きょうは会社休みます/無料動画配信や見逃しを1話から全話フル視聴する方法!感想まとめ【ドラマ】

この記事で『きょうは会社休みます。』の見逃し配信・フル動画を無料視聴する方法が
3分で分かる♪

  • 番組を見逃した
  • 過去の放送をまとめて視聴したい
  • CM、広告なしで観たい
  • 日本テレビの番組やドラマをたくさん観たい
  • 住んでいる地域で放送されない

こんな方に絶対おすすめの配信サービスをご紹介しています!

\『きょうは会社休みます。』はHuluでのみ配信中!

※初回登録2週間無料
※無料期間内の解約OK!

「きょうは会社休みます。」とは?

2014年放送ドラマ「きょうは会社休みます。」は、藤村真理による漫画を原作を基に綾瀬はるか主演でドラマ化!
共演者に福士蒼汰、玉木宏が出演!

“こじらせ女子”に舞い降りた人生の奇跡?

彼氏いない歴=処女歴=年齢=30歳のいろいろ残念なOL。
そんな彼女が9歳年下のイケてる大学生と付き合うことに!
突然訪れた、処女卒業と初カレ。
お泊り、クリスマスイブ、遊園地、ふたり旅、合鍵、同棲準備・・・
しかし、やはり残念な“こじらせ女子”がゆえ、いちいち立ちどまる。
騙されてる?私って重い?・・・不安な日々に過去の卑屈な自分が蘇る。
試行錯誤の失敗を繰り返しつつ、それでも彼と一緒にいたいから・・・

「きょうは会社休みます。」

「きょうは会社休みます。」公式サイトより

青石花笑:綾瀬はるか

田之倉悠斗:福士蒼汰

大川瞳:仲里依紗

大城壮:田口淳之介

加々見龍生:千葉雄大

笹野一華:平岩紙

武士沢吉洋:田口浩正

青石巌:浅野和之

立花貴昭:吹越満

朝尾侑:玉木宏

青石光代:高畑淳子


原作
藤村真理「きょうは会社休みます。」(「Cocohana」連載・集英社マーガレットコミックス刊)

脚本
金子茂樹

音楽
得田真裕

主題歌
槇原敬之「Fall」(ワーズアンドミュージック)

演出
中島悟、狩山俊輔ほか

チーフプロデューサー
神蔵克

プロデューサー
櫨山裕子、秋元孝之

制作協力
オフィスクレッシェンド

製作著作
日本テレビ

「きょうは会社休みます。」配信状況

「きょうは会社休みます。」の配信状況を調べてみました!

配信状況無料期間
Hulu2週間
FOD PREMIUM×2週間
U-NEXT×31日間
ABEMA×2週間
TSUTAYA TV/DISCAS×30日間

※本ページは2021年9月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトでご確認ください!

「きょうは会社休みます。」の見逃し配信ならHulu!

Huluは、月額1,026円(税込)で、主に日本テレビ系列のドラマやバラエティなどが視聴できる動画配信サービスです!

★日テレ系の最新ドラマ、バラエティ作品などが盛りだくさん!
★Huluオリジナル作品あり!
初回登録2週間無料

詳しい登録方法はこちらから

⇩ ⇩ ⇩

⇩Huluで好評配信中⇩

【ドラマ】
・君と世界が終わる日に
・ウチの娘は、彼氏が出来ない!!
・35歳の少女
・今日から俺は!!
・あなたの番です
・3年A組‐今から皆さんは、人質です‐
・東京タラレバ娘
・ハケンの品格
・#リモラブ
・知らなくていいコト
【バラエティ】
・ガキ使
・今夜くらべてみました
・うちのガヤがすみません!
・しゃべくり007

【アニメ】
・鬼滅の刃
・名探偵コナン

各話あらすじ

老舗商社の帝江物産食品部で事務職を勤める青石花笑(あおいしはなえ)(綾瀬はるか)は、30歳目前にして、未だ男性経験ゼロ、実家暮らしのジミ~なOL。自分の女子力に自信が持てない一方で、いつか白馬の王子様が迎えにくるという妄想を捨てきれない厄介な「こじらせ女子」。レディースデーの映画鑑賞と愛犬マモルの散歩以外は会社と家を往復するだけの単調な毎日を送っていた。

同じビルにイケメンがいると言って積極的にアプローチするイマドキ女子の後輩・瞳(仲里依紗)とは対照的に、花笑は「彼氏がいる」と嘘をついてまで、同期の大城(田口淳之介)からの合コンの誘いを断り、今日も一人映画を見に行くのだった。ところが、その嘘を鵜呑みにした大城が話を広めたせいで会社は盛り上がり、花笑は窮地に!

回りに気を遣われないように自分の誕生日も言わないままひっそりと30歳を迎えようとしていた花笑だったが、飲み会の流れで同じ部署の現役大学生アルバイト・田之倉(福士蒼汰)と二人きりに。偶然誕生日であることを知った田之倉にサプライズで祝われ、「朝まで一緒にいたい」という言葉に戸惑いながらもついていく。バッティングセンターや夜景クルーズに連れて行かれ、田之倉と思わぬ楽しい時間を過ごした花笑はそのままホテルヘ……。

晴れて処女を卒業したものの、9歳年下と、しかも会社で顔を合わせなければいけない相手と自分がしてしまったことに愕然とし、会社をズル休みしてしまう。そんな花笑の挙動不審ぶりに興味を示した同じビルのイケメンCEO朝尾(玉木宏)が急接近して来て……。
こじらせ女子青石花笑の不器用な恋愛が幕を開けた!

30歳の誕生日の夜、勢いで職場の大学生アルバイト田之倉(福士蒼汰)と一夜を共にしてしまった花笑(綾瀬はるか)。気まずさから田之倉を避け、挙動不審になる花笑だったが、田之倉はそんな花笑に「付き合ってくれ」と告白、キスを迫る。一方、花笑と田之倉の関係に気付き、花笑の動揺ぶりを面白がる上の階のイケメンCEO朝尾(玉木宏)は、「本気になって痛い目に遭わないように」と忠告。

田之倉への返答を「保留」と答えつつ連絡先を交換してしまった花笑は、メールの細かいやり取りにいちいち戸惑い、ドギマギしてしまう。どうして田之倉が自分のことを好きというのかさっぱりわからないながらも、いつ震えるかわからない携帯が気になって仕方がない。

そんな折、朝尾と親交を深めたい瞳(仲里依紗)の提案で、朝尾の会社・サフィラストレーディングと帝江物産の懇親パーティーが開かれる。サフィラストレーディングのイケてる空気に圧倒される帝江物産のメンバーだったが、いつの間にか仕事の話も盛り上がりパーティーはいい雰囲気に。

そんな中、一人パーティーの空気に馴染めず浮いている花笑のもとに田之倉からラーメンを食べに行こうという誘いが。一緒にラーメンを食べ、思わぬ楽しい時間を過ごす花笑だったが、財布を忘れたという田之倉に「お金目当てで近づいているのでは?」という疑念が生まれる。

田之倉への疑惑が消えない中、親友の一華(平岩紙)の後押しで再び田之倉とデートに行く花笑。しかし、田之倉とやたら親しげに話す女子・ひろ乃(古畑星夏)が現れて……。さらに田之倉からはメールの返信が返ってこなくなった上、ひろ乃と田之倉が2人で歩いているのを見かけてしまい……。花笑のこじらせ度はさらに加速して行く!

「傷つくことを恐れるよりも変化できない自分を恐れるべき」という朝尾の名言に背中を押された花笑は、田之倉への恋心を自覚し、気持ちを伝えることを決意する。30歳にして晴れて初彼氏ができ浮かれる花笑だったが、今度は「重い女にならないように」という朝尾の忠告を気にするあまり、「軽やかな女」を目指して自分の行動が重くないか、いちいち立ち止まってしまう。

一方、サフィラストレーディングとの物産展の話が着々と進み、嬉々として朝尾に接近する瞳(仲里依紗)は、朝尾から花笑のことが気になっていると聞かされる。そんな中、付き合い始めて最初のデートで田之倉の家に泊まりに誘われるという最大の難関が花笑の前に立ちはだかる!

「軽やかな女」を取り違えた故に、デート中も観たい映画や食べたい物を言い出せない花笑。さらに、田之倉の家でいい雰囲気になったのもつかの間、今度はベッドの下にピンク色のシュシュを発見してしまう。「ワタシ以外にもこの部屋に出入りする別の女性が!?」動揺のあまり、シュシュを掴んだまま飛び出してしまう花笑。

田之倉に対する疑念を捨てられない中、瞳に頼まれて朝尾とのボウリングに付き合う花笑だったが、朝尾から突然「俺と付き合わないか?」と誘われる。花笑のこじらせはますますヒートアップ!

田之倉(福士蒼汰)には他に付き合っている人がいるのかも、という疑惑も晴れ、ついに合鍵という恋人の証を手に入れた花笑(綾瀬はるか)。会社で田之倉と顔を合わせる度に浮かれている花笑だったが、彼氏がいることが両親にばれてしまう。大学生と付き合っていることを言い出せず、母・光代(高畑淳子)に彼氏について聞かれても言葉を濁すばかり。

そんな中、サフィラストレーディングとの物産展のトラブル対応で終バスを逃した花笑を朝尾(玉木宏)が送ると言い出す。30歳で大学生と付き合うことの将来性を否定する朝尾は、自分と付き合わないかと再度迫る。

高級車で送ってもらう娘の姿をこっそり目撃した父・巌(浅野和之)は朝尾が花笑の彼氏だと思いこみ、今度家に連れて来たらどうだ、と言い出して光代もすっかりその気に。付き合い始めてまだ間もない田之倉に親に会ってほしいと言い出せない花笑はまたしても思い悩みこじらせるが、田之倉はあっさりOK。晴れて青石家に来ることに。

しかし、娘が連れて来た相手が朝尾と別人だったことで巌は腰を抜かし、さらに大学生であることが判明し、青石家は大パニックに! 険悪な空気の中、巌が「娘と一緒になる気があるのか?」と田之倉に迫る!

親会社の日本撤退で朝尾(玉木宏)がCEOを解任になり、帝江物産は中止になった物産展の後処理で追われていた。一方、田之倉(福士蒼汰)との交際を両親にも認められた花笑(綾瀬はるか)の私生活は絶好調、幸せな日々をかみしめていた。

そんなある日花笑は、以前『紅岩』で田之倉と親しげだった女子・ひろ乃(古畑星夏)に歯医者で遭遇する。ひろ乃に「好きな人に気持ちを伝えられない」と恋愛相談を持ちかけられた花笑は調子に乗って、「傷つくことを恐れるよりも、変化できない自分を恐れるべき」と、かつて朝尾から教わった恋愛論を我が物顔で披露するが、ひろ乃の好きな人が田之倉と判明し愕然。本気の21歳と闘って自分に勝ち目はあるのかと不安に苛まれる。

田之倉とも相談し、ひろ乃に自分から本当のことを言おうと決意するものの、ひろ乃の真剣な気持ちに触れ、かつての自分を重ね合わせた花笑は「彼女の初恋を壊す権利が自分にあるのか」と思い悩む。そして、自分が田之倉の彼女だと言えないままに、タイミング悪くデート中に紅岩でひろ乃に鉢合わせてしまい、田之倉と付き合っていることがバレてしまう。花笑が本当のことを言っていなかったことで田之倉ともケンカになり「しばらく会うのやめない?」と言われてしまう花笑。

そんな中、姿を消していた朝尾から「仕事のことで助けてほしい」と車で連れ出され…。「若さ」という最大の武器を持ったライバル・ひろ乃が田之倉に猛アタックを仕掛ける中、こじらせ女・花笑はどう立ち回るのか!?

花笑(綾瀬はるか)と過ごした時間が楽しく、CEOをクビになってから初めて笑ったという朝尾(玉木宏)に初めて人間味を見た花笑。しかし、ひろ乃(古畑星夏)から「田之倉(福士蒼汰)と一緒にいる」という宣戦布告とも取れるメールが届きパニックに。

田之倉からは「しばらく会うのをやめよう」と言われているがために連絡をできず、この状態はいつまで続くのか、電話やメールならOKなのか確認しておくべきだったと後悔する。母・光代(高畑淳子)の「本当にダメなときはサインが出る」という助言をもとに、花笑は会社での田之倉の一挙手一投足にサインを読み取ろうと必死になる。しかし、田之倉が「もうすぐ自分を振ろうとしている」というサインを読み取った花笑は、別れを切り出される恐怖から田之倉を避けてしまう。

一方社内では、瞳(仲里依紗)のことを諦めようとする加々見(千葉雄大)の恋の後押しをしようと大城(田口淳之介)がずれたアドバイスを連発。加々見の壁ドンは大失敗に終わる。

うまく行かない花笑の恋愛を見かねた朝尾は、「相手のアクションを待ってばかりいないで、自分から仕掛けてみろ」と助言。田之倉ときちんと話そうと、ふせんを使って田之倉を呼び出す花笑だったが……。こじらせ女・花笑が初めて経験する恋人とのヘビーなケンカ、果たして終止符は打たれるのか!?

田之倉(福士蒼汰)からの仲直りのサインを読み違えていた花笑(綾瀬はるか)だったが、無事にケンカを乗り越え、なんと同棲を提案される。はりきって田之倉と部屋探しを始めるものの、30年間実家暮らしのぬるま湯生活をしてきたおかげで、不動産屋さんに出入りするのはおろか、二泊以上の外泊をしたことも数えるほどしかないことに気づく。しかも、自分がいびきをかくことを知り、田之倉との同棲に不安を感じる花笑……。

一方朝尾(玉木宏)は新しいレストランのオープンに向けて再び帝江物産に出入りするように。瞳(仲里依紗)は張り切り、いなくなったはずのライバルの再登場に加々見(千葉雄大)は意気消沈。

いきなり同棲を始めることにハードルの高さを感じた花笑は、予行演習のため、田之倉のアパートに連泊することにチャレンジする。しかし、慣れない共同生活の壁は想像以上に厚く、気兼ねのない実家暮らしを居心地よく感じてしまう。さらに、朝尾から「同棲するカップルのほとんどは結婚前に別れる」と聞かされ、そう言えば付き合ったばかりの頃はときめいていた出来事にも少しずつ慣れ始めている自分に気づく。

そんな折、田之倉が風邪をひき、花笑は看病のために田之倉の部屋へ。
果たしてこじらせ女・花笑は年下彼氏と同棲する女へ生まれ変わることができるのか!?

田之倉(福士蒼汰)とのデートを、会社で一番おしゃべりな同期の大城(田口淳之介)に見られてしまった花笑(綾瀬はるか)。2人の交際が会社中にバレてしまったとビビる花笑だったが、「オレは本当に言っちゃいけないことは言わない」と言う大城は2人の関係を秘密にし、大学院に進学するという田之倉と花笑の将来を心配する。

立花課長(吹越満)から総合職への転職を勧められた花笑は、自分の将来に思いを巡らせるが、田之倉の将来の夢を聞き、彼の思い描く未来に自分の姿がないことに結婚が遠のいていくのを感じる。さらに、両親は「いつまでも自分たちも生きているわけではない」と言い、花笑の将来の孤独に対する不安は強まるばかり。この先何十年も孤独なのか……と自分の老後が心配になる花笑。

いつもならちょっかいを出してくる朝尾(玉木宏)もレストラン開店準備に追われ、花笑を相手にしてくれない。挙げ句の果てに、親友の一華(平岩紙)にも老後を一緒に過ごすことを断られてしまい……。

そんな折、田之倉から、仕事の用事で京都から東京に出て来ている母親(鈴木杏樹)に会ってくれと言われる花笑。親に紹介されると聞いて、てっきり結婚を視野に入れた話をすると勘違いした花笑は「私が一生養います」と宣言。凍り付く空気に花笑は……

まだ大学生の田之倉(福士蒼汰)との結婚を諦めていた花笑(綾瀬はるか)は、就職のために進学をやめたという田之倉から突如プロポーズされる。田之倉の母(鈴木杏樹)からもらった宿泊券で、会社を休んで彼氏と旅行へ行くことになった花笑。「彼氏と温泉旅行」という夢にまで見た体験の中、自分は人生の勝者だと幸せの絶頂を感じる。

しかし、ふと、自分はいつも田之倉から幸せを与えてもらうばかりで何もお返しできていないことに気づく。田之倉にもらったキュンキュンをお返ししようと男性の胸キュンポイントを押すためにジタバタするが、どれもうまくいかない。さらに、田之倉の大学の先輩・戸崎(香椎由宇)から将来有望だった田之倉が進学を諦めて残念だと聞かされ、自分は田之倉の将来の夢を諦めさせて、足を引っ張っていることに罪悪感を感じる。

自分が田之倉のためにあげられることは何だろう、と悩み抜いた花笑は、「田之倉と別れてあげること」というハイグレードな愛の形に辿り着く。

朝尾(玉木宏)に協力を頼み、付き合っていると嘘をついて田之倉に別れを切り出した花笑は……。30歳のこじらせ女・青石花笑、最強のこじらせが発動する。

田之倉の将来の夢を諦めさせてはいけないと自ら別れを切り出した花笑は、朝尾のレストランに呼ばれ、突然プロポーズされる。

朝尾との結婚なんて考えられないと思う花笑だったが、一華からは「花笑の面倒臭さをわかった上で結婚しようと言ってくれる朝尾を逃したらこんなチャンスは二度とない」と言われ、自分でも、朝尾には気を遣わずに何でも話せることを自覚する。

そもそも自分は本当に田之倉のことが好きだったのか、人を好きになるとはどういうことなのか、と自問する花笑。田之倉の送別会が終わって会わなくなれば忘れられるのではないか、と思うが、帰りの道で田之倉からの感謝と別れのメールを受け取り、自分がずっと連絡を待っていたこと、田之倉のことが今でも好きなことを思い知る。

朝尾のプロポーズを断り、田之倉のことも忘れようと決心した花笑は、総合職へ転職し、年が明けて新たなスタートを切る。そんな折、映画館で戸崎と鉢合わせた花笑は、田之倉が春からアメリカに留学することを知る。そして、帝江物産では加々見の恋が実を結び、瞳と加々見の結婚が決まる。結婚式の日、田之倉が出席するのではないか、とそわそわする花笑だったが、その日がアメリカへ旅立つ日だと知り……。こじらせ女・青石花笑の幸せへのラストスパート!

感想

主人公・花笑が恋愛をすることで成長していく姿は見ていて前向きになれる作品でした。年齢=恋愛経験なしの花笑が30歳の誕生日に酔っぱらって記憶がないままに同じ会社で働くアルバイトの田之倉と関係を持ってしまい、理解が追い付かないまま恋愛へ繋がっていく展開に面白みを感じました。恋愛の仕方が分からず、どう田之倉に接していいか分からない花笑を年下ながらリードする田之倉の姿は胸キュンで、花笑がゆっくりと恋愛に慣れていく姿に深い愛情を感じました。恋愛経験がないために恋愛に対して拗らせた考え方をする花笑がコミカルに描かれており、田之倉の思いに応えたい気持ちを持ちながら自信のなさが勝ってしまう姿は可愛らしささえ感じさせました。しかし、突如として起こす大胆な行動から好きの気持ちを強く感じ、その行動からきちんと思いを受け取っている田之倉に二人の関係性の良好さを感じさせました。逃げずに向き合うことで見えてくる田之倉に対する深い愛情に胸が熱くなり、まだまだ戸惑いがありながらも田之倉との関係を恋愛として受け止めるられている花笑の姿から成長を感じられました。自信のなさから目を背けていたことも実際に経験することで失敗を積み重ねながらも自信となり、魅力となっていく花笑の姿から前向きな気持ちを貰えた作品でした。

切なく甘酸っぱい恋の様子にドキドキが止まりませんでした。30歳で男性とつきあったことがないウブで真面目な女性が主人公ですが、彼女に初めて彼氏ができて30歳にしていろんな恋の初体験をしていく姿は、初々しく、読者に疑似体験させてくれて、読んでいる私まで甘酸っぱい恋をしているような感覚になりました。主人公(花笑)の彼氏(田之倉)の年齢は21歳で、なんと大学生。自分よりひと回りも年下との恋愛なんて非日常的な設定で、色んな妄想が膨らみ、もうドキドキが止まりませんでした!こじらせ女子である花笑のドラマ中の妄想もまた見どころです。一方、花笑の彼氏である田之倉は男子大学生ということで、たまに暴走することもあり、それもまたキュンキュンでした!予測不能な恋愛模様に毎回毎回えっ!どうなるのー?と振り回されまくりました。その他にもイケメンCEOが出てきたり、ライバルが出てきたりもう色んなことが起こって全部ドキドキでした。花笑の同僚の別の恋愛模様も面白かったです。主人公の花笑が親しみやすいキャラクターで、見るたびにドラマの中に引き込まれました。今までにない恋愛ドラマで、予想ができない展開に目が離せませんでした。

こちらの作品の大きなは魅力は主人公のキャラクターです。何かに一生懸命になっているタイプの主人公の作品が多いので、地味な性格というところが新鮮でした。原作でも人気が高い相手役の田之倉悠人を福士蒼汰さんが原作のイメージ通り、爽やかに演じてくれています。胸キュンシーンもしっかり再現してくれているので原作ファンの方も満足できること間違いなしです。年下男子好きの女性が思わずキュンときてしまうような仕草や台詞が詰め込まれたラブストーリーなので視聴中はどきどきさせられっぱなしです。主演の綾瀬さんといえば大河ドラマや、シリアスなドラマや映画にも多く出演されていますが、この作品で見せるコミカルな演技も可愛らしくて楽しめます。連絡が来るかどうか返信を待つシーンなどもリアルで思わず笑ってしまいました。歳の差があることで、自分なんて、と自信がなくなってしまったり、まわりの女子が気になってしまったりなど、恋愛初期に誰もが不安になるようなことに一生懸命に頭を悩ませる主人公がとても可愛らしくて、応援したくなります。その度に神対応を見せてくれる田之倉くんがかっこよすぎて毎回癒されていました。個人的にはラストシーンもきちんとまとまっていてとても好きな作品です。

毎回楽しみに見ていました。漫画は読んでいませんが、次の展開が気になり最終回まで楽しめるドラマです。綾瀬さんの人柄もよく主人公の花笑に合っていると思います。真面目で誠実がゆえに、恋愛に不器用だけど、心をひらけば優しく思いやりにあふれる感じ。年下の後輩と社内恋愛は憧れるところもありますが、まわりにバレたりとか色々考えると踏み出せないのも分かるし、年齢的にも遊んでいる場合じゃない。そういう身近なOLの気持ちがリアルに描かれていて共感できました。後輩とはいえ、優しく頼りのある男性との恋愛は見ていて楽しかった。なかなか自分には機会がないので、ドキドキ感をドラマから感じることができたし、最近年下と付き合う人も増えているので、そういう人の気持ちもよく変わりました。福士蒼汰さんもカッコいいし、見た目も大人っぽいので年の差はあまり気になりませんでした。あの少し低めの声で告白されたら、めちゃくちゃ胸がきゅんきゅんしますね。特に合鍵を渡すシーンが印象に残っています。玉木宏さんも素敵だと思うけど、年下のパワーには一歩及ばずって感じですかね。誰と結ばれてもいいと思ったけど、やっぱり福士蒼汰さんとが一番お似合いにみえました!

私は『きょう会社休みます。』の漫画を読んでいたのですが、ドラマも面白くて毎週楽しみに見ていました。女性が年上で男性から年下という設定のドラマはあまりないですが、このドラマは綾瀬はるかさんが演じる青石さんと福士蒼汰さん演じる田之倉くんの歳の差は8歳で、なかなかない設定が私の中ではヒットでした。青石さんはすごく完璧でいつもひとりで生きてきてしっかりしている人なのですが、田之倉くんと過ごす上で少しずつ人に甘えることができるようになったり、小さいことが気になるようになって不安になってしまったりと恋をしている感が強く出てきていて見ていて、分かる分かると女性は言ってしまうのではないかと思います。恋をしたら女性は弱くなったり、不安になったりしやすくなると思うのですが、30手前で初めてちゃんとした恋をする青石さんは田之倉くんと過ごす日々で少しずつ良い意味でも悪い意味でも変わっていくような感じでした。でも、それは悪い意味というわけではなく過ごしていく中でいい方向に変わっていく姿をみて、このドラマはただの恋愛ドラマというよりは恋愛している人の背中を押してくれるようなドラマといった印象でした。ストーリー性もあって、飽きずに最後まで見ることができるそんなドラマです。

漫画の世界をそのまま映像化したようなキュンキュンするドラマでした。特によかったのが主演の綾瀬はるかさんと福士蒼汰さんです。綾瀬さんはこじらせ女子である花笑を演じるのですが、とてもはまり役で、恋愛に対して不器用な様子が綾瀬さんが演じることでより可愛く見えました。綾瀬さんが美しいのは分かっているはずなのに、眼鏡を外すシーンの綾瀬さんはたまらなく綺麗でうっとりしてしまいました。そして花笑の恋の相手である田之倉を演じる福士さんもとてもはまり役でした。今まで色んなドラマで福士さんを見てきましたが、このドラマの福士さんが1番かっこよく見えました。ドSっぽく花笑に分かりやすいアプローチをし、にやっと微笑むシーンは、その笑顔が可愛すぎて胸を打たれてしまいました。そんな二人の関係を脅かす朝尾の役を玉木宏さんが演じるというのもよかったです。キザでかっこよく、花笑は振り回されてしまうのですが、玉木さんが演じているので全く嫌な気持ちがしませんでした。ストーリーはなかなか前向きになれない花笑に共感できました。それでも少しずつ変わろうと努力をしていく姿が健気でとても可愛らしかったです。2人を応援したい気持ちでいっぱいになりました。

まとめ

『きょうは会社休みます。』は、Huluで配信中です!
初めて登録する方は、2週間の無料トライアルがあります!
無料期間のみ楽しみたい方も期間内に解約してもらうだけでOKです!
ぜひ無料期間を利用して視聴しちゃいましょう!!

\「きょうは会社休みます。」はHuluで配信中!/

※本ページは2021年9月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトでご確認ください!

タイトルとURLをコピーしました