ジェネラルルージュの凱旋【映画】無料で公式見逃し動画配信をフル視聴する方法

この記事で『ジェネラル・ルージュの凱旋』の見逃し配信・フル動画を無料視聴する方法が3分で分かる♪

  • 番組を見逃した
  • 過去の放送をまとめて視聴したい
  • CM、広告なしで観たい
  • 日本テレビの番組やドラマをたくさん観たい
  • 住んでいる地域で放送されない

こんな方に絶対おすすめの配信サービスをご紹介しています!

『ジェネラル・ルージュの凱旋』は
Huluで配信中!

※初回登録2週間無料
※無料期間内の解約OK!

「ジェネラル・ルージュの凱旋」とは?

『ジェネラル・ルージュの凱旋』は、「チーム・バチスタの栄光」の続編として、2009年に公開された映画です。
ドラマ版もありますがこちらでは映画版を紹介しています。
原作は現役医師である海堂尊の長編小説。
監督は中村義洋監督。主演には竹内結子さんと阿部寛さんが出演されています。
ジェネラル・ルージュ(血まみれ将軍)の異名を持つ切れ者の救命救急センター長にかけられた疑惑をめぐり、再び田口と白鳥が事件解明に挑む。

チーム・バチスタ事件から1年後、院内の倫理委員会の委員長を務める田口(竹内結子)のもとに一通の告発文が届く。救命救急センター長の速水(堺雅人)と医療メーカーが癒着し、同センターの花房看護師長(羽田美智子)が共犯という内容。彼女が院内調査を開始した矢先、同様の告発文を受け取っていた厚生労働省の役人・白鳥(阿部寛)が再び現れる。

(Yahoo!映画より)

田口公子:竹内結子

白鳥圭輔: 阿部寛

速水晃一:堺雅人

花房美和:羽田美智子

佐藤拓馬:山本太郎

沼田利博:高嶋政伸

三船啓二:尾美としのり

如月翔子:貫地谷しほり

磯部信也:正名僕蔵

小峰小太郎:林泰文

川村明:中林大樹

二宮直行:大塚幸汰

山本(リハビリ担当):長江英和

井川:並樹史朗

中島:岡安泰樹

市川(田口の患者):河原さぶ

江波(田口の患者):山田スミ子

亜希子(自殺願望の患者):黒瀬真奈美

サラリーマン風の男:中村有志

野村勝(弁護士):伊藤正之

庄司(田口の患者):市野世龍

病院事務スタッフ:根本美緒

三船の妻:古川りか

三船の娘:朝田帆香

事故現場のレポーター:堀井美香(TBSアナウンサー)

事故現場のレポーター:吉井歌奈子

村上教授:加藤雄二

女性患者:大島久枝

五十嵐教授:天田将行

垣谷雄次:佐野史郎

酒井利樹:玉山鉄二

藤原真琴:野際陽子

黒崎誠一郎:平泉成

高階権太:國村隼

「ジェネラル・ルージュの凱旋」配信状況

配信状況を調べてみました!

配信状況無料期間
Hulu
2週間
FOD PREMIUM
×2週間
U-NEXT
31日間
ABEMA
×2週間
TSUTAYA DISCAS
30日間
Paravi
×2週間
Amazonプライム
30日間

※本ページは2022年7月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトでご確認ください!

Huluとは?

Huluは、月額1,026円(税込)で、主に日本テレビ系列のドラマやバラエティなどが視聴できる動画配信サービスです!

★日テレ系の最新ドラマ、バラエティ作品などが盛りだくさん!
★Huluオリジナル作品あり!
初回登録2週間無料

詳しい登録方法はこちらから

⇩ ⇩ ⇩

⇩Huluで好評配信中⇩

【20201年春ドラマ】
ネメシス
カラフラブル
恋はDeepに
コントが始まる
探偵☆星鴨
声春っ!
ラブファントム
【ドラマ】
君と世界が終わる日に
ウチの娘は、彼氏が出来ない!!
35歳の少女
今日から俺は!!
家政婦のミタ
3年A組‐今から皆さんは、人質です‐
東京タラレバ娘
学校のカイダン
#リモラブ
知らなくていいコト
【バラエティ】
ガキ使
今夜くらべてみました
うちのガヤがすみません!
しゃべくり007

【アニメ】
鬼滅の刃
呪術回戦

「ジェネラル・ルージュの凱旋」原作

この作品の原作について紹介していきます。

この作品は、海堂尊の長編小説「ジェネラルルージュの凱旋」が原作となっており、小説は、2007年に宝島社から刊行されました。

田口・白鳥シリーズの第3弾で、救命救急センターの部長の速水晃一の活躍と彼に掛けられた収賄疑惑に纏わる謎が題材となっているようです。

後悔された映画では、速水の収賄疑惑だけではなく、殺人の要素などもくわえられており、また原作よりも白鳥の出番が増えているなど、原作とは若干異なるストーリーに仕上げられています!

感想

タイトルが面白いので観てみようという気分になりましたが、なるほど!そういう意味だったのかと、タイトルの意味に合点がいきました。委員長を嫌々やっている田口と、自分に自信満々で嫌味ったらしい白鳥の性格が、正反対ですが事件となると息ピッタリで名コンビだと改めて感じました。田口が会議で話を聞いてなくてラクガキしているシーンは、暇な授業を受けている高校生のようで、本当は医者だということをまったく感じさせず、仕事できなさそうな感じがまた親しみやすかったです。また、”ジェネラル”の異名を持つ速水先生が、お高くとまっているような感じはしても、発言や行動が「患者の命最優先」であることや、病院の将来のことに対して真摯にひたむきに頑張っている姿がとても魅力的でかっこよかったです。また、そんな彼を陰で支える看護師長も、冷たい人なのかと思いきや、厳しいまなざしの裏には一人一人の行動や性格をよく理解していて、人間的に素晴らしい人だなと感心しました。彼女が速水先生の身体を心配して取った行動がまた素敵で、最初こそ感情のないロボットのように見えたものの、そのときばかりは彼女から温かい情熱しか感じられませんでした。救急医療の実態や病院ならではの事件がよくわかるサスペンス作品です。

ジェネラル・ルージュとの異名を持つ速水がかっこよかったです。もともと、ERなどの救命治療ものは好きなので、とてもおもしろかったです。癒着の件でわちゃわちゃしていても、大事故が起きたら、いったんそのことは置いといて、命を救うのにみんなで力を合わせるのがいいなと思います。でも佐藤先生が速水を嫌う気持ちもわかりました。患者のこと一番もいいかもですが、そりゃあ医師も足りないのにどんどん患者を受け入れられたら困りますよね。あとは速水さんと看護師さんとの淡い恋も描かれていて、それもよかったです。もしかして、その恋心を利用してみたいなよくないことかなと思っていたけど、速水さんも看護師さんを信頼しているようだったので、よかったなあとほっとしました。速水役は、堺雅人さんで、彼って世にも奇妙なでも犯罪者役をしていたし、結構サイコパス的な怖い役とよくしますが、私からするとあんまり怖くないし気弱な感じのイメージがあるのでちょっと意外でした。前回に続き、田口、白鳥は竹内さん、阿部さんが演じていて、前と同じでよかったです。田口さんのまとめるのは苦手なのに、長になってしまってどうしようのところとか、凄く共感しました。白鳥さんはずっと怪我ばっかでそんな役回りだったなって感じです。

『ジェネラル・ルージュの凱旋」は海堂尊の「田口・白鳥シリーズ」から映画化されたものである。前の作品である「チーム・バチスタの栄光」と同様に、東城大学医学部付属病院を舞台として、サスペンス要素を組み込みながらも、医局内で働いている人々の人間模様を描いた作品である。出演者は豪華の一言で、主役の田口公子役(竹内結子)や白鳥圭輔役(阿部寛)をはじめ、多彩なメンバーが出演している。中でも今回「ジェネラル・ルージュ」として出演する堺雅人の演技は必見中の必見である。この映画の最大の謎である「ジェネラル・ルージュ」とはいったいどういう意味なのか? この謎を視聴者に意識させながら、病院内での人間模様をリアルな描写を見せながら映画は進んでいく。ジェネラル(将軍)の意味とは? ルージュ(口紅)の意味とは? この謎が解けたときの爽快感はこの映画ならではかもしれない。また伏線の回収も秀逸であり、「チュッパチャップス」の下りとその伏線の回収には、全員がうならされること請け合いである。このサスペンス要素とともに、阿部寛と竹内裕子が織りなすコメディ要素もこの映画シリーズの魅力であろう。個人的には、花房看護師役の羽田さんの存在がこの映画の魅力を深めていると確信しているが。

阿部寛さんと竹内結子さんのコンビがとてもバランスが良く印象深い作品でした。のんびりでおっとりな竹内さんの演技はとても可愛らしくて引き込まれました。シリアスな内容とのバランスが絶妙です。この素敵なコンビと共にかなりのインパクトだったのが堺雅人さん!豪華キャストに引けを取らない演技力には流石の一言でした。主演と言ってもいいほどのインパクトを残してくれました。半沢直樹の時とはまた一味違った、かっこいい堺さんを楽しむことができると思います!そして、タイトルの意味がわかったときには驚きました!前作『チーム・バチスタの栄光』からさらに面白く、パワーアップした印象で楽しむことができました。医療系の作品の中にミステリー、笑いが組み込まれているのにテンポよく見事にまとまった内容で最後まで楽しめた作品でした。原作の小説や、ドラマを見たことがない方でも見やすい作品だと思います!見た後にはぜひ原作やドラマと比較して楽しんでもらえるとさらに面白いと思いますよ。今作では竹内結子さんが演じた田口は女性ですが、原作では男性だったりと、原作やドラマを見ていた方にも新鮮で違った感覚でこの映画も楽しんでもらえるのではないでしょうか。

映画「チームバチスタの栄光」シリーズ第2作。
堺雅人さん目的で拝見いたしました。
主演の阿部寛さんと、先日惜しまれつつも亡くなられた竹内結子さん。
本作のキーパーソンとも言える速水晃一役を演じた堺雅人さんを筆頭に、
渋いながらも実力派のキャストが勢揃いしており、観ていて目が離せません。
図らずも、院内の倫理院長に任命されてしまった田口(竹内結子)のもとに、救命救急センターの部長・速水晃一(堺雅人)の収賄疑惑を告発する文章が届く。
一方、切れ者の役人である白鳥(阿部寛)も、密命を帯びてけが人として病院に運ばれ、不本意ながら再びコンビで謎に挑むこととなる・・・というストーリー。
ミステリーとして、評価される本作ですが、それ以上に魅力的なのは恐らくシリーズ化される程の人気を博した理由とも言える主演ふたりの安定感のあるコミカルで小気味良いやりとり。
そして今ではすっかり時の人となってしまった感もある堺雅人の演技でしょうか。
病院の裏側をめぐるストーリーの中、いかにも裏のありそうなクールな演技と、ハイライトとなる病院での熱いものを秘めた演技の使い分けなんか今改めて観ても素晴らしい。
竹内結子さんと、堺雅人さんは、中村義洋監督の次作「ゴールデンスランバー」でも共演されますが、そちらと併せて是非観て頂きたい一作です。

救命医療センターを舞台に展開されるため、切羽詰まった状況の中で医師達は選択を迫られるというメッセージが非常に分かりやすかったです。そしてそこにいる疑惑の医者と対峙しなければならなくなった主人公の不運もちょっと笑えて面白いです。何より心療内科という血をみる機会が少ない主人公と時に命の選別をしなければならないという救急治療の現場で働く人の価値観の違いなどが見て取れるのが良かったです。この辺りについて主人公が悩む場面があるのも感情移入がしやすいです。個人的には団結力が高そうな救急センターの面々が、絶対的に結びついているわけではないというのが分かりやすく表現されているのもリアリティがあって楽しめます。個人的にはその辺りのシビアな問題すらお構いなしに土足で踏みにじる厚労省男のキャラが今回もイキイキしていたのがうれしいです。振り回される主人公以上に疑惑の医師も翻弄されるのが愉快で楽しいです。厚労省男に関してはオチすら回収していくのも見どころの一つです。そして医療の話だけではなく医者と看護師の絆についても描かれているのはドキドキさせられます。この辺りでタイトルになっているルージュの存在がかなり重要な道具となっているのも素晴らしいです。

まとめ

『ジェネラル・ルージュの凱旋』は、Huluで配信中です!
初めて登録する方は、2週間の無料トライアルがあります!
無料期間のみ楽しみたい方も期間内に解約してもらうだけでOKです!
ぜひ無料期間を利用して視聴しちゃいましょう!!

「ジェネラル・ルージュの凱旋」は
\Huluで配信中!/

※本ページは2022年7月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトでご確認ください!

タイトルとURLをコピーしました