検察側の罪人/無料動画配信で見逃し・レンタルをフル視聴する方法!感想まとめ

「検察側の罪人」を無料でフル視聴できる動画配信サービスをご紹介します!

見逃してしまった方もう1度見たい方に必見です!

映画『検察側の罪人』予告

\「検察側の罪人」はプライムビデオで配信中!/

※初回登録30日間無料
※無料期間内の解約OK!

「検察側の罪人」とは?

2018年に公開された映画「検察側の罪人」
雫井脩介の同名小説が元となっています。
木村拓哉と二宮和也ふたりの共演が話題を呼びました。
Amazon Prime Videoで独占見放題配信中です!

木村拓哉と二宮和也の初共演で、「犯人に告ぐ」などで知られる雫井脩介の同名ミステリー小説を映画化。「クライマーズ・ハイ」「わが母の記」「日本のいちばん長い日」「関ヶ原」など、話題作や名作を多数手がける原田眞人監督がメガホンをとり、ある殺人事件を巡る2人の検事の対立を描く。都内で発生した犯人不明の殺人事件を担当することになった、東京地検刑事部のエリート検事・最上と、駆け出しの検事・沖野。やがて、過去に時効を迎えてしまった未解決殺人事件の容疑者だった松倉という男の存在が浮上し、最上は松倉を執拗に追い詰めていく。最上を師と仰ぐ沖野も取り調べに力を入れるが、松倉は否認を続け、手ごたえがない。沖野は次第に、最上が松倉を犯人に仕立て上げようとしているのではないかと、最上の方針に疑問を抱き始める。木村がエリート検事の最上、二宮が若手検事の沖野に扮する。

映画.comより

最上毅:木村拓哉
沖野啓一郎:二宮和也
橘沙穂:吉高由里子

平岳大
大倉孝二
八嶋智人
音尾琢真
大場泰正
谷田歩
酒向芳
矢島健一
キムラ緑子
芦名星
山崎紘菜
松重豊
山崎努

「検察側の罪人」配信状況

「検察側の罪人」の配信状況を調べてみました!

配信状況初回無料期間
Amazonプライムビデオ30日間
ABEMA×2週間
Hulu2週間
FOD PREMIUM2週間
U-NEXT31日間
TSUTAYA TV/DISCAS30日間
Paravi2週間

※本ページは2021年9月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトへ!

Amazonプライムビデオとは?

Amazonプライムビデオは月額500円(税込)/年間4900円(税込)で、映画、ドラマ、アニメ、バラエティ、プライムビデオのオリジナル作品が視聴できる動画配信サービスです!

★月額500円(税込)/年間4900円(税込)で会員特典対象の映像作品見放題
★Prime Musicで200万曲以上聴き放題
★Amazon Photosで写真を容量無制限に保存
★Prime Readingで対象の雑誌・漫画など読み放題
★PC/スマホ/タブレット/TVで対応可能!
★お急ぎ便・お届け日時指定便使い放題
初回30日間無料トライアルあり

↓ Amazonプライムビデオで配信中の作品! ↓


【バラエティ】
・ドキュメンタル
・バチェラージャパン
・相席食堂
・M-1

【映画】
・検察側の罪人
・Diner
・HERO
・ボヘミアンラプソディー
【アニメ】
・約束のネバーランド
・美少女戦士セーラームーン

感想

友人に強くお勧めしてもらったので見てみることにしましたが、期待していた以上に面白くて興味深い作品だったので大変満足しました。木村拓哉、二宮和也、吉高由里子、松重豊、キムラ緑子、芦名星など数多くのベテランで実力派の俳優、女優が多く出演していた作品で、見進めていくたびにこんな人まで出演しているのかという驚きの連続でした。最も印象的で頭に残っているシーンは、二宮和也が怒鳴り散らして聴取をする場面で、迫力ある自然な演技に度肝を抜かれて釘付けになってしまいました。さすがジャニーズの中でもずば抜けて演技力がある人は違うなと感心し、彼の出演する作品をこれまであまり見てこなかった私でも彼の出演作に手をつけてみようという気にさせてもらいました。終わり方についても作品のクオリティーの高さが感じ取られ、ストーリーは終わったもののその後に壮絶な闘いがまだ待っているのではないかとも感じ取れるようになっていてかなり良かったです。映画だからか展開が結構テンポ良く進んでいったのですが、この作品のストーリー構成はバランスがしっかりと取れていてちょうどいいシーンの入れ替わりが行われているなと好印象を受けました。見始めてから終わりまで作品にどっぷりと入り込むことができたくらい面白かったので、また見返したいなと思います。

原作を読んでから映画を観ました。原作がとても面白かったので映画も期待していたのです。期待が裏切られるのかと覚悟していたのですが、全くそんなことはありませんでした。というのも、配役が私のイメージにピッタリだったからです。特にピッタリだったのは二宮和也さんでした。原作でも感情の振り幅が激しい役だったので、それを演じるのはとても大変だったと思います。しかし、見事に演じられていました。また、犯人役も本当に憎らしい演技をしていてこれも驚いてしまったものです。これまで犯人役の方を存じ上げていなかったのですが、見事な演技をされていて素晴らしい役者さんだと思いました。ストーリーとしては警察ものが好きな人には楽しめる作品でおすすめです。もちろん原作を読んでいない人でも、事件ものが苦手な人でものめり込めるような展開になっています。重要なのはやはり主役の木村拓哉さんの役柄なのですが、これも思っていた以上にしっくりきていました。本来、検察側は正しい人でなくてはなりません。犯罪者を追求する役目となっているのですが、その正義感が度を越してしまうとこういった展開になることもあるのだなと複雑な感情が湧いてきました。やりきれないという気持ちが原作も映画にも通じるものがあったように思います。

「検察側の罪人」を観て、「真実を知ろうとする沖野」と「どちらが対決を制するのか」が特に魅力的だと思いました。
まず、真実を知ろうとする沖野についてです。このドラマでは、検事の最上と沖野の様子が描かれます。沖野は、検事として働き始めたばかりということもあり、先輩で幾つもの事件を解決して来た最上の部下として、最上が正しいと信じて事件の犯人とされる人物に事情聴取をしていきます。しかし、捜査が難航していく中で沖野は最上の不自然な行動に気づいていくことになります。検事として立派な実績を持つ最上に屈することなく、自分が正しいと信じた道のために進む沖野に、荒削りな部分を感じつつも好感を持ちながら観ていました。
次に、どちらが対決を制するのかについてです。沖野は、最上が犯人だとする人物が無実なのではないかと主張し、最上と敵対関係になっていきます。2人は、それぞれ自分の意見が正しいことを証明するために捜査を進めていきますが、次々と予想外の情報を手にしていくことになります。お互いに一歩も譲らない戦いを繰り広げる沖野と最上は、正面から意見をぶつけ合っていく中でどちらが勝利への道筋を見出して勝つことができるのか、食い入るようにして観ていました。

この映画は、何が正義なのかを問う映画です。あなたは真犯人がわかっているのに、時効という壁に阻まれて何もできないという状況になったらどうしますか。一般人なら、相手を自分で裁いたら犯罪になってしまいます。でも自分に法を使う権利があって相手を有罪に出来る力があったら、それを使う事もあり得るのではないでしょうか。主演の木村拓哉は別のドラマで正義を重んじる検事を演じていましたが、それとは違う検事像にものすごく驚かされました。彼は殺人鬼ではありません。悪い事をした人間を裁くために、現在の法では解決出来ない部分を自分の力でどうにかしようとしただけともいえます。木村拓哉に憧れる新米検事役が二宮君ですが、彼も正義を貫いていくのです。木村拓哉は髪も短くしてエリート検事を演じていますが、彼の雰囲気というか知的な感じが彼の思うストーリーを作りやすくしたのではと感じます。本当の悪とはなんなのか、考えさせられる映画とはこの事です。お互いに葛藤があって二人は対峙します。そこはこの映画の醍醐味で、誰も悪くないんだと思いたいワンシーンです。ジャニーズの演技派が組んで脇役も豪華なこの映画を観た後にどんな気持ちになるのか、本当に考えさせられる映画です。

検察は悪い人を裁く正義の味方というイメージを持って見ていると、一言に[正義]と言っても1つではないと考えさせられる内容でした。
法律という人を裁く基準があり、検察官は法律に基づいて悪人に罪を償わすことが仕事だけに冷静さが問われる職業ですが、検察官も人間だなぁと思わす人間らしい感情的な部分や冷静さを欠いた行動等がイメージをしていた検察官とは違う一面が撮られて検察官の冷たい印象が少し変わりました。検察官は公権力を行使する国の機関であり、普段は悪い人に裁きを下す機関なので、罪人にならない限りは検察官に対して遠い存在しかなく、怖い印象はなかったですが、検察官が感情的になり人間の憎悪という感情に支配され[検察官]という立場を自らの感情のまま利用し復讐という感情に身を任せた検察官の恐ろしさが一目で分かる場面があり、何度も検察官が裁いてきた罪人と同じことをしてしまうことに考え直す機会があったはずなのに、犯行を実行してしまう人間の脆さもよく撮られています。
犯行の方法もよく練られていて、この方法は検察官が今まで犯人を取り調べてきた得た知識からの犯行なのか等、見れば見るほど考えらされ、人間は脆い生き物だなぁと思わせる映画です。

今では解散してしまった、SMAPのメンバーの中でも、最も名演技を見せてくれる木村拓哉さんと二宮和也さんの演技がとても魅力的でした。木村拓哉さんの演技は、相変わらず木村節ですが、私は嫌いではないです。映画の内容も、真面目なテーマで、真剣に視聴させていただきました。特に、木村拓哉さんは他のテレビドラマで、検事役を経験しているので、その演技がこの映画にも生かされている気がしました。
二宮和也さんのキレる演技も、見応えがありました。彼が怒鳴り散らすシーンはまさに圧巻であり、その時の表情や声などはみていて恐怖を覚える方でした。
画角や構図にもこだわりを感じました。特にラストシーンで最上がハーモニカをくわえているシーンは見事でした。
ただ、ストーリーに関しては、ちょっと説明不足があるようで、スッキリと納得できない部分があったのが少し残念です。特に、犯人像が単純すぎるところが面白みに欠けていると思います。また、吉高由里子さんを交えたラブストーリーも並行して描かれるのですが、この話はいるのかな?とちょっと考えてしまいました。しかし、キャストが豪華なので、内容に一部不備があっても、見応えを感じられる映画でした。

まとめ

おすすめの動画配信サービスはAmazonプライムビデオです!
初めて登録する方は、30日間無料!
無料期間のみ楽しみたい方は、無料期間内に解約するだけ!
ぜひ無料期間を利用して視聴しちゃいましょう!!

\「検察側の罪人」はプライムビデオで配信中!/

※本ページは2021年9月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトへ!

タイトルとURLをコピーしました