い逃げした定食屋への借金取り立てを任すが…?

紺野家へ向かった富生(草なぎ剛)は、洋(大杉漣)と未央(大島優子)に金貸しになったことを告げ、借金の返済を迫る。そして金がないことが分かると、洋が大事にしている古書を古本業者に売り、金を作らせるのだった。
数日後、富生は赤松金融社長の赤松(渡部篤郎)に連れられ会員制のレストランへ向かう。そこでは、早和子(ジュディ・オング)をはじめとする金融業界の大物たちが集まる懇親会が開かれていた。二人は梢(木村文乃)の計らいで何とか会場に入ったものの、当然、招かれざる客。早和子は露骨な態度で赤松を追い払おうとするが、そこで富生が思いもよらぬ行動を起こし……。
同じ頃、契約が切れて次の派遣先が見つからない未央は、再び植草(丸山智己)から食事に誘われ、そこで突然のプロポーズをされる。しかも、結納金として洋の借金を肩代わりしてくれるという。複雑な思いのまま家に帰った未央は、早速そのことを洋に伝えるが、「好きでもない相手とお金のために結婚するなんてダメだ」と反対され、思わず家を飛び出す。そんな未央を追いかけて話を聞いた富生は、結婚を祝福し、まだ迷っている未央に自分の境遇を話す。そして、富生の胸中を思って涙を流す未央に「どん底からやり直すには、泣いてる暇なんかない」と言葉をかけ、その背中を押す。富生の本当の姿を知った未央に笑顔が戻り、二人の距離は縮まるが、その様子を少し離れたところから梢が見ていて……。

結婚式当日、富生(草なぎ剛)に手を引かれて式場を飛び出した未央(大島優子)は、結婚相手の植草(丸山智己)から式の費用や慰謝料など多額の金を請求される。2人は借金が増えたことを洋(大杉漣)に謝るが、それでも未央が結婚するより良かったと笑顔を見せる洋。翌日、洋の借金を回収し損ねたことを赤松(渡部篤郎)に報告した富生は、代わりに赤松金融で取り立て不能になっている債権を回収すると言い出す。未回収金額は占めて8750万円。しかし相手はタチの悪いヤクザで、命を落としかねない危険な取り立てになることは間違いない。そこで富生は、赤松にある条件を出す。
一方、借金返済のためひそかにアルバイトを始めた洋が、腰を痛めて入院してしまう。困った未央が、式場で何とか披露宴の残金を分割払いにしてほしいと頼み込んでいると、そこへ騒ぎを聞きつけた梢(木村文乃)が現れる。富生と未央の関係が気になる梢は、それとなく探りを入れつつ、未央の申し出に対して少し考えさせてほしいと返答する。そして数日後、未央にある提案を持ちかけて…。
その頃、富生は、回収相手であるヤクザの大黒(高杉亘)から手ひどい暴行を受け、ボロボロになっていた。しかし、大黒が投資詐欺でもうけていると知り、富生はその手口を逆手にとった回収方法を思いつき……。

自分が自殺に追いやったホワイト化学の社長の息子が富生(草なぎ剛)だと知った赤松(渡部篤郎)は、身の危険を感じて富生の周辺を探り始める。さらに、富生から借りた金で借金を返済しに来た未央(大島優子)にも揺さぶりをかけ、富生の動向を把握しようと画策する。
一方、赤松に素性を知られているとは気づいていない富生は、元カリスマ美容師の藍沢(坪倉由幸)の取り立てを任され、店の景気を調べるため、未央を藍沢の美容室へ偵察に行かせる。すると、休日にもかかわらず店内はガラガラ。近いうちに店がつぶれて金が回収できなくなると予想した赤松は、藍沢を追い詰めた末にトバシ携帯を大量に買わせる。しかし、その手口を見た富生は何かに引っかかり……。
その頃、梢(木村文乃)に近づいた赤松は、早和子(ジュディ・オング)がホワイト化学と関係していたことを耳打ちする。疑念を抱いた梢が独自に調べると、ホワイト化学が青池グループの傘下に入っていたことが判明。梢は早和子を問いただすが、早和子は会社の価値を知って助けただけだと答えるだけで…。
紺野家に居候し、未央と生活を共にするようになった富生は、未央が職場の顧客情報を持ち出したことをネタに、赤松から脅されていることを知る。赤松の不穏な動きに不安を覚え、富生を心配する未央。富生は赤松の動きに注意を払うが、赤松金融で、父・孝夫の死にまつわる、ある資料を発見してしまう…!

富生(草なぎ剛)が父親を死に追いやった男のもとで働いているとは知る由もない光太郎(玉森裕太)。富生が金貸しになったと聞き、軽蔑する一方、母親の治療費さえも工面できない自分の無力さに、悔しい気持ちがこみ上げていた。そんなある日、バイト仲間から「金になる仕事がある」と持ちかけられた光太郎は、危険な香りのする雑居ビルに足を踏み入れて……。
一方、早和子(ジュディ・オング)の許しを得てホワイト化学の再建に乗り出した梢(木村文乃)は、早速工場へ。「いかにも町工場的な体質を変える」と断言する梢に対し、専務の金原(おかやまはじめ)らは戸惑い、反発するが、梢は青池ファイナンスが株を所有していることを理由に、工員たちを解雇する可能性もあると非情な宣告を突きつける。
その頃、未央(大島優子)は赤松(渡部篤郎)を襲撃した後に行方をくらませた富生を探していた。赤松金融、ホワイト化学、思い当たる場所を方々探し回っていると、偶然、梢と再会する。富生が行方不明だと告げ、なぜ彼を支えてあげなかったのかと梢に尋ねる未央。すると梢は、ずっと心の内に秘めていた想いを打ち明ける。
とある場所を訪れていた富生は、生前の父の姿を思い出し、一人静かに物思いにふけっていた。果たして、富生が考える、這い上がるための次なる野望とは…?
するとそこへ1本の電話がかかってくる。出ると、相手は警察で……。

赤松金融の地下に現金の隠し部屋があることを突き止めた富生(草なぎ剛)。しかし、監視カメラが設置されていることに気付き、不用意には近づけない。そこへ、未央(大島優子)から「赤松が戻ってきた」とメールが届く。機転を利かせた未央のおかげで、その日は赤松(渡部篤郎)にバレず事なきを得たものの、翌朝、出社した赤松は事務所の雰囲気に違和感を覚え、一人密かに地下室に設置した監視カメラの映像をチェックする。
その晩、紺野家では未央から富生の話を聞いた洋(大杉漣)が計画を何とか阻止しようと説得を試みるが、あえなく失敗。それどころか富生は、隠し部屋の鍵の暗証番号を解読しようと、ある仕掛けを考え、さらに監視カメラの目を欺くための作戦も実行しようとする。
しかし、自分の動きを赤松に感づかれることを恐れ、焦った富生は、ある晩、正解が分からないまま金庫破りに挑むことを決意。それを知った未央もまた、「あの人には、大きな借りがあるから」と洋の制止も聞かず、富生の後を追い、赤松金融へと向かっていく!
果たして、父親を自殺に追い込んだ赤松への復讐のため、金庫破りに挑む富生は、赤松にバレずに大金を奪うことができるのか!?

ホワイト化学が経営難に陥った裏に、早和子(ジュディ・オング)の思惑があったことを知った富生(草なぎ剛)は怒りを抑えきれない。赤松(渡部篤郎)は、そんな富生をけしかけるかのように、早和子と特許庁の水越(浅野和之)という男が手を組み、ホワイト化学が出願した特許が下りないよう、画策していたことを教える。
翌日、青池ファイナンスの人間を装い水越を訪ねた富生は、ホワイト化学の件で捜査が入るかもしれないと揺さぶりをかけ、さらに、水越が早和子から金を受け取った証拠をつかもうと、彼の行動を徹底的に調べ始める。赤松と手を組むことに反対しながらも、富生が再びむちゃをしないか心配な未央(大島優子)もまた、ある場所へと潜入して……。
同じ頃、富生から話を聞いて早和子を信じられなくなった梢(木村文乃)は、独自に社内の金の流れを調べ始める。そして、早和子が隠してきた重大な秘密を知り、がくぜんとする。
そんなある日、富生のもとに水越と青池ファイナンスが接触するとの情報が入るが、何者かに尾行されていることに気付いた水越は接触直前に姿を消してしまう。あきらめかけたそのとき、富生の携帯が鳴り、出ると相手は未央。「今、水越を追いかけてる」――。その声を聞いた富生は、「水越には近づくな!」と告げ、慌ててその後を追うが……。

赤松(渡部篤郎)が青池グループの株の51%を手に入れた。しかし、その買い取り額はわずか20億円と破格。富生(草なぎ剛)は早和子(ジュディ・オング)が赤松に弱みを握られていると察知し、突然の事態に動転する梢(木村文乃)に「青池を守る方法が1つだけある」とささやく。一方で、赤松を挑発し、20億円の在りかをさも知っているかのような素振りを見せる富生。警戒した赤松は桜田(高田翔)に富生をマークさせるが、それこそが富生の狙いだった…!
その晩、富生を訪ねて梢が紺野家にやって来る。ホワイト化学を赤松に渡したくない富生と青池グループを守りたい梢。利害が一致した2人は赤松の動きを阻止すべく作戦を練るが、そんな2人の様子を近くで見ていた未央(大島優子)は胸がざわつく。そのうえ、梢からこれまでのことを謝罪され、複雑な気持ちに。
翌日、富生が自分に何も話してくれないことに耐えられなくなった未央は、赤松相手に何かむちゃをしようとしている富生に手伝わせてほしいと願い出る。しかし、「危ないから巻きこめない」と断られ、思わず富生への想いを告白してしまう。その時、富生の携帯電話に梢から連絡が入る。梢と今後の作戦を確認した富生は電話を切って……。

赤松(渡部篤郎)から奪った20億にもかかわらず、その金を増やそうと考えた富生(草なぎ剛)は、かつての上司・黒田(飯田基祐)を訪ね、利益の一部を渡すことを条件にインサイダー取引をもちかける。一方、怒りに震える赤松は、桜田(高田翔)たちを紺野家やホワイト化学に向かわせ、血眼になって金の在りかを探していた。そんななか、ふと富生の経歴を思い出した赤松は黒田に接触。富生が金を増やそうとしていることを知り、不敵な笑みを浮かべて…。
その頃、早和子(ジュディ・オング)の自首により脱税が明らかになった青池ファイナンスでは、弁護士から追徴課税が50億円に上ると聞いた梢(木村文乃)が頭をかかえていた。今すぐ現金が必要な梢は、富生に40億円でホワイト化学を売ってほしいと提案され、その提案を受け入れる。
数日後、喫茶店に呼び出された富生は、黒田から株価が確実に上がる会社の情報を教えてもらうが、少し離れたところでその話を赤松が聞いていた。そうとは知らず、紺野家に戻り、黒田から聞いた情報を元に株を買おうとする富生。しかし、話を聞いた未央(大島優子)は、今まさに犯罪行為に手を出そうとしている富生を見ていられず、思わず頬をたたいてしまう。

未央(大島優子)を助けに向かった先で赤松(渡部篤郎)と対峙した富生(草なぎ剛)は、未央と引き換えに20億円を返すよう迫られる。1日の猶予をもらった富生は、洋(大杉漣)の言葉をヒントに、ある方法で20億円を返すため、再び灰谷(中林大樹)や桃子(朝倉えりか)らに声をかけ……。
一方、20億円が手元に戻ることを確信した赤松は、早和子(ジュディ・オング)の保釈金5億を用意できず苦しむ梢(木村文乃)に電話をかけ、金を援助する代わりに自分を青池ファイナンスの役員に加えるよう持ちかける。
そして、すべての準備を整えた富生が、20億円の受け渡し場所に選んだのは赤松金融。待ち構える赤松に、富生は一体どんな方法で20億円を返すのか!?
未央、梢、光太郎(玉森裕太)、ホワイト化学、それぞれの行方は…?金に人生を翻弄された富生の闘いが、ついに幕を閉じる…!

白石富生 – 草彅剛
紺野未央 – 大島優子
青池梢 – 木村文乃
赤松大介 – 渡部篤郎
桜田慎一 – 高田翔
円アカネ – 新川優愛
白石孝夫 – 志賀廣太郎
白石三保子 – 木野花
白石光太郎 – 玉森裕太
紅谷裕蔵 – 津川雅彦
青池早和子 – ジュディ・オング
紺野洋 – 大杉漣
目黒桃子 – 朝倉えりか

「銭の戦争」配信状況

配信状況を調べてみました!

配信状況無料期間
U-NEXT
31日間
FOD PREMIUM
×2週間
Hulu
×2週間
ABEMA
×2週間
TSUTAYA DISCAS
×30日間
Paravi
×2週間
Amazonプライム
×30日間

※本ページは2022年5月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトでご確認ください!

U-NEXTとは?

U-NEXTは月額2,189円(税込)で、最新映画から海外ドラマ、韓流ドラマ、アニメ、国内ドラマ、NHK作品も視聴できる動画配信サービスです!

★見放題作品数国内NO.1!
★雑誌70誌以上が読み放題
★毎月1,200円分のポイント付与
※ポイントはレンタル作品や電子書籍に利用可能
初回登録31日間無料&600円分のポイントプレゼント

詳しい登録方法はこちらから

⇩ ⇩ ⇩

感想

このドラマを見ているとハラハラするようなストーリー展開に、ハートフルなシーンが絶妙なバランスで混ざっていて、気づくと主人公に感情移入していた。
そして逆転劇の快感を一緒に感じることができた。

このドラマで主演を務めた草なぎ剛、本人そのものはあんなに優しくてとてもいい人そうなのに、なんでこんなに悪い役がこんなに上手に演じられるのか不思議で仕方がない。
それだけ草なぎ剛の演技力には驚かされた。

このドラマはこの先どうなるかわからない展開で、立場が次々と変わっていく登場人物にとてもわくわくさせられた。
ドラマの前半はドキドキさせられて、中盤からはここからどうやって結着をつけるのだろう?と思わされるような作りで最後まで飽きることなく楽しめた。

まとめ

『銭の戦争』はU-NEXTで配信中です!
初めて登録する方は、31日間無料&600円分のポイントプレゼント!
無料期間のみ楽しみたい方は、31日間以内に解約してもらうだけでOKです!
ぜひ無料期間を利用して視聴しちゃいましょう!!

「銭の戦争」は
U-NEXTで配信中!/

※本ページは2022年5月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトでご確認ください!

タイトルとURLをコピーしました