家政夫のミタゾノ(ドラマ)公式見逃し動画配信や再放送を無料で1話~全話フル視聴する方法

『家政夫のミタゾノ』を無料でフル視聴できるおすすめの動画配信サービスをご紹介します!

見逃してしまった方もう1度見たい方に必見です!

「家政夫のミタゾノ」は
U-NEXTで配信中!/

※初回登録31日間無料
※無料期間内の解約OK!

「家政夫のミタゾノ」とは?

2022年4月22日より放送中のドラマ「家政婦のミタゾノ」。
このドラマは、TOKIOの松岡昌宏が女装をした家政婦が、派遣先の内情を覗いて秘密を暴いて家庭を崩壊させ、再生へと導いていく痛快覗き見ヒューマンドラマとなっています。
今回はそのドラマシリーズ第5弾となっており、パートナーとなる若手家政婦を山本舞香が演じています。
そしてドラマの本編には、主婦なども嬉しい生活に役立つ家事テクニックなども紹介されていて、ただドラマを楽しむだけではなく、私たちの日々の生活に取り入れたい家事テクニックなどもたくさん知ることができる作品です。

この春、“あの人”が帰ってくる…
松岡昌宏主演
『家政夫のミタゾノ』
《第5シリーズ》
がついに始動!
新たな家政婦は元ヤンキー!?
山本舞香が松岡と10年ぶり共演
伊野尾 慧らおなじみの家政婦も もちろん勢ぞろい!
※虎は出ません
 女装した大柄な家政夫・三田園 薫(通称:ミタゾノさん)が、派遣された家庭・家族の内情を覗き見し、そこに巣食う“根深い汚れ”までもスッキリと落としていく、痛快“覗き見”ヒューマンドラマシリーズ『家政夫のミタゾノ』。松岡昌宏主演のドラマとして2016年10月クールにスタート。1年半後の2018年4月クールに第2シリーズ、翌2019年4月には第3シリーズ、そして2020年4月に第4シリーズを放送し、すっかり人気ドラマシリーズとして定着しました。
 幅広い世代から絶大な支持を得る同ドラマがこの春、ついに第5シリーズを始動! みんな大好き《最恐家政夫・ミタゾノさん》が今回も溜まりに溜まった汚れを落としまくります!
 家事のスキルは完璧、でも無表情で何を考えているのかわからない上、なぜか女装しているという謎多き“最強の家政夫”ミタゾノさん。依頼人の家庭の内情を覗き見しては、その秘密をネタにその家を崩壊させるのが趣味、というなんともハタ迷惑な家政夫なのですが、そのダークヒーローぶりが視聴者を独特な爽快感へといざない、“家政夫(婦)ドラマ界”に確実に新たなページを刻み込み続けています。
「ミタゾノといえば松岡、松岡といえばミタゾノ」というほど、代名詞的作品にもなった『家政夫のミタゾノ』。今シリーズでもその存在感は揺るぎないものになること、間違いなしです!
 そして今作から、山本舞香が新しく『むすび家政婦紹介所』の家政婦として加入!
 山本が演じるのは、新人家政婦・本仮屋素子(もとかりや・もとこ)。ヤンキー同士の抗争の場で“たまたま”出会ったミタゾノさんに惚れ込み、「姐さん」と慕って家政婦紹介所にやってきます。ヤンキーらしく、仁義を重んじる素子は、何があってもミタゾノさんに“地獄の果てまで”ついていくという熱い正義感と情熱を持つ一方で、一人称は「あたい」、服装も個性的なもので揃え…と、言葉の端々、行動の端々にこれまたヤンキーらしい香りを隠すことができません。
 松岡とは2012年に放送されたテレビ朝日系金曜ナイトドラマ『13歳のハローワーク』で共演して以来、実に10年ぶりの再共演。10年の時を経て再び相まみえた松岡と山本が、どのようにこの『家政夫のミタゾノ』第5シリーズを作り上げるのか――まったく新しいタイプの家政婦の登場に、期待が高まります!
 そして第5シリーズも、ミタゾノさんとともに行動する若き家政夫・村田 光役でHey! Say! JUMPの伊野尾 慧が引き続き出演! 家政夫業を続けている光にも、ついに素子という“後輩家政婦”ができることになります。
 山本演じる素子に、先輩として「家政婦のイロハ」を教えてあげようとする光でしたが、さっそく素子に「もとやん」というあだ名をつけてしまい怒鳴られ、さらに素子からは「童顔」と呼ばれて、ちょっぴり小バカにされるなど、優しくて純粋な光くんは健在なようです。
 ほかにも余 貴美子演じる『むすび家政婦紹介所』の所長・結 頼子をはじめ、平田敦子演じる阿部真理亜、しゅはまはるみ演じる式根志摩といった家政婦仲間たちも続投決定! 今シリーズも変わらぬ魅力で、金曜の夜に視聴者の皆さんを楽しませてくれます。
 毎回、その内容には世相も大いに反映される『家政夫のミタゾノ』。世間を賑わすあんな話題やこんな話題がどんな風にドラマの題材にされ、ミタゾノの手によってどんな制裁を受けるのか、その行方にもご注目ください。
 もちろん今シリーズでもミタゾノさんの超絶家事スキルは健在。ミタゾノさんが毎回披露してくれる知識と家事のウラ技は、今回も視聴者の皆さんを楽しませてくれます! ミタゾノさん直伝の“お役立ち家事のHOW TO”で、放送翌日から家事スキルが一段階上がること、間違いなしです!

とある荒んだ町の一角――2組のレディース同士の抗争が最終局面を迎えようとしていた。
 特攻服に身を包んだ古風なグループで頭を張る本仮屋素子(山本舞香)と、敵対グループのリーダーがまさに一触即発の事態となったその時! 通りすがりの家政夫・三田園薫(松岡昌宏)によって2つのグループは瞬時に壊滅状態へと追い込まれる。
 無類の強さを誇った三田園にすっかり惚れ込んだ素子は、その後を追うように『むすび家政婦紹介所』へ…。新人家政婦として三田園を「姐さん」と慕い、働き始める。
 さっそく三田園と素子、そして村田光(伊野尾慧)の3人が向かったのは、理事長のセクハラ問題に揺れる私立栄林学園副理事長・林田正美(観月ありさ)の自宅。正美の父で理事長の壮一(大河内浩)、夫の義則(田中聡元)、PTA会長の久村たか子(七瀬なつみ)らが顔を揃え、今まさに今後の学園運営についての話し合いが行われようとしていた。
 学園の古い体質を見直すよう文部科学省から通達を受けていた正美は、アメリカ帰りの弁護士・清守修(笠原秀幸)を“ルールコンサルタント”として招き、古い校則を廃して新しいものを作ろうと画策。「校則違反者は半年間理事長と交換日記をする」「体育祭のフォークダンスは全力でやる」といった古めかしい校則ばかりの学園の体質にうんざりしていた正美は、これを機に壮一を理事長の座から退かせ、自分が理事長に就任しようと考えていたのだ。
 そのあかつきには清守を副理事長に、と密約を交わしていた頃、義則とたか子も密かにある約束を…。林田家の中にうごめくさまざまな思惑を察知した三田園は、泊まり込みで夜食の手伝いなどをすることを志願し、内情を探り始める…!

 味も価格も庶民の味方、全国に店舗をかまえる巨大からあげチェーン《からあげ奉行》の社長・三木三夫(堀部圭亮)宅に派遣された三田園薫(松岡昌宏)、村田光(伊野尾慧)、本仮屋素子(山本舞香)の3人。そこは、年間150億円を売り上げるやり手社長からは考えられないほど、徹底した「質素倹約」を掲げる家だった。ここ最近、家の周囲を不審者がうろついていることを明かした三木は、三田園と素子に今日一日家政夫(婦)兼ボディーガードを務めてくれるよう依頼する。
 その頃、10年前に起きた、現金輸送車から3.3億円が奪われた事件の時効が12時間後に迫っていた。
 自宅周辺の不審者、寝たきりのはずの父・金治の部屋の窓辺に敷かれたセンサー付きのマット、そして使い古された10年前のストッキング――そう、三木こそが3.3億円強奪の犯人だったのだ!「時効成立までには金を返すつもりだから、誰にも言わないでくれ」と懇願された三田園だったが、家族の前で堂々と金のことを暴いてしまう!
 妻の弥栄子(雛形あきこ)と娘の愛(栗林藍希)に事情を話し、今日限りで家族を解散しようと提案する三木。しかし弥栄子は「私にもこの3.3億円を背負わせて」と申し出、一緒に金を返しに行くことを約束する。
 そんな中、3.3億円のうちの70万円だけが行方不明に。弥栄子も愛も怪しげな行動を繰り返しており、疑心暗鬼に囚われてしまった三木は、時効直前の金の返却を三田園に依頼し…!?

 とある漁村の組合長・木田康雄(高杉亘)の“箱入り娘”・綾香(阿部純子)の結婚が迫り、祝い事の手伝いをしてほしいと、三田園薫(松岡昌宏)、村田光(伊野尾慧)、本仮屋素子(山本舞香)が依頼を受ける。
 綾香の結婚相手・小石川翔(白石隼也)は、MBAを取得するため1年間アメリカに留学。この日は、帰国した翔が木田家に挨拶に訪れる日だったのだ!
 折しも村は4年に一度の祭り『魚漁祭』の準備で大忙し。さっそく三田園たちは、顔合わせ食事会の準備に追われる。
 東大を出た元銀行マンで文句なしのエリートだという翔。しかし三田園たちの前に現れた翔は、長髪にサングラス、そして謎のチャラい英語使い・・・と雰囲気が一変していた! さらに、MBAの試験に失敗していた翔は、「気持ちを切り替えてMBAを諦めた」と宣言! 挙げ句、「パフォーミングアーティストになる」とまで言い出し、康雄らを呆れさせる。
「そんな仕事で生活していけると思うのか」と結婚を反対する康雄に対し、翔を応援する姿勢を崩さない綾香。ついには「私がこの人の夢を支えます」と言い放ち、「認めてくれないなら家を出る」とまで…!
 2人でよく話し合うように言い、寄合へと向かった康雄だったが、すぐにどこかに電話をかけ、翔の素性を探るよう命じる。その様子をすぐそばで見ていた三田園は…?
 そんな中、県からの『魚漁祭』助成金が打ち切られる危機に。クレームを受け中止になってしまった“ミス金目鯛”の代わりに、綾香の結婚お披露目を祭りのメインイベントにしてはどうかと村の人々から提案された康雄だったが、綾香の結婚相手に問題が勃発していることを言い出せない。
 やがて、翔に多額の借金があることまで判明し…?

「世界とコネを作る=セカコネ」で人気を博している社会科学者・有馬祥子(森口瑤子)の自宅に派遣された三田園薫(松岡昌宏)と本仮屋素子(山本舞香)。テレビやオンラインサロンなどでは高らかに子育て論などを語っている祥子だったが、自身の家庭では息子の拓也(稲葉友)との関係が思うようにいっておらず、世間には拓也は海外に住んでいることにしていた。
 書籍の執筆作業が佳境に入るため、昼食と夕食の用意と掃除を依頼された三田園たち。しかし、掃除は1階の水回りだけ、2階には行かないように、と命じられる。実は2階には拓也の部屋が。世の中に対し「世界に飛び出せ」と発信している祥子の息子は、一歩も部屋から出てこない“引きこもり”だったのだ!
 そんな祥子からの命令など聞くわけもない三田園は、あっさり2階へ上がり、拓也の部屋を覗き見てしまう。三田園に事情を知られてしまい、真相を打ち明けた祥子。気合いとノリで拓也を部屋から連れ出そうと意気込む素子だったが…?
 無理矢理、拓也の部屋へと突入し、もみ合いなるうち素子と拓也の上に本棚が倒れてくる!「きゃぁぁぁぁー!」と、悲鳴が響き渡ったその時、祥子は三田園たちがやってくる直前の時間へと逆戻りを…。やがて、祥子、アシスタントの木原真美(長井短)、そして担当編集者の都築由紀夫(久保田悠来)は、自分たちが“タイムリープ”していることに気づき…?

三田園薫: 松岡昌宏
村田光:伊野尾慧
本仮屋素子:山本舞香
阿部真理亜:平田敦子
式根志摩:しゅはまはるみ
結頼子:余貴美子

「家政夫のミタゾノ」配信状況

配信状況を調べてみました!

配信状況無料期間
U-NEXT

31日間
FOD PREMIUM
×2週間
Hulu
×2週間
ABEMA
×2週間
TSUTAYA DISCAS
×30日間
Paravi
×2週間
Amazonプライム
30日間

※本ページは2022年5月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトでご確認ください!

U-NEXTとは?

U-NEXTは月額2,189円(税込)で、最新映画から海外ドラマ、韓流ドラマ、アニメ、国内ドラマ、NHK作品も視聴できる動画配信サービスです!

★見放題作品数国内NO.1!
★雑誌70誌以上が読み放題
★毎月1,200円分のポイント付与
※ポイントはレンタル作品や電子書籍に利用可能
初回登録31日間無料&600円分のポイントプレゼント

詳しい登録方法はこちらから

⇩ ⇩ ⇩

感想

この作品は第5シリーズまでやってきたが、これまでのシリーズと変わらず安定の面白さがあってすごく大好き。
ミタゾノさんは、いつも家事をしている時の姿が背筋がいつもスッと伸びていて、いつ見ても本当に綺麗だなと思う。

この作品は、安定の面白さが続いているだけではなく、毎回生活に便利なことも学べるし、日々の生活に取り入れることができるのですごく嬉しい。

まとめ

『家政夫のミタゾノ』はU-NEXTで配信中です!
初めて登録する方は、31日間無料&600円分のポイントプレゼント!
無料期間のみ楽しみたい方は、31日間以内に解約してもらうだけでOKです!
ぜひ無料期間を利用して視聴しちゃいましょう!!

「家政夫のミタゾノ」は
U-NEXTで配信中!/

※本ページは2022年5月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトでご確認ください!

タイトルとURLをコピーしました