幽かな彼女(ドラマ)公式見逃し動画配信や再放送を無料で1話~全話フル視聴する方法

「幽かな彼女」を無料でフル視聴できる動画配信サービスをご紹介します!

見逃してしまった方もう1度見たい方に必見です!

「幽かな彼女」は
\TSUTAYA DISCASで宅配レンタル中!/

※初回登録30日間無料
※無料期間内の解約OK!

「幽かな彼女」とは?

2013年4月9日から6月18日まで放送されていたドラマ「幽かな彼女」。
このドラマは超霊感体質の中学校教師と、アパートの一室で暮らしているかまってちゃんの女自縛霊の二人が、中学校に潜むリアルな問題の数々を、人間と幽霊のコンビで解決していくというハートフルラブコメディとなっています。
この作品では、 幽霊が大嫌いで超霊感体質の中学校教師を香取慎吾、中学校教師が引っ越してきたマンションの部屋に住み着いているモデルのような女性自縛霊を、杏が演じています。

僕は、幽霊が嫌いです…「怖い」んじゃなくて「嫌い」なんです。
ジメジメしていて、陰気で、自己中で、楽しい思い出の写真に勝手に映り込んだり、家賃を払ってもいないくせに人の家に居座ったり…
世間の人は「幽霊は怖い」とよく言いますが、変に怖がって、あいつらを調子に乗らせちゃいけません。無視するか、塩を振るかしてやればいいんです。
でもある日、僕はおかしな幽霊に出会いました。
ドジで、要領が悪くて、妙に放っておけない雰囲気の女幽霊。
微かに……いえ、幽(かす)かに彼女が気になってきました!
主人公は超霊感体質の中学校教師!相棒は“構ってちゃん”な女地縛霊!!
そんな二人が立ち向かうのは、今の中学に潜むリアルな問題の数々…
人間と幽霊の垣根を越えたコンビが繰り広げるハートフル・ラブコメディ!!

始業式の朝、小原南中学校の3年2組の教室は、新しく赴任してくる担任教師の話題で持ちきりになっていた。その教師が、隣のクラスの副担任・林邦彦(北山宏光)も住むマンションの、よりによって幽霊が出るとうわさのある部屋に越してくるというのだ。
だが、始業式が始まってもその教師は現れず、3年2組の副担任・河合千穂(前田敦子)らはソワソワ。式の最中、新任の副校長・霧澤和泉(真矢みき)が校則違反の生徒を厳しく注意したことから、教師や生徒たちに緊張感が走る。そんな中、ひょっこり現れたのが、初日から遅刻してきた新任教師・神山暁(香取慎吾)だった。
放課後、暁は林とともに新居の“幽霊部屋”へ。林から幽霊にまつわるうわさを聞く。幽霊は部屋の元住人で、かつて小原南中に勤めていた教師。生徒とうまくいかず心を病み、学校で亡くなったという。そんな不気味な話にも、まったく動じない暁に林は驚く。
その夜、暁の前にさっそく女の幽霊(杏)が現れた。幽霊は猛然と襲いかかるが、暁は少しも慌てず、「邪魔すんな」と清めの塩と数珠で応戦。あっけなく幽霊を撃退してしまう。じつは暁は、幽霊が見え、話もできる“霊感体質”。おかげで人恋しい幽霊たちにつきまとわれ、うんざりしていたのだった。だが、自分の姿が暁に見えると知った幽霊は大喜び。この部屋に住みつく地縛霊のアカネと名乗り、構ってもらおうと堂々と姿を現すようになってしまう。
一方、小原南中では、始業式で和泉に注意された生徒の母親が「全校生徒の前で恥をかかされた」と学校に乗り込む騒ぎが。和泉は毅然とした態度で突っぱねるが、母親が教育委員会に訴えると言い出す。暁のクラスでも、生徒の相田拓途(神宮寺勇太)が学校をサボり、高校生とゲームセンターにいる姿が目撃される。暁は千穂から、拓途が忙しい両親に代わって面倒をみてくれた祖父を亡くして以来、学校を休みがちになったと聞くが、生徒の問題に深く関わる気はないと冷めた態度を見せる。
暁が帰宅すると、アカネが友だちの浮遊霊・吉岡(佐藤二朗)、その恋人のメグミ(上間美緒)を勝手に連れ込んでいた。3人の話から、生前のアカネが教師だったことを知る暁。自分の死因も名字も思い出せないが、教師としての情熱だけは残っていたアカネは、生徒に興味がないという暁の気持ちが理解できない。そんなとき、暁に拓途の緊急事態を知らせる電話が入り…。

暁(香取慎吾)のクラスの岡本香奈(未来穂香)と京塚りさ(山本舞香)が、体育教師の岩名清二(高嶋政宏)に呼び出された。香奈がロッカーに隠していた校則違反の私物が岩名に見つかり、そのほとんどがりさから預かったものだとわかったのだ。
りさは岩名に私物を没収されるが、取り返してみせると言い放つ。政治家を父親に、PTA会長を母親に持つりさは、校長の日野衛(春海四方)も逆らえないのをいいことにやりたい放題のトラブルメーカー。そんなりさを怒らせてしまっては、大変なことになるに違いないと千穂(前田敦子)は頭を抱える。
その夜、暁の部屋に数学教師の大原操緒(濱田マリ)が強引に押しかけ、林(北山宏光)や千穂も招いて暁の歓迎会が開かれることに。そんな中、操緒が教師たちの心配の種になっている話を持ち出す。和泉(真矢みき)が突然、小原南中の全校生徒に教師への評価を書かせるアンケートを実施すると言い出したのだ。生徒の評価など気にしないと強がりながらも、教師たちは何を書かれるのかと戦々恐々。そんな一同を、密かにうたげに加わっていたアカネ(杏)はあきれ顔で眺めていた。
翌日、評価を上げようと、あからさまに生徒のご機嫌を取る操緒や林ら教師たち。だが、岩名だけは「教師なんて、嫌われてなんぼ」と厳しい態度を変えようとしない。そんな折、学校にトラブルをもたらす、ある人物が乗り込んできて…。

部屋に押しかけてきた小夜(森迫永依)がアカネ(杏)の存在に気づいていたことを知り、驚く暁(香取慎吾)。寺の住職を父に持つ小夜も、じつは“霊感体質”で、暁に同じ能力があることを見抜いていた。小夜は、アカネが20年以上前に亡くなって以来、部屋に縛り付けられた“地縛霊”ゆえに一歩も外に出られないと聞き、かわいそうだと同情。アカネを自由にするため、力になりたいと申し出る。
翌日、学校では、生徒を対象に行われた教師の評価アンケートをもとに、和泉(真矢みき)が教師たちを面談することになり、林(北山宏光)や千穂(前田敦子)らは騒然。一方、抜き打ちの持ち物検査で生徒たちの反感を買ってしまった暁は、授業中も反抗的な態度を取られ、クラスの雰囲気は最悪に。千穂から「これ以上、問題になるようなことはしないで」とくぎを刺される。
同じ頃、暁はクラスの生徒・柚木明日香(広瀬すず)が泣いている姿を見かける。モデルを目指す明日香は、これまでに何度もオーディションを受けてきたが不合格ばかり。クラスの女子生徒たちから「身の程知らず」と陰で笑われていることを知り、深く傷ついていたのだ。暁は声をかけようとするが、「どうして先生になったの?」と逆に明日香に詰め寄られ、「すごくつまんなそうだし、楽しくもなさそう。見ててイライラする」と厳しい言葉を投げかけられてしまう。
放課後、明日香はクラスメイトの手嶋健太郎(岩橋玄樹)に呼び止められる。健太郎は落ち込む明日香を心配し、モデルになる夢を応援していると励ますが、バカにしているのかと怒らせてしまう。そんな折、明日香に芸能プロダクションのスカウトマンを名乗る冬木健(渡邉紘平)という男が近づき…。
一方、小夜はアカネを部屋から出す方法を父親から聞き出し、再び暁の家へ。小夜のアドバイスのおかげで、アカネは晴れて外に出られるようになった。さっそく小夜とともに繁華街に出かけたアカネは、久しぶりに見る街の景色に大ハシャギ。そんなとき、冬木と並んで歩く明日香を見かけ、冬木の背中に目がくぎ付けになるアカネ。そこには、得体の知れないあやしい影がまとわりついていた…。

生きていた頃の記憶をよみがえらせたいというアカネ(杏)に頼まれ、小原南中に連れて来た暁(香取慎吾)。だが、アカネは何も思い出せず、自分がこの学校の教師だったのかすらはっきりしない。そんな中、アカネは偶然すれ違った和泉(真矢みき)に何かを感じる。
同じ頃、林(北山宏光)が顧問を務めるダンス部に問題が持ち上がっていた。部員たちが、新歓オリエンテーションで披露するダンスのメンバーから、踊りが一向に上達しない藤田ともみ(上白石萌歌)を外すと言い出したのだ。林は反対するが取り合ってもらえず、おとなしいともみも何も言い返すことができない。
千穂(前田敦子)は大学時代の友人たちと再会。教師にやる気をなくしていた千穂は、それぞれに仕事も順調で、充実した日々を過ごす友人に焦りといら立ちを覚える。
翌朝、ダンスの朝練に励む林。ダンス初心者の林は動きもぎこちなく、部員たちからすっかり舐められていたが、顧問として頑張る姿を見せたいと熱心に練習を積んでいたのだ。だがこの後、思わぬ決定が和泉から発表される。部活の顧問を試験的に民間のコーチに委託し、教師の業務から外すというのだ。教師たちは負担が軽くなると喜ぶが、林はショックを受けていた。
ところが放課後、林のもとにともみがやって来た。新歓オリエンテーションに参加するための自主練習に付き合って欲しいというのだ。その日から、林とともみは2人でダンスの特訓に励み…。
その頃、暁は進路指導に追われていた。だが、どの生徒も塾の講師に言われたままの志望校を口にするばかりで、暁の指導など必要ない様子。うんざりしながら帰宅した暁は、マンションの前で和泉に出くわす。「昔、ここに知り合いがいて」とふと漏らした和泉の言葉が気にかかる暁。
一方、林と練習を続けていたともみのダンスは徐々に上達。だが、まだ自信がないと尻込みするともみは、ダンスを始めたきっかけを林に打ち明ける。勉強も運動も苦手なともみは、昔から自分に自信が持てなかった。そんなとき、学年トップの成績で誰からも一目置かれる葉山風(柴田杏花)に話しかけられ、自慢の友達ができたと喜んでいた。ところが、風から「つまらない人間」と疎まれてショックを受け、「自分を変えたい」とダンス部に飛び込んだのだった。
感極まって泣き出すともみを「頑張れば、人は変われる」と励ます林。その姿を見かけた千穂は、林に冷ややかな視線を送り…。

体育教師の岩名(高嶋政宏)が、暁(香取慎吾)のクラスの藤江俊介(萩原利久)から体罰を訴えられた。俊介は岩名に殴られたと訴えるが、岩名はこれを否定。だが、事情を聞こうとする和泉(真矢みき)に岩名は何も話そうとしない。校内が騒然とする中、風(柴田杏花)が逃げるように校舎を飛び出して行く。
まもなく、俊介の両親が学校に現れた。和泉は、岩名が体罰を行っていないと話していることを説明し、俊介に事実を確認して欲しいと求めるが、息子を疑うのかと両親は激怒。新聞記者である父親の藤江啓介(小木茂光)は、それが正式な学校側の見解なのかと和泉に詰め寄る。
翌朝、クラスメイトに囲まれ、騒ぎについて質問攻めにあう俊介。そんな中、ともみ(上白石萌歌)は俊介を避けるような風の様子が気になる。一方、職員室では、教師たちが相次ぐ抗議の電話の対応に追われていた。生徒たちが外で話を漏らし、体罰のうわさが広まってしまったらしい。
そんな折、啓介から抗議を受けた教育委員会の轟木庸一郎(加藤虎ノ介)が学校に乗り込んできた。轟木はマスコミが騒ぐ前に事態を沈静化させるべきだと主張。岩名の謹慎を求めるが、和泉は事実が明らかにならないうちは処分を下せないと突っぱねる。だが譲らない轟木は、事態が落ち着くまで岩名に授業をさせず、生徒と一切接触させないよう命じる。
俊介のケアを命じられた暁と千穂(前田敦子)は面談を行うが、俊介の話は曖昧で要領を得ない。
まもなく、学校でPTAを集めた説明会が開かれた。啓介は体罰があったと認めない和泉らを糾弾。学校を徹底的に追及すると決意を訴え、保護者たちの満場の拍手を浴びる。このままでは厳しい処分を避けられないにもかかわらず、未だ口をつぐんだままの岩名。誰かをかばっていると直感した暁は真実を話すべきだと促すが、岩名は何も語らない。
一方、腹の刺し傷を小夜(森迫永依)に見せるアカネ(杏)。小夜はこれが死に至った原因ではないかと言い、暁に相談するよう勧めるが、なぜかアカネはちゅうちょして…。その夜、いつもと様子の違うアカネに戸惑う暁。そんなとき、ともみから風のことで相談があると電話が入り…。

暁(香取慎吾)の調査で27年前、小原南中に「滝沢茜」という職員がいたことが判明したが、それ以上のことはわからず、生前のアカネ(杏)を知る手がかりはなかなか得られない。そんな折、生徒の石田航(松井健太)の母親・菜穂子(比佐廉)が学校に怒鳴り込んできた。航がクラスメイトの野本香織(荒川ちか)に誘惑され、航の部屋でキスを迫られていたというのだ。
暁と千穂(前田敦子)に香織の両親を呼び出せと迫る航の母・菜穂子。香織は、仕事人間の父親は深夜にならないと連絡が取れず、母親は職場の上司との不倫にかまけているとぶちまけ、暁と千穂をあ然とさせる。
翌日、航と香織が付き合っていることがクラス中に知られてしまう。優等生の香織に彼氏がいたことに驚く生徒たちは、航と香織を質問攻めに。その話に加われないりさ(山本舞香)は、盛り上がるクラスメイトを苦々しく眺めていた。
一方、香織の両親のことが気になっていた暁は、家庭訪問をしたいと香織に持ちかける。だが、香織は必要ないとはねつけ、自分の高校入学を機に両親が離婚することになっていると打ち明ける。
そんなとき、暁は風(柴田杏花)から、香織の様子がおかしいと告げられる。他人に無関心だった風が友だちの心配をするようになったことを喜ぶ暁。その直後、ひとりになった風にりさが近づいてきた。風の変化がおもしろくないりさは「ムカツク」と風を脅し…。
その夜、暁は香織の母・歩美(森下まひろ)を訪ね、離婚のことで香織が悩んでいると告げるが、香織の母・歩美は「私にだって幸せになる権利はある」と聞く耳を持たない。不機嫌な様子で帰宅した暁は、アカネがひそかに小夜(森迫永依)と連絡を取り、過去を探る手伝いをしてもらっていることを責めると、「生徒を巻き込むな」とアカネを一喝。自分の過去を1日も早く知りたいと、焦るアカネとケンカになり…。
翌朝、アカネは小夜に連れられて学校へ。同じ頃、航と学校に向かっていた香織は、香織をどちらが引き取るかでもめる両親に、やり切れない思いを抱えていた。と突然、「今日…サボる」と学校とは反対の方向に駆け出した香織は小夜と派手にぶつかるが、追いかけてきた航とそのまま走り去り、バスに乗り込んでしまう。
まもなく、アカネの体は小夜のそばから消え、なぜか香織と航が乗ったバスの中へ。香織が小夜とぶつかった拍子に、アカネとこの世を繋ぐ“より代”の入った小夜のカバンを間違えて持って来てしまったのだ!

暁(香取慎吾)のクラスで、問題児の根津亮介(森本慎太郎)が手嶋健太郎(岩橋玄樹)に突然殴りかかる騒ぎが起こった。暁や岩名(高嶋政宏)は殴った理由を問い詰めるが、亮介は「気に食わねぇからやっただけ」と何も話そうとしない。一方、殴られた健太郎もいきさつを語らず、結局、亮介は3日間の自宅謹慎を命じられてしまう。
そんな折、暁は拓途(神宮寺勇太)から、亮介と健太郎がかつては親友同士だったと聞かされる。2人は小学校の頃から同じ地元のサッカークラブに通い、ともにエース候補だった。ところが、中学に入って亮介の父親が会社でリストラにあい、経済的に追い詰められたことから、亮介はサッカークラブを辞めることに。その頃から亮介は荒れ始め、仲のよかった健太郎とも距離を置くようになっていた。そんなとき、操緒(濱田マリ)が保護者に宛てたプリントが配られ、好きだったサッカーを辞める原因を作った父親への怒りが健太郎に向いたのではないかというのだ。
そんな暁と拓途の話に、首を突っ込もうとするアカネ(杏)。アカネは吉岡(佐藤二朗)の協力で学校に来ていた。突然、頭をよぎった生前の記憶…暗い教室にたたずむ、ナイフを持った少年の光景が、小原南中で見たものなのかを確かめたいと、居ても立ってもいられなかったのだ。
その後、暁とアカネがマンションに戻ると、暁に1枚のハガキが届いていた。差出人は「広田かすみ」。生徒たちに囲まれた笑顔の女子大生の写真に「私は今、教師になるため教育実習中です」というメッセージが添えられ、どうやら暁の昔の教え子らしいのだが、暁はハガキを見ようともしない。
暁とかすみの間に何かがあり、そのせいで暁は生徒と向き合えなくなっていたのではないかと考えたアカネは、すべてを話すよう促すが、「もう吹っ切ったんだ」とかたくなに口を閉ざす暁。だが、「吹っ切ることと目をそらすことは違う」とアカネに説得され、今も暁に苦い後悔を残す7年前の“事件”を打ち明けて…。
一方、転職に動き出していた千穂(前田敦子)は、友人から紹介された出版社の面接を受けるが、社会人としての考えの甘さを指摘され、結局は不採用に。落ち込んだ千穂は部屋に閉じこもり、学校を無断欠勤してしまう。職員室が騒然とする中、またも保護者からクレームの電話が入り…。

20数年前、暁(香取慎吾)の部屋にひとりで住んでいた小原南中の生徒は、渡辺という政治家の息子だったとわかった。暁はそれがアカネ(杏)の教え子で、和泉(真矢みき)はその同級生だったのではないかと考えるが、アカネがこの部屋の地縛霊になった理由は謎のまま。暁はそのわけを探ろうとするが、アカネはなぜか過去を思い出すのを先延ばしにしようとする。
翌日、千穂(前田敦子)が退職願を出したことを知り、林(北山宏光)は大ショック。一方、暁は校長の日野(春海四方)から、やはり和泉が27年前、小原南中の生徒だったことを聞く。その頃、教育委員会の会議に出席していた和泉は轟木(加藤虎ノ介)に呼び止められる。暁と和泉が赴任してから小原南中にトラブルが続いていると苦言を呈した轟木は「あなたが個人的な動機で学校に関わっているように思えます」と27年前、学校で起こったある事件を和泉に突きつけて…。
同じ頃、3年2組の教室は異様な空気に包まれていた。りさ(山本舞香)と取り巻きの女子生徒たちが、目立たない存在の小夜(森迫永依)を文化祭のクラス委員に推薦したうえ、まるでほかの生徒との接触を阻むかのようにつきまとい始めたのだ。居心地の悪そうな小夜を心配しながらも、仲良くしているだけだと言うりさに、何も言えないクラスメートたち。
放課後、亮介(森本慎太郎)が暁のマンションにやって来た。幼なじみの小夜がイジメられているに違いないという亮介は、助けてやって欲しいと懇願。小夜が目をつけられたのは、暁のせいかもしれないと話す。それに思い当たる節があった暁とアカネは「どうにかしないと」と小夜の身を案じ…。
その頃、小夜はりさ達に囲まれ、暁との仲を追及されていた。アカネの過去を探る手伝いをするため、暁の部屋を訪ねていた小夜と暁の関係をりさが勘ぐり、マンションから出て来たところを撮った写真をネタに小夜を脅していたのだ。りさは、金を出さなければ写真を公表すると小夜を脅迫。文化祭の委員の立場を利用し、出し物の準備のために集めた金を盗んで来いと迫る。
夜、りさが自宅に戻ると、高校生の姉・里穂(松尾寧夏)と兄の遼一(勝信)が先に帰宅していた。帰りの遅いりさを叱りもしない母の麗子(宮地雅子)。成績の悪い妹に嫌みを言う里穂を避けるように自分の部屋に向かったりさは、乱暴にカバンを投げつけると「死ね」とつぶやいて…。

姿を消したアカネ(杏)を必死に探す暁(香取慎吾)。そんな折、りさ(山本舞香)が舞(飯豊まりえ)を刺し、ケガを負わせたと連絡が入る。暁は現場にいた小夜(森迫永依)らから事情を聞き出そうとするが、和泉(真矢みき)は生徒たちを帰してしまう。
同じ頃、千穂(前田敦子)は窪内(林泰文)が生徒の個人情報を集めていた理由を探ろうと理科準備室に忍び込んでいたのだが、窪内に見つかってしまう…。
翌朝、和泉からりさの件で報告を受けた教育委員会の轟木(加藤虎ノ介)が職員室に現れた。和泉は今回のことは「れっきとした傷害事件」だと言い、教育委員会に伏せておくわけにはいかないと話す。さらに、りさを小原南中学へ復学させようとする暁とも対立する。
当事者の生徒からの話も聞かず、事務的に事態を収束させようとするいつもとは違う和泉の態度に、暁は違和感を覚えて…。

りさ(山本舞香)の事件で準備が先延ばしになっていた暁(香取慎吾)のクラスの文化祭の出し物が合唱に決まった。生前、合唱部の顧問だったアカネ(杏)は、暁に指揮のやり方を教えようと大ハリキリでいた。
一方、りさの復学を願う香奈(未来穂香)は、自宅学習中のりさに合唱曲の相談をし、りさの心をほぐそうとする。だが、りさからけがを負わされた舞(飯豊まりえ)らりさに反感を抱く生徒たちは、それがおもしろくない。
そんな折、学校に現れた教育委員会の轟木(加藤虎ノ介)が暁の転任を勧告する。りさの件でつかみかかられた京塚(飯田基祐)が教育委員会に要請したという。和泉(真矢みき)はこの要求を突っぱね、さらに、暁にりさを小原南中学へ復学させるつもりはない、と言い放つ…。

「ずっとそばにいてほしい」と暁(香取慎吾)に告白され、有頂天のアカネ(杏)。だが、急に顔を曇らせると、幽霊のアカネが生きている暁と一緒に暮らしてはいけないと言い出し…。
そんな中、暁を仰天させる知らせが入る。3年2組の生徒全員が千穂(前田敦子)を人質に取り、教室に立てこもったというのだ。その頃、小原南中では、我が子を心配して押しかけた保護者たちへの対応に、和泉(真矢みき)ら教職員が追われていた。騒ぎを知った教育委員会の轟木(加藤虎ノ介)も現れ、校内は騒然となる。
教室の外から必死の説得を試みる岩名(高嶋政宏)。まもなく、中にいる亮介(森本慎太郎)が電話で岩名に要求を伝えてきた。「俺らの要求は一つだよ。神山を学校に戻して、担任を続けてもらいたい」。続けて電話に出たりさ(山本舞香)も、父親の京塚(飯田基祐)に暁の転任を白紙にするよう伝えてほしいと懇願。暁を慕う生徒たちの真剣な訴えに、岩名は言葉をなくし…。
まもなく、暁が学校に駆けつけ、「生徒たちと直接、話します」と教室に向かおうとするが、これを轟木が阻止。暁が復職のために生徒たちを扇動しているのではないかとあらぬ疑いをかけ、暁を追い払おうとする。

神山 暁 – 香取慎吾
アカネ – 杏
河合 千穂 – 前田敦子
林 邦彦 – 北山宏光
大原 操緒 – 濱田マリ
窪内 満 – 林泰文
岩名 清二 – 髙嶋政宏
石澤 寛美 – 阪田瑞穂
小山 りえ – 佐山彩香
日野 衛 – 春海四方
霧澤 和泉 – 真矢みき
根津 亮介 – 森本慎太郎
相田 拓途 – 神宮寺勇太
手嶋 健太郎 – 岩橋玄樹
森野 小夜 – 森迫永依
藤田 ともみ – 上白石萌歌
岡本 香奈 – 未来穂香
京塚 りさ – 山本舞香
石田 航 – 松井健太
野本 香織 – 荒川ちか
柚木 明日香 – 広瀬すず
葉山 風 – 柴田杏花
皆川 隆雄 – 岡山智樹
大宮 斗真 – 藤原薫
高橋 蓮 – 井上翔
中島 智也 – 市川理矩
藤江 俊介 – 萩原利久
小久保 健太 – 澤畠流星
下川 千夏 – 関紫優
矢沢 舞 – 飯豊まりえ
東川 奈々子 – 浅川梨奈
田嶋 萌 – 田辺桃子
向井 樹里 – 近藤玲奈
水沢 真由美 – 加藤里保菜
遠藤 秀人 – 岡田隆之介
重田 誠 – 田口司
西原 翼 – 佐奈宏紀
森岡 大樹 – 渡辺貫裕
佐藤 優香 – 森川真衣
倉田 円花 – 平祐奈
老谷 美香 – 中村ゆりか
吉岡さん – 佐藤二朗
メグミ – 上間美緒
進藤 – 趙珉和
進藤 一樹 – 橋本智哉
後藤田 法子 – ふせえり

「幽かな彼女」配信状況

配信状況を調べてみました!

配信状況無料期間
TSUTAYA DISCAS
30日間
FOD PREMIUM
×2週間
Hulu
×2週間
U-NEXT
×31日間
ABEMA
×2週間
Paravi
×2週間
Amazonプライム
×30日間

※本ページは2022年6月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトへ!

TSUTAYA DISCASとは?

TSUTAYA DISCASは、月額2,052円(税込)で、 TSUTAYAのDVD/CDが借り放題でご自宅まで配送するサービスです!
初めて登録する方は30日間無料!
無料期間内の解約が可能なので無料期間のみ楽しむこともできますよ!

★TSUTAYA DISCAS(宅配レンタル)を利用することができます!
★PC・スマホで予約→自宅に郵便でお届け→ポストに返却、最短で翌日にお届け!
★地上波放送されない作品、ジブリ作品やCDは、TSUTAYA DISCASで!
※お試し期間中の定額レンタル8プランは、DVDとCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外です。
初回登録30日間無料!
★無料お試し期間終了後、宅配レンタル(定額レンタル8プラン)は新作が8枚まで借りることが可能です。
9枚目以降は旧作のみのレンタルとなります。

↓ TSUTAYA DISCASで配信中の作品! ↓


【TSUTAYA TV】
・鬼滅の刃
・キングスマン
・死にたい夜にかぎって
・30歳まで童貞だと魔法使いに
なれるらしい
・トッケビ
・きみはペット
【TSUTAYA DISCAS】
・ジブリ作品全般
・アメトーーク
・プロポーズ大作戦
・やまとなでしこ
・未成年
・聖者の行進
・人間失格

感想

このドラマでは、生徒の扱いの難しさいや、スクールカーストもあるなど独特の展開でコミカルに描かれていて楽しかった。
また「大人」を勉強できる素敵な作品だったと思う。

時々解決方法が無理な解決なような気もしたけれど、毎回学校の問題なども取り上げられていて、すごく考えさせられるドラマだった。
生徒だって悩むけれど、先生だって悩むことだってあって、理不尽なことがたくさんあるけれどそれでも生きていかなければならないと思わされる作品だった。

まとめ

TSUTAYA DISCASに初めて登録する方は、30日間無料
無料期間のみ楽しみたい方は、無料期間内に解約してもらうだけでOKです!
ぜひ無料期間を利用して視聴しちゃいましょう!!

「幽かな彼女」は
\TSUTAYA DISCASで宅配レンタル中!/

※本ページは2022年6月時点の情報になります。
最新の配信状況はTSUTAYA DISCASへ!

タイトルとURLをコピーしました