ドライブ・マイ・カー(映画)公式無料動画配信や見逃し・レンタルをフル視聴する方法・感想まとめ【西島秀俊主演】

『ドライブ・マイ・カー』を無料でフル視聴できるおすすめの動画配信サービスをご紹介します!

見逃してしまった方もう1度見たい方に必見です!

「ドライブ・マイ・カー」は
U-NEXTで配信中!/

※初回登録31日間無料
※無料期間内の解約OK!

「ドライブ・マイ・カー」とは?

2021年8月20日に公開された映画「ドライブ・マイ・カー」。
こちらの作品は村上春樹の「女のいない男たち」という小説の中にある短編小説が原作となっており西島秀俊主演で実写映画化されました。
主な登場人物や基本設定などはこの短編小説からきていますが、物語の内容は村上春樹の「女のいない男たち」に収録されている短編集のセリフなども織り交ぜられた新しい物語として制作されています。
物語は、妻を失ってしまい喪失感を抱えながら生きている、西島秀俊演じる主人公が、とある女性との出会いがきっかけとなり新たな一歩踏み出すという内容になっています。

映画『ドライブ・マイ・カー』90秒予告

脚本家である妻の音(霧島れいか)と幸せな日々を過ごしていた舞台俳優兼演出家の家福悠介(西島秀俊)だが、妻はある秘密を残したまま突然この世から消える。2年後、悠介はある演劇祭で演出を担当することになり、愛車のサーブで広島に向かう。口数の少ない専属ドライバーの渡利みさき(三浦透子)と時間を共有するうちに悠介は、それまで目を向けようとしなかったあることに気づかされる。

家福悠介:西島秀俊
渡利みさき:三浦透子
家福音:霧島れいか
高槻耕史:岡田将生
イ・ユナ:パク・ユリム
コン・ユンス:ジン・デヨン
ジャニス・チャン:ソニア・ユアン
ペリー・ディゾン
アン・フィテ
柚原:安部聡子

「ドライブ・マイ・カー」配信状況

配信状況を調べてみました!

配信状況無料期間
U-NEXT

レンタル
31日間
FOD PREMIUM
×2週間
Hulu
×2週間
ABEMA
×2週間
TSUTAYA DISCAS
×30日間
Paravi
×2週間
Amazonプライム
×30日間

※本ページは2022年5月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトでご確認ください!

U-NEXTとは?

U-NEXTは月額2,189円(税込)で、最新映画から海外ドラマ、韓流ドラマ、アニメ、国内ドラマ、NHK作品も視聴できる動画配信サービスです!

★見放題作品数国内NO.1!
★雑誌70誌以上が読み放題
★毎月1,200円分のポイント付与
※ポイントはレンタル作品や電子書籍に利用可能
初回登録31日間無料&600円分のポイントプレゼント

詳しい登録方法はこちらから

⇩ ⇩ ⇩

感想

アカデミー賞で邦画史上初となる、作品賞にノミネートされたことで話題を呼んでいる本作。主人公の妻はある秘密を残し病気で死んでしまう。喪失感と後悔を抱えて生きている主人公は、仕事で愛車のサーブに乗り広島へ行く。そこで寡黙な一人の女性ドライバーとの出会いをきっかけに、喪失から抜け出すために希望を探す物語。私はこの映画を、演劇を通して喪失からの再生を描いた作品だと感じました。ある程度人生経験を積んできて、今大切な存在がいる人には特に響く作品です。また役者さんの演技も素晴らしく、特に寡黙な運転手みさきを演じた三浦透子さんと西島秀俊さんの車の中での会話シーンが印象に残ります。タイトル通りドライブが、物語の重要な要素になっています。人間の繊細さ、苦悩、そして希望を描いた名作ではないでしょうか。

前情報を何も仕入れずに鑑賞したので、設定をつかむのに時間を要しました。少し突飛な設定から始まる世界観に入り込むのは時間がかかりましたが、その独特な雰囲気や演者の皆さんに飲み込まれ、映画の時間の長さの割にはそこまで長いとは感じませんでした。
村上春樹らしさ全開の少し理解し難い内容ではありましたが、内容を咀嚼している時間も含めて映画を楽しめるのは魅力の一つではないかと思います。映画内で様々な外国人の方が登場しますが、皆さんとても愛らしく、見ていて好きになる方々ばかりでした。
また、個人的には映画内に登場する様々な言語が飛び交う舞台、という設定が面白く、実際に存在するものなのかはわかりませんが、一度見てみたいと感じています。

村上春樹さんの世界観をそのまま再現したような映像作品で、今まで見たことのない独特な雰囲気が漂っていました。西島秀俊さん演じる悠介が車の中でセリフを練習するシーンが度々あるのですが、そのときの西島さんの淡々した声と表情が印象的で頭から離れませんでした。どこか神経質で掴みどころのない悠介というキャラクターを西島さんが本当に上手に演じきっていたと思います。霧島れいかさん演じる音とのラブシーンもリアルで、西島さんがこんなにも攻めた演技をするのが衝撃でした。西島さんの新たな一面が垣間見れましたし、西島さんなくして表現できなかった作品だと思います。みさきを演じていた三浦透子さんの演技も素晴らしく、自然体で違和感が全くありませんでした。

妻の死とそれにまつわるエピソードを交えながらも、淡々と進んでいくストーリーとまったりした雰囲気が印象に残っています。村上春樹の小説が原作になっているだけあって、セリフまわりが独特で映画なのに文学の世界に浸っているような感覚になれました。他の映画とは違って伝えたいメッセージをあからさまに主張してこないので、すごく見やすいのですが一回の観賞だけでは全部を理解できないという難しさがありました。ただし主人公がいろんな人と出会い、車の中で内省をすることによって妻の喪失を乗り越えていく様子はとても分かりやすくて良かったです。その妻の死を乗り越える様子もあえてドラマチックにするのではなくて、地味に描いているところもリアルな感じがして好きです。

この作品の物語の全てがとにかく自然で、新しいものを教えてもらうような作品というよりは、忘れていたものを思い出させてくれるようなそんな感覚の作品だった。
原作小説は80ページほどの短編で、でもその短い作品を3時間の映画にすると、原作と映画では大きな違いが出そうだが、この作品にはそんなのもなくて本当に素晴らしい出来上がりだった。
またモノローグがなくドキュメンタリーなのではないかと疑ってしまうほどのリアリティもあってより素晴らしいと思う。

この映画を見る前に違う作品を見ていた時、偶然にも「生きる」というためには「そう」するしか道がなかったというような話をする場面がこの作品とすごく重なって見えて、「そう」という部分は人によって異なってくるけど言っている根本的なことは同じだなと感じた。
自分も生きていくために欠かさないことは何なのか、自分だけのものに気付けていないだけであるのだろうか?
もしそれで自分の命を繋ぎとめているのだとしたら自分はそれが何なのか知りたいと思うようになった。

この作品はとにかく原作者の村上春樹の世界観だった。
彼の小説を忠実に映像にされたような感じと思って見ていたら、どうやら原作はすごく短いということがわかった。
原作小説は未読なのだけれど、きっと100%以上に再現されたのだろうと思う。
もちろん原作も本当に素晴らしい作品なのだろうけれど、3時間という長い時間で視聴者を飽きさせない作品作りをした監督も素晴らしいし、その中で演技をする俳優陣も本当に素晴らしい。

まとめ

『ドライブ・マイ・カー』はU-NEXTで配信中です!
初めて登録する方は、31日間無料&600円分のポイントプレゼント!
無料期間のみ楽しみたい方は、31日間以内に解約してもらうだけでOKです!
ぜひ無料期間を利用して視聴しちゃいましょう!!

「ドライブ・マイ・カー」は
U-NEXTで配信中!/

※本ページは2022年5月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトでご確認ください!

タイトルとURLをコピーしました