ソーシャル・ネットワーク/無料動画配信やレンタル・見逃しをフル視聴する方法!感想まとめ

「ソーシャル・ネットワーク」を無料でフル視聴できる動画配信サービスをご紹介します!

見逃してしまった方もう1度見たい方に必見です!

「ソーシャル・ネットワーク」は
\TSUTAYA DISCASで宅配レンタル中!/

※初回登録30日間無料
※無料期間内の解約OK!

「ソーシャル・ネットワーク」とは?

2011年に劇場公開された「ソーシャル・ネットワーク」
世界最大のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サイト)となった『Facebook』の創設者=マーク・ザッカーバーグの半生が映画化されました。
社会現象を巻き起こした超巨大サイトは一体どうやって生まれたのか?
アカデミー賞やゴールデングローブ賞など、名だたる賞を受賞した実話映画です。

2003年。ハーバード大学に通う19歳の学生マーク・ザッカーバーグは、親友のエドゥアルド・サヴェリンとともにある計画を立てる。それは友達を増やすため、大学内の出来事を自由に語りあえるサイトを作ろうというもの。 閉ざされた“ハーバード”というエリート階級社会で、「自分をみくびった女子学生を振り向かせたい」―そんな若者らしい動機から始まった彼らの小さな計画は、いつしか思いもよらぬ大きな潮流の最中へと彼らを導く。 IT界の伝説ナップスター創設者のショーン・パーカーとの出会い、そして、社会現象を巻き起こすほどの巨大サイトへの成長。 一躍時代の寵児となった彼らは、若くして億万長者へと成り上がっていく。 と同時に、最初の理想とは大きくかけ離れた孤独な場所にいる自分たちに気づくが―。

ソニー・ピクチャーズ より

マーク・ザッカーパーク/ジェシー・アイゼンバーグ
エドゥアルド・サベリン/アンドリュー・ガーフィールド
ショーン・パーカー/ジャスティン・ティンバーレイク
キャメロン&タイラー・ウィンクルボス/アーミー・ハマー
ディビヤ・ナレンドラ/マックス・ミンゲラ
ダスティン・モスコヴィッツ/ジョセフ・マッゼロ
エリカ/ルーニー・マーラ

「ソーシャル・ネットワーク」配信状況

配信状況を調べてみました!

配信状況無料期間
TSUTAYA DISCAS
30日間
FOD PREMIUM
×2週間
Hulu
×2週間
U-NEXT
×31日間
ABEMA
2週間
Paravi
2週間
Amazonプライム
30日間

※本ページは2022年6月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトへ!

TSUTAYA DISCASとは?

TSUTAYA DISCASは、月額2,052円(税込)で、 TSUTAYAのDVD/CDが借り放題でご自宅まで配送するサービスです!
初めて登録する方は30日間無料!
無料期間内の解約が可能なので無料期間のみ楽しむこともできますよ!

★TSUTAYA DISCAS(宅配レンタル)を利用することができます!
★PC・スマホで予約→自宅に郵便でお届け→ポストに返却、最短で翌日にお届け!
★地上波放送されない作品、ジブリ作品やCDは、TSUTAYA DISCASで!
※お試し期間中の定額レンタル8プランは、DVDとCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外です。
初回登録30日間無料!
★無料お試し期間終了後、宅配レンタル(定額レンタル8プラン)は新作が8枚まで借りることが可能です。
9枚目以降は旧作のみのレンタルとなります。

↓ TSUTAYA DISCASで配信中の作品! ↓


【TSUTAYA TV】
・鬼滅の刃
・キングスマン
・死にたい夜にかぎって
・30歳まで童貞だと魔法使いに
なれるらしい
・トッケビ
・きみはペット
【TSUTAYA DISCAS】
・ジブリ作品全般
・アメトーーク
・プロポーズ大作戦
・やまとなでしこ
・未成年
・聖者の行進
・人間失格

感想

Facebookの創始者、マーク・ザッカーバーグを主人公とした伝記的ストーリーです。

「セブン」の監督、デビッド・フィンチャーらしく、彼とその周囲を取り巻く人間模様を淡々と描いていきます。

映画のオープニングの、彼とガールフレンドのスピード感溢れるやり取り。
そこからして、もう彼が凡人ではないことが明らかに見て取れます。
いまや世界で10本指に入るほどの資産を持つマークですが、Facebook立ち上げにはこんなにも様々な出来事があったとは。

そもそもご両親が医者であり、彼自身、プログラマとしても経営者としてもキレッキレな天才(かつ奇人?)。
彼のそんな側面が、映像やストーリーの随所に散りばめられ、ついニヤリとしてしまいます。

しかしそれほどの人物が、Facebookの原型となった大学内の女の子格付けサイトを作り上げたのは、ガールフレンドへの腹いせから。
そしてFacebook立ち上げ後に、巨額の買収話が持ち上がっても、人々の”繋がる自由”を唱えて断り続けた彼。

そんなエピソードからは、ただの天才(かつ奇人?)ではない、彼の、人間臭く崇高な精神性が感じられます。
少なくない人々が、彼とそのサクセスストーリーに魅せられるのは、そういった一面も寄与してのことなのかも知れません。

皆さん、ご存知Facebookの創始者である天才マーク・ザッカーバーグのことを扱った本作。
映画の最初の方で女性に振られるマーク。そりゃお前が悪いじゃんって言葉しか出てきません。凡人ならばそこで終わりでしょう。性格がクソなだけの凡人ならそこから何も学べず、何かを生み出すことも少ないのだろう。しかし、そこはやっぱり天才マーク。女の子の格付けサイトなんか作っちゃダメだろう。今の日本でやれば袋叩きにあって謝罪に追い込まれるんだろうな。
はっきり言って終始、主人公が天才すぎて感情移入できるシーンは少ないです。
ジェシー・アイゼンバーグの演技が巧すぎて見事、性格サ○テーな天才がそこにはいます。
それに加えて、次から次に嫌な奴が登場します。しかし、最後まで投げ出さずに観ることができるのはアーロン・ソーキンの脚本とデヴィッド・フィンチャー監督の手腕のお陰だろう。
最終的にはマークの性格の悪さはおいといて、やっぱり天才の発想は凡人からは理解され難いし、感情に邪魔されずにやりたいことをやり通せることが天才と凡人の違いなのかとも思わされた作品だった。
世界中の人たちを繋ぐ巨大なSNSを作り出した人間が繋がりたい相手と繋がれない。天才だからといって人生全てがうまくいくわけではない。人生って皮肉なものですね。

この映画は、世界最大のSNSと言われるFacebookを創ったマーク・ザッカーバーグ氏を描いた作品です。ハーバード大学の在学中に恋人に振られた腹いせに作り上げた、女子大生の顔の格付けサイトがFacebookの前身であったというのは驚きました。ビジネスのヒントとはひょんなことから出てくるものだと感じました。サイトを立ち上げてから数時間で大学のサーバーをダウンさせてしまったという逸話にもとても驚かされました。Facebookが流行り、企業化し、大きくなるにつれ、寄ってくる人がいる一方で裏切る人もいたり、訴訟などの様々な困難に立ち向かっていくストーリー展開は興味深く見ることができました。ラストで元恋人にFacebookで友達申請するところは、マークに愛らしさを感じることもできました。まさにSNSの世界同様に、ストーリー展開のテンポもとても早く、2時間の上映時間はあっという間に過ぎました。また、マーク・ザッカーバーグを演じたジェシー・アイゼンバーグさんは、見た目にもマークっぽい雰囲気を出していましたし、マークの気難しいところや凄まじい集中力、あるいは孤独感といったものを見事に表現されていたと思います。

頭のいい人は本当に言葉の出が早くて喋りも速くてすごいなと関心しました。でもそのおかげで登場人物の会話やストーリー全体にテンポ感があって最高に楽しんで見ることができました。Facebookの創設者であるマーク・ザッカーバーグの自伝映画になっていましたが、彼は今もこの世界に生きながらも自分の自伝映画を公開するまでに至っていて本当に偉大な人なのだなと改めて思わされました。彼が大学に通っていなければFacebookという今では誰もが聞いたことがあり、世界中の何億人ものユーザーを持つ大きなソーシャルネットワーキングサービスは生まれていなかったのかなと考えると、いかに彼にとって大学生活が自分の人生の中での最も重要となったターニングポイントの一つであるということが理解できました。最近生まれた新しいSNSのサービスも大学の中でどんどん宣伝して知名度を上げていったと聞いたこともあり、新たなSNSのサービスを始めるにあたって大学で宣伝することは大きな宣伝効果が得られるのだなと学んだ部分もありました。ストーリー構成については、過去と現在を行ったり来たりしてマークがなぜ訴訟を受けているのかが丁寧に明かされていくように展開が繰り広げられていて面白かったです。

今現在、その言葉を聞かない日はないほど、SNS(ソーシャルネットワーク・サービス)は誰もが知っている言葉となりました。この映画は、そのSNSのパイオニア、Facebookの創設者のマーク・ザッカーバーグの半生を描いたノンフィクション映画です。当時ハーバード大学生だったマークは、最初は女の子の格付けサイトを作り、これが大問題になり、大学側から謹慎処分を受けます。もちろん今だったらもっと大変ですが。これがFacebookの原型となるわけですが、いつの時代もきっかけはこんなことなのでしょう。これが学内で爆発的に広がったことで、ヒントを得て次々と彼を利用しようとする仲間や、マークを取り込もうとする人物が出てきます。さらに他の大学にも驚異的に広がったことを知り、親友のエドゥアルドを誘い、本格的にFacebookをたちあげることを決めます。ですが、Facebookが巨万の富を生み出すものであったが為に、陰謀や裏切りで、最終的に友情も壊れる事になってしまったことが悲しいです。後に誰が発案したかということでマークは訴訟問題も抱えることになります。インターネット時代の寵児として、歴史にをも名を残し億万長者となったマークですが、失った物も多いという考えさせられる映画です。

好きな映画です。Facebook創始者であるマーク・ザッカーバーグの、Facebookを立ち上げた当時の様子を描いた作品なのですが、とにかく映画としてテンポが良く非常に観やすいです。主人公が自分の彼女とケンカして、その腹いせに大学の女の子の顔を2つずつ並べてどちらが可愛いか選んでいくサイトを作るのですが、映画としての導入部分であるその場面の、同級生たちを巻き込みながらプログラムを書いていくシーンがとても軽快で、使われているサントラもぴったり合っていて映画に引き込まれます。映画の中で流れる音楽も雰囲気にピッタリで、曲としてもかっこいいので耳に残ります。Facebookという大きな事業を立ち上げるということは楽しいことばかりではなく、力のあるインフルエンサーに心を奪われて親友をないがしろにしてしまう主人公、その主人公の傍若無人ぶりについていけなくなる親友との関係性などの人間ドラマも複雑に描かれていて、観ていて共感できたり心を揺さぶられる部分がたくさんあります。実際どのくらい事実に基づいているのかは分かりませんが、フィクションだったとしても映画としての完成度が高いので、何度でも観たくなる名作だと思います。

まとめ

TSUTAYA DISCASに初めて登録する方は、30日間無料
無料期間のみ楽しみたい方は、無料期間内に解約してもらうだけでOKです!
ぜひ無料期間を利用して視聴しちゃいましょう!!

「ソーシャル・ネットワーク」は
\TSUTAYA DISCASで宅配レンタル中!/

※本ページは2022年6月時点の情報になります。
最新の配信状況はTSUTAYA DISCASへ!

タイトルとURLをコピーしました