CUBE (キューブ)一度入ったら、最後(映画)公式無料動画配信や見逃し・レンタルをフル視聴する方法・感想まとめ【菅田将暉主演】

『CUBE 一度入ったら、最後』を無料でフル視聴できるおすすめの動画配信サービスをご紹介します!

見逃してしまった方もう1度見たい方に必見です!

「CUBE 一度入ったら、最後」は
U-NEXTで配信中!/

※初回登録31日間無料
※無料期間内の解約OK!

「CUBE 一度入ったら、最後」とは?

2021年10月22日に公開された映画「CUBE 一度入ったら、最後」。
この映画は1997年のカナダ映画「CUBE」のリメイク作品となっています。
ホラーサスペンスサイコスリラー映画で菅田将暉が主演を務めました。
立方体になっている部屋が繋がった空間に閉じ込められた男女6人が、決死の脱出に挑むというストーリー展開となっており、カナダ映画のオリジナル版と異なり、結末は日本版独自のものになっています。

映画『CUBE 一度入ったら、最後』予告編

目が覚めるとそこは謎の立方体=CUBEの中だった———。
突然閉じ込められた男女6人。
エンジニアの後藤裕一(菅田将暉)、団体職員の甲斐麻子(杏)、
フリーターの越智真司(岡田将生)、中学生の宇野千陽(田代輝)、
整備士の井手寛(斎藤工)、会社役員の安東和正(吉田鋼太郎)。
年齢も性別も職業も、彼らには何の接点もつながりもない。
理由もわからないまま、脱出を試みる彼らを、熱感知式レーザー、ワイヤースライサーや火炎噴射など、
殺人的なトラップが次々と襲う。仕掛けられた暗号を解明しなくては、そこから抜け出すことは絶対にできない。
体力と精神力の限界、極度の緊張と不安、そして徐々に表れていく人間の本性…
恐怖と不信感の中、終わりが見えない道のりを、それでも「生きる」ためにひたすら進んでいく。
果たして彼らは無事に脱出することができるのか?!

後藤裕一 – 菅田将暉
甲斐麻子 – 杏
越智真司 – 岡田将生
最初の男 – 柄本時生
宇野千陽 – 田代輝
後藤博人 – 山時聡真
井手寛 – 斎藤工
安東和正 – 吉田鋼太郎

「CUBE 一度入ったら、最後」配信状況

配信状況を調べてみました!

配信状況無料期間
U-NEXT
⭕️
レンタル
31日間
FOD PREMIUM
×2週間
Hulu
×2週間
ABEMA
×2週間
TSUTAYA DISCAS
×30日間
Paravi
×2週間
Amazonプライム
30日間

※本ページは2022年5月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトでご確認ください!

U-NEXTとは?

U-NEXTは月額2,189円(税込)で、最新映画から海外ドラマ、韓流ドラマ、アニメ、国内ドラマ、NHK作品も視聴できる動画配信サービスです!

★見放題作品数国内NO.1!
★雑誌70誌以上が読み放題
★毎月1,200円分のポイント付与
※ポイントはレンタル作品や電子書籍に利用可能
初回登録31日間無料&600円分のポイントプレゼント

詳しい登録方法はこちらから

⇩ ⇩ ⇩

感想

恐怖と不信感に包まれるなか、終わるの見えない道のりであるにも関わらず生きるためにもがき一生懸命になる登場人物たちの姿にハラハラドキドキしながら、また勇気をももらいながら見ていました。改めて主演を務めた菅田将暉の貫禄、そして誰にも負けないくらいの自然で違和感を覚えない完璧な演技力には脱帽でした。また、個人的には吉田鋼太郎もかなり良くて、ベテラン俳優としての実力を改めて感じることができました。原作を読んだことがある人でも、ない人でも、しっかりと最後まで楽しめる内容になっていたと思うので、おすすめです。一つ気になったのが、共通点のないこのメンバーがなぜ選ばれ、そして目覚めたときは一人の場合とそうでない複数人の場合もあったので、そこを明らかにして欲しかったです。

1997年に大ヒットを記録したカナダ映画『CUBE』を日本でリメイクした本作ですが、ヴィンチェンゾ・ナタリ監督が一部協力していることもあり、昨今の日本の映画には無い映像のスケールに圧倒されます。元の映画のファンも納得のスリリングな映像演出は撮影監督を務めたベテランの栗田豊通による手腕が大きいと思います。また、1997年版に無かった人間ドラマやキャラクターの内面が描かれている点が大きな特徴です。冷静な人間もいれば、プライドが高く協力をしない人間、権力者を嫌う人間、リーダーシップを取る人間など様々なキャラクターが登場し、感情をぶつけあうシーンはリメイク版ならではの魅力で菅田将暉、斎藤工といった現在の日本映画界を引っ張る役者陣の熱演もあり、作品に思わず入り込んでしまう心理描写が素晴らしかったです。

謎の立方体に閉じ込められ、行動を間違えれば即死亡という恐ろしさと緊張感がこの作品の最大の魅力だと思います。そこに初対面同士の人たちが疑心暗鬼になったりと、心理的な負担もかかることによってさらに緊張感が増していました。さらにこの作品は余計な説明を入れずに、テンポ良く物語が進んでいきます。だからこそ最後まで飽きずに見ることが出来ますし、その中でもどんでん返しを入れたり伏線をはったりして、見ている人を楽しませる工夫が随所に感じられました。この人物は生き残るだろうという人も結構あっさり死んだりするので、最後まで誰が生き残るか分からないドキドキ感も良かったです。リメイク前のオリジナル版も見た立場としては、良い感じにオリジナル版の要素を取り入れつつ新しい面白さが加わっていました。

年齢も職業もバラバラな男女6人が得体の知れない”CUBE”で出会うシーンから始まり、冒頭からすぐに引き込まれました。登場するそれぞれ6人の過去や生き方に自分を重ね合わせて、悲しみ・怒り・後悔・決意、色んな感情を引き出してくれる映画でした。見ず知らずの男女6人が出口を目指して力を合わせていく中で見えてくる人間の愚かさや弱さが、良い意味で期待を裏切り終始ハラハラドキドキさせてくれます。セットのCUBEの迫力と、カメレオン俳優菅田将暉の演技力ももちろん見所ですがその中でもラストのシーンは想定外で、それを踏まえてもう一度最初から観たくなります。コロナ渦で外出自粛の日々に刺激が欲しい方へオススメの映画です。

景色が全く変わらない箱の中という、閉鎖的な空間に閉じ込められた人間が、どんどん方向感覚を失って精神的に不安になっていく過程がリアルで、見ていてゾッとしました。
極限状態になると、人は本性を現すと言いますが、井手のように空気を読まずに自分の思うままに進んだり、越智のように何でも人のせいにして現実逃避するところは、人間のエゴの象徴のような気がしました。
とは言え、こういう反応をしてしまうのは当たり前だし、逆にずっと冷静でいられる後藤の方が異常じゃないかと思ってしまうほど、いつの間にか自分もこの不思議な世界観に入り込んでしまいました。
特にホラー感があったのが、なぜこんな状況になったのか一切語られないところでした。それが、残酷な描写は少ないのに、ずっと不安が拭えない理由なのかなと感じました。

原作は20年以上前の海外の映画ですが、当時とても面白かったのを覚えており、今回の日本版も予告から楽しみにしていました。
目が覚めると立方体の部屋(CUBE)に閉じ込められていた6人の男女。CUBEからの脱出を試みる所から話が始まりますが、全編通してCUBEの中のシーンが
多いので、観る人によっては少し飽きてしまう内容かもしれませんがその分、作品の話に集中出来るので、あっという間に観終わってしまう作品でした。
個人的にはもう少し、登場人物を掘り下げて話の展開を膨らませてほしかったのが、消化不良な感じがします。
作中、ある程度の「謎」は解き明かされていきますが、「謎」のまま話が終わってしまう部分もあるので、すっきりしない感じがなんとも言えませんが
演技派の俳優さんが多いので作品に引き込まれてしまいます。

子供の頃にカナダ映画のオリジナル版を見たことがあって、日本でリメイクされるということを知った時はすごく嬉しかった。
そしてリメイク版もすごく楽しみながら見ることができたし、またオリジナル版も観たいと思った。

この作品はカナダで、20年以上前に公開された作品のリメイク版となっていて、原作は謎の立方体に閉じ込められてしまった人間たちの脱出劇が描かれた90年代大ヒット作品。
オリジナル版が公開されて20年以上経過しているということもあり、オリジナル版の記憶が薄れていたことでリメイク版を楽しく見ることができたと思う。

この作品はたくさんの人がオリジナル版と比べているので、あまり評価が良くないような気がするけれど、比較をせず全く別物の新しい作品として見てみると、そんなに評価を低くする必要もないと思うし、一つの作品としてすごく楽しみながら見ることができた。
ストーリー展開も無間地獄のような空間で、頭を使って解き明かそうとしたり極限状態の人間模様も見ていて凄く面白かった。
有機的な人間と無機的な空間のコントラストも楽しむことができた。

まとめ

『CUBE 一度入ったら、最後』はU-NEXTで配信中です!
初めて登録する方は、31日間無料&600円分のポイントプレゼント!
無料期間のみ楽しみたい方は、31日間以内に解約してもらうだけでOKです!
ぜひ無料期間を利用して視聴しちゃいましょう!!

「CUBE 一度入ったら、最後」は
U-NEXTで配信中!/

※本ページは2022年5月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトでご確認ください!

タイトルとURLをコピーしました