未来への10カウント(ドラマ)公式見逃し動画配信や再放送を無料で1話~全話フル視聴する方法【木村拓哉主演】

『未来への10カウント』を無料でフル視聴できるおすすめの動画配信サービスをご紹介します!

見逃してしまった方もう1度見たい方に必見です!

「未来への10カウント」は
U-NEXTで配信中!/

※初回登録31日間無料
※無料期間内の解約OK!

「未来への10カウント」とは?

2022年4月14日より毎週木曜日に放送中のドラマ「未来への10カウント」。
こちらのドラマは福田靖のオリジナル脚本となっており、木村拓哉主演で放送中です。
主演を務める木村拓哉は、高校ボクシング部のコーチを演じます。
生きる希望をなくした男が、人生のリングに返り咲くという学園スポーツドラマとなっています。
様々なドラマで主演を務めてきた木村拓哉ですが、学園スポーツドラマは初挑戦!!
是非今までとは違う姿に注目してご覧ください。

《高校ボクシング部のコーチ》となって
学園スポーツドラマに初挑戦!!
《生きる希望を完全喪失した男》がこの春、
青臭くも熱き高校生たちと共に…
《人生のリング》に返り咲く!
 生きる希望を失った主人公・桐沢を中心に、本作で描かれるのは《世代を超えた青春群像劇》です。当初は母校・松葉台高校のボクシング部にコーチとして戻ることに、まるで乗り気ではない桐沢…。しかし、「いつ死んでもいい」とまで言い切ってしまう自分を心配する親友や恩師から強引に背中を押され、コーチを引き受けた桐沢は、「強くなりたい」「勝ちたい」と汗まみれになってサンドバッグを打つ高校生たちを目の当たりにするうち、自分自身の中にも少しずつ《熱いもの》がよみがえってくるのを実感! 青臭くもがむしゃらな熱を秘めた高校生たちと真剣に向き合い、ぶつかり、共に悩み、鼓舞し合いながら――桐沢は迷える若者たちを変えていくと同時に、自分自身も変化を遂げ、《新たな未来》に向けて走り出していきます。
 社会全体に閉塞感が漂い、未来への希望が見出しにくい今の時代。そんな中、つい失ってしまいがちな熱い気持ちを思い出させてくれる…! そんな人生の応援歌ともいえる《青春スポーツ・エンターテインメント》。主演の木村を中心に、近日発表予定の豪華実力派キャスト陣が一致団結してお届けする《熱きドラマ》を、ぜひ明日への活力にしてください。

 高校時代にボクシングで4冠を達成するという輝かしい功績を打ち立てながらも、その後は度重なる不運に見舞われ、今では完全に生きる希望を失ってしまった桐沢祥吾(木村拓哉)。彼はピザの配達アルバイトで食いつなぐ一方、「いつ死んでもいい」と口にする日々を送っていた――。
 そんな彼をなんとか元気づけようとしていたのが、高校時代に桐沢と共にボクシング部で汗を流した親友・甲斐誠一郎(安田顕)だった。だが、あの頃とはまるで人が変わり、頑として明るい未来を想像しようともしない桐沢…。彼の今後を本気で心配した甲斐は、母校・松葉台高校ボクシング部の前監督・芦屋賢三(柄本明)に相談し、桐沢を芦屋の後任に抜擢しようとする。もちろん、桐沢本人は至って後ろ向き。だが、恩師である芦屋から土下座までされた桐沢は、むげに断ることができず、監督ではなく“臨時コーチ”として母校に舞い戻るのだが…。
 松葉台高校は今や、昔と違って東大合格者も出す進学校。芦屋が監督を退いてからというもの、ボクシング部もみるみる弱体化していた。しかも、校長の大場麻琴(内田有紀)は部活承認に必要な部員数を満たしていないことを大義名分に、近々ボクシング部を潰そうと画策! そんな中、突然顧問に任命された折原葵(満島ひかり)も、ボクシングに対する思い入れや知識がまるでなく…。
 熱意がまったく感じられない新コーチと新顧問を目の前に、さまざまな思いに駆られるボクシング部の面々。その矢先、桐沢がかつて4冠を達成した人物だと知った部長・伊庭海斗(髙橋海人)は何を考えたか、いきなり公開スパーリングを申し込み…!?

 廃部を回避するため何が何でも新入部員を獲得しようと考えた松葉台高校ボクシング部の部長・伊庭海斗(髙橋海人)は、臨時コーチに就任したばかりの桐沢祥吾(木村拓哉)に頼み込み、新入生たちの前で公開スパーリングを敢行。その結果、3名の新入部員が入り、ボクシング部は廃部を免れたのだが…。
 一難去ってまた一難。あろうことか、公開スパーリング中に伊庭が桐沢のパンチを避けきれず負傷していたことが、ボクシング部を潰そうと画策する校長・大場麻琴(内田有紀)の耳に入ってしまったのだ。麻琴はすぐさま桐沢を呼び出し詰問。桐沢は怪我をさせた事実を認め、全責任を取って辞任することを決意する。だが、桐沢のコーチ続投を切望するボクシング部顧問・折原葵(満島ひかり)と伊庭は、全力で麻琴と交渉。そんな彼らの熱い思いは、人生に対してもボクシング部に対しても後ろ向きだった桐沢の心に、かすかな変化をもたらすことに! なんと、これまでは部員たちの練習を眺めているだけだった桐沢が、ついに指導を開始し…。
 そんな桐沢に向かって、ボクシング部の生徒たちがいきなり、2カ月後に開催されるインターハイ予選に出場したいと言い出した! 基本もままならない今のボクシング部には到底無理だと判断する桐沢。だが、部員たちは一歩も引かない。一方、麻琴は「部活動の指導は本校教職員が行うこととする」という、大昔に作られた学校の管理運営規定を持ち出し、桐沢を今度こそクビにしようとし…!?

 2カ月後のインターハイ予選に出場し、強豪・京明高校を倒す…! 無謀ともいえる目標に向かって走り出した松葉台高校ボクシング部。同校の非常勤講師となり、ボクシング部のコーチも続けることになった桐沢祥吾(木村拓哉)は指導に本腰を入れていた。そんな桐沢にある朝、唯一の女子部員・水野あかり(山田杏奈)が「ケンカで勝てるボクシングを教えてください」と、思い詰めた表情で訴えてくる。授業の時間が迫っていた桐沢は、あかりの言動が気になりながらも、「あとで話そう」と言い残し校舎の中へ。だが、この出来事について桐沢から聞いたボクシング部顧問・折原葵(満島ひかり)は「生徒の問題に非常勤の先生は関わらなくていい」と、桐沢の介入をけん制する。
 やがて部活の時間がやって来た。しかし、あかりは基本練習に励む部員たちの前で「インターハイとかどうでもいい。私は強くなれればいい」と言い放ち、桐沢に別メニューの指導を要求。しかも、桐沢と葵から却下されるや、「ボクシング部をやめる」と言って、練習場から飛び出してしまい…!
 まもなくボクシング部のマネージャー・西山愛(吉柳咲良)の証言から、あかりの複雑な家庭環境が明らかになる。母・響子(吉沢梨絵)はあかりの父の死後、銀行員・今宮智明(袴田吉彦)と再婚したが離婚。その今宮が最近、家に押しかけては響子に復縁を迫り、時には暴力も振るうというのだ! 事情を知り、あかりのことを心配する桐沢。だが、校長の大場麻琴(内田有紀)からも「この件は正規の教職員で対応する」と、くぎを刺されてしまい…。その矢先のことだ。なんと桐沢の親友・甲斐誠一郎(安田顕)が経営するボクシングジムに、あかりが現れ…!?

 東大合格者数でもクラブ活動でも京明高校に勝つことに躍起になる松葉台高校の校長・大場麻琴(内田有紀)は、ボクシング部がインターハイ予選で京明に負けたらコーチの桐沢祥吾(木村拓哉)をクビにする、と勝手に決定。ボクシング部顧問・折原葵(満島ひかり)は「そんな約束はしていない」と食い下がるが、麻琴は聞く耳を持たない。
 一方、桐沢とボクシング部員たちは「打倒・京明」を合言葉に、練習に打ち込んでいた。ところが突然、スパーリングをしていた部長・伊庭海斗(髙橋海人)と玉乃井竜也(坂東龍汰)が、まるで乱闘のように激しくぶつかり合いだす。異変を察知した桐沢がよくよく話を聞いてみると…なんと2人はマネージャーの西山愛(吉柳咲良)をめぐり、密かに恋のライバル関係だったことが判明する! しかも、伊庭は部員たちの前で、「リングの中心で西山愛と叫ぶ!」と宣言。これまで誰にも打ち明けることなく、愛への恋心を募らせていた伊庭は、自分にとって高校最後の試合となる今年のインターハイ予選で勝ち、愛に告白すると決めていたというのだ。
 そんな中、葵から特別コーチを依頼された桐沢の親友・甲斐誠一郎(安田顕)は、部員たちを勝たせるため、必殺パンチを伝授する。ところが、桐沢は今の彼らにはレベルが高すぎると判断。中でもボクシングセンスのない伊庭には、基本中の基本であるワンツーパンチのみで戦わせようとするが…。
 そんな中、ついにインターハイ予選の日がやって来た! 恋と高校最後の試合――青春のすべてを懸け、伊庭は運命のリングに上がるが…!?さらにひょんなことから桐沢が葵の自宅を訪れることに…こちらでも恋の予感を感じさせる展開に…!?

 今ではすっかり弱体化した母校・松葉台高校ボクシング部と共に、コーチ・桐沢祥吾(木村拓哉)が背水の陣で挑んだインターハイ予選。だが、ただひとり2回戦へ駒を進めた女子部員・水野あかり(山田杏奈)も、圧倒的に格上の京明高校に破れてしまう。結果はともあれ、全力でぶつかったあかりを心からたたえる桐沢。ところが…!
 京明に負けたことを理由に、松葉台高校の校長・大場麻琴(内田有紀)は桐沢にコーチ解任を宣告。過去に幾度も人生の辛苦をなめてきた桐沢は、早々に「そういう人生だから、どうしようもない」と諦め、コーチおよび非常勤講師を辞めることに…。希望が見えない日々の中で、ようやく得た“生き甲斐”をいとも簡単に手放そうとする桐沢を、なんとか引き留めようとするボクシング部顧問・折原葵(満島ひかり)。部員たちも一方的に告げられたコーチ解任に憤慨する。
 だがそれぞれ、やりきれない思いを抱えつつも、前へ進まなければならない。葵は部員たちを鼓舞するため、元プロボクサーでもある桐沢の親友・甲斐誠一郎(安田顕)に新コーチになってほしいと依頼。桐沢も「お前なら安心して、あいつらを任せられる」と、甲斐にボクシング部の未来を託す。
 ところがその矢先、大阪から凄腕の1年生・西条桃介(村上虹郎)が転校してきて、ボクシング部に入部! 「この中じゃ、俺が一番強いやろうな」と生意気な口を叩く西条、そんな彼の実力を見て「うちのエースになる!」と興奮する甲斐に、部員たちは反感を覚え…。
 そんな中、真面目な1年生部員・江戸川蓮(櫻井海音)が突然、行方不明になった! 警察も動くほどの事態になっていると知った桐沢は心配でたまらず、江戸川を探す。部員の絶体絶命の危機に桐沢はとんでもない行動に出るが…!?

 宅配ピザのアルバイトをしている松葉台高校ボクシング部のコーチ・桐沢祥吾(木村拓哉)はある日、デリバリー先で思わず言葉を失ってしまう。注文主の女性が亡くなったはずの最愛の妻・史織(波瑠)と同じ顔だったからだ!
 一方、ボクシング部はきたる関東大会に向け、練習に精を出していた。そんな中、パンチを当てないスパーリング=マスボクシングをしている最中、部内一の実力を持つ1年生・西条桃介(村上虹郎)のパンチが、同じバンダム級の友部陸(佐久本宝)の目に当ってしまう。相変わらず生意気な西条は謝りつつも、ほかの部員から責められるや、ムキになって友部を見下す始末…。かたや、眼科の診察で目は無傷だったと判明しつつも、もともとボクシングには向いていないと自覚していた友部は意気消沈。西条と試合で当たったら確実に負ける、と涙ながらに吐露する彼を、桐沢は懸命に励ますが…。
 その直後、友部を連れて眼科を訪れていた桐沢とボクシング部顧問・折原葵(満島ひかり)、桐沢の親友・甲斐誠一郎(安田顕)は会計時に思わず息をのむ。何たる偶然か…会計事務をしていたのは史織と同じ顔のあの女性だったのだ! 激しく動揺する桐沢。その姿を見た葵もまた、静かに動揺。さらに、そんな葵に密かに恋心を寄せていた甲斐も、ショックを受け…。
 その矢先、ボクシング部に新たな試練が降りかかる。松葉台高校の校長・大場麻琴(内田有紀)が何を考えたか、勝手に強豪・京明高校ボクシング部との練習試合を取り付けてきたのだ! 「打倒・京明」という大目標をふたたび突きつけられ、大半の部員がビビる中、自信満々の西条。そんな彼らに対し、桐沢は出場メンバーをとんでもない方法で決めると言い出し…!?

 弱小・松葉台高校ボクシング部と強豪・京明高校の練習試合が始まった! コーチ・桐沢祥吾(木村拓哉)が選抜した松高の出場メンバーは苦戦しながらも、全力で京明と対戦。ところが…松高唯一の女子部員・水野あかり(山田杏奈)がインターハイ予選で大敗を喫した奥村紗耶(山本千尋)に再度挑もうとしたその時、予期せぬ事件が起こる。部内一の実力がありながらも桐沢の采配で出場メンバーから外され、試合会場にも姿を見せなかった西条桃介(村上虹郎)が、上級生2人に殴りかかったのだ! 現場を目撃した松高の教師・間地真実(八嶋智人)はすぐさま、校長・大場麻琴(内田有紀)に報告。桐沢とボクシング部顧問・折原葵(満島ひかり)は緊急の呼び出しを食らい、あかりの試合は中止になってしまう…。しかも西条は、桐沢に試合から外されイラついていたと主張。桐沢も自らに責任の一端があると認めたため、ボクシング部は期間未定の活動停止を言い渡されてしまう!
 とんだとばっちりに憤慨し、西条への怒りをあらわにするボクシング部の面々。だが、桐沢はなぜか西条のことを一切責めようとはせず、淡々とした態度で生徒たちを家に帰す。かたや、部員たちの気持ちが痛いほど分かる葵は、桐沢の対応を非難するが…!?
 実は、桐沢にはこの一件でどうにも引っかかることがあり、西条が何かを隠していると察していた。真実を確かめるため、桐沢は自宅謹慎処分になった西条の自宅を訪問。ところが「本当のことを言え」と語りかける桐沢に対し、西条は「そういう大人が一番嫌いやねん」と背を向け…。
そんな中、“これまでにない方法”で西条やボクシング部と向き合い、完全決裂の危機に陥った部を立て直そうとする桐沢。だが、その先には…“あまりにも残酷な未来”が待ち受けていた――!

桐沢祥吾 – 木村拓哉
折原葵 – 満島ひかり
甲斐誠一郎 – 安田顕
伊庭海斗 – 髙橋海人
水野あかり – 山田杏奈
西条桃介 – 村上虹郎
日比野雅也 – 馬場徹
坂巻勝夫 – オラキオ
玉乃井竜也 – 坂東龍汰
友部陸 – 佐久本宝
西山愛 – 吉柳咲良
江戸川蓮 – 櫻井海音
天津大地 – 阿久津仁愛
森拓己 – 大朏岳優
矢代智香 – 山口まゆ
野崎太一 – 三浦獠太
槙浩介 – 富樫慧士
折原楓 – 滝沢カレン
折原圭太 – 川原瑛都
間地真実 – 八嶋智人
桐沢史織 – 波瑠
大野倫子 – 富田靖子
芦屋賢三 – 柄本明
芦屋珠江 – 市毛良枝
大場麻琴 – 内田有紀
猫林はじめ – 生瀬勝久
梅田涼子 – 高月彩良
田中雅志 – 松浦慎一郎
奥村紗耶 – 山本千尋

「未来への10カウント」配信状況

配信状況を調べてみました!

配信状況無料期間
U-NEXT

レンタル
31日間
FOD PREMIUM
×2週間
Hulu
×2週間
ABEMA
×2週間
TSUTAYA DISCAS
×30日間
Paravi
×2週間
Amazonプライム

レンタル
30日間

※本ページは2022年6月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトでご確認ください!

U-NEXTとは?

U-NEXTは月額2,189円(税込)で、最新映画から海外ドラマ、韓流ドラマ、アニメ、国内ドラマ、NHK作品も視聴できる動画配信サービスです!

★見放題作品数国内NO.1!
★雑誌70誌以上が読み放題
★毎月1,200円分のポイント付与
※ポイントはレンタル作品や電子書籍に利用可能
初回登録31日間無料&600円分のポイントプレゼント

詳しい登録方法はこちらから

⇩ ⇩ ⇩

感想

木村拓哉と満島ひかりの掛け合いがとにかく最高に良いです。二人ともベテラン俳優感ある素晴らしい演技力を見せてくれるため、より世界観にどっぷり浸って楽しむことができました。そして何よりも、木村拓哉の人との向き合い方や他人の意思をしっかりと尊重して口出しを変にしないという優しさの持ちようには感心しますし、彼こそが理想の大人像だなと思いました。また、主題歌はB’zの曲が使われており、非常にドラマの世界観やストーリー内容とマッチしていたので良かったです。この作品を通してボクシングという競技が好きになりましたし、実際に自分でも経験してみたいという新しい考えを持つようになれました。「現実はそんなにも簡単にうまくはいかない」という現実味ある側面と、「それでも諦めずにトライする」という根性的考えが魅力でした。

キムタクは何をやってもキムタクは、最早褒め言葉まで昇華したな、と感じる作品。
落ちぶれてやさぐれた元ボクサー、という触れ込みでしたが、ただのカッコいいスポーツマンです。どんな役でも、どんな設定でも、キムタクはキムタクでカッコいいままだと再認識。しかも、共演に内田有紀なんて、90年代を生きたアラフォーアラフィフ世代には堪らないキャスティング。内田有紀も、昔から変わらない美しさで、役柄的にピシッと決めたセレブ感とキチンと感のある衣装も毎回素敵です。
一応、ジャンルは学園スポ魂モノなんだろうけど、世代的に生徒役の若い俳優さんたちより、職員室の皆様に注目してしまいます。あんな先生たちに見守られる学園生活、最高じゃない?と妄想しながら見ています。

廃部寸前のボクシング部を立て直していく話かと思いきや、そうではなく、主人公の桐沢コーチを中心に、周囲の人間が良い意味で影響されたり成長して行ったりする過程が見られました。初めは自分なんていつ死んでもいいと言っていたが、ボクシング部のコーチを通じ改めて自分の存在意義を確認させてくれた部員たちに感謝をしていました。挫折経験があるからこそ、迷っている高校生へ響く言葉をぶつけている姿が印象的です。非常勤講師としての授業も、部員への言葉も桐沢の経験から自然と出ているものだから、相手にも響くものがあります。また、度々部員たち自らで答えを出させようとするシーンがあり、それぞれが納得して出した答えだからこそ、意志を持って先に進めている様子が印象に残りました。

一度ボクシングで華々しい現役生活を送っていた桐沢が数々のトラブルに見舞われ転落していき、再びボクシングで目覚めると言うシンプルですけど素晴らしい復活劇が観ててスッキリしました。結婚もしたけど残念ながらそれも悪い形で終わり、気持ちを切り替えようと自営で店をやったのにそれも出来なくなるなんて普通の人にはちょっと耐えられない事だと思います。しかし黙々と桐沢はそれを受け入れ生きていたので、精神力はすごいんだなと感じました。生徒達の強くなりたい、ボクシングが好きと言う純粋で真っ直ぐな気持ちに触れてだんだん変わっていったんでしょうね。ボクシングシーンは見応えあるし、葵との恋の行方もあるしで多方面で見どころの多いドラマだと思います。

家族がキムタクファンなので観ているものをなんとなく観ているくらいでした。
ボクシングが題材でキムタクは嫌いじゃないけど、なんとなく男性が好きそうなドラマなのかなぁと感じていましたが、淡々としたドラマにも関わらず、最終回を目の前にした今、見逃すことができないほど今期、1番ハマっているドラマです。
ボクシングはさほど、全く詳しくはないのですが木村拓哉さんの努力がボクシングを通し垣間見れるドラマで見入ってしまいます。
満島ひかりさんの演技力の高さと同性が観ても可愛らしいと感じる自然体で可愛らしい演技。
木村さんの同級生役を演じている方の演技力の高さがよりドラマに深みを感じられています。

毎週楽しみに見ています。
なんと言っても俳優さん達の演技がすごすぎる!
木村拓哉さん、満島ひかりさん、虹郎くんをはじめ、脇役の俳優さん達も演技力の高い方たちばかりなので、ストーリーにのめり込んでしまいます。
人生思い通りにいかない、でも生きていかなければならない、そして、人生やり直すのに年齢は関係ない、そんなことを考えさせられるドラマです。
自分が高校生の時にこんな先生やコーチに出会いたかった。その後の人生観、何か違っていたのでは、と。
見てる時はそんなことより、ストーリーの面白さに夢中になっていますが笑
純粋に、高校生の人間模様や、わかりやすいサクセスストーリー、今後の展開を期待しながら安心して見ていられるドラマです。

ボクシングを諦めなきゃいけない高校生に対して木村拓哉さんが言ったセリフが印象的なシーンがありました。それは、「今はくじけていても良い。ただ、時間が解決するわけではないから、人に出会って人と話をしてそうすることによって解決できるから。一人じゃないからな。」と言った言葉が心に残りました。どうしても諦めなきゃいけないことやどうにもならないことがあるけれど、人と関わりを持つことで変わるから自暴自棄にならずいることが大事だと改めて気づかせてくれるセリフでした。今の時代、自殺をする人が増えているので1人で悩みを抱えている人たちに対して伝えているような言葉だったので感慨深かったです。心に残る言葉で自分も何かあった時はこの言葉を思い出そうと思いました。

いくつになっても存在感があり、かっこよくあり続ける木村拓哉さんの凄さを再確認できるドラマになっています。木村さんが高校教師を演じるというイメージがあまり湧かなかったので、見始めた頃はとても新鮮に感じました。そしてボクシングをするシーンは実際にやっていたのではないかと思うほどに見事な姿勢やパンチを見せてくれてついつい見惚れてしまいました。そして生徒役の俳優さんたちも演技がとても上手で、ストーリーにどんどん引き込まれていきました。特に途中から入部してきた転校生を演じる村上虹郎さんの迫力ある演技はさすがでした。村上さんの登場でドラマ全体がぐっと面白くなったように感じますし、木村さんとの掛け合いは緊張感があって目が離せません。

人生を諦めている主人公がこれからどのように変化していくのか、またそんな彼がコーチをする生徒たちもどのように変化していくのか、そしてそこにまっすぐな満島ひかりがどのようにミックスされていくのか今後の展開がすごく楽しみ。

福田靖脚本、木村拓哉主演、このペアでのドラマはどうしても期待してしまうのは自分だけではないと思う。
木村拓哉はこれまでにピアニストやレーサー、検事やボディガードなどといった様々な職種を演じてきたが、今回はボクシング!
またそこに高校教師と焼き鳥屋を追加。
今までとはまた一味違った木村拓哉の演技が見れると思うと今後の展開がすごく楽しみになった。

まとめ

『未来への10カウント』はU-NEXTで配信中です!
初めて登録する方は、31日間無料&600円分のポイントプレゼント!
無料期間のみ楽しみたい方は、31日間以内に解約してもらうだけでOKです!
ぜひ無料期間を利用して視聴しちゃいましょう!!

「未来への10カウント」は
U-NEXTで配信中!/

※本ページは2022年6月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトでご確認ください!

タイトルとURLをコピーしました