佐藤勝利 ルールを作るなら映画『ブラック校則』を観ること? それぞれが想う<ブラック校則>とは!?
<10/22(祝火)完成披露舞台挨拶実施レポート>

share


 
この度、10月22日(火・祝)に、お昼に行われた“立ち上がれ今だ早く!自由はそこにある!<高校生限定>緊急集会!”の後に<映画『ブラック校則』完成披露舞台挨拶>を実施しました。
 
映画『ブラック校則』の完成披露が行われ、お昼に行われた緊急集会!の熱気もそのままに佐藤勝利さん、髙橋海人さん、モトーラ世理奈さん、田中樹さん、箭内夢菜さん、堀田真由さん、菅原監督の順に登場し、最初に一言挨拶と共に撮影時の共演者との想い出を語りました。
 
佐藤さんは「今まで主演を演じてきたことはあるけれど、今回の初めての単独主演作品が本作でとても嬉しいですし、校則という側面だけでなく、社会的なメッセージも込められていて、高校生だけではなく、大人も楽しめる作品です!」と熱く語りながらも、「あれなんか緊張させてますよね?笑」と佐藤さんらしく場を和ませつつ、「創楽っぽく言うと、みんなにありのまま感じて受け取ってほしいと思います」と真剣に語りました。撮影時については、(田中さんが「かっこいいこと言ってよーとボソッというと」)、「えーっ」と笑いつつ、「出演者10人ほどでご飯に行った時、(田中さんに)ありがとうと言ったら、もう払ってるからと……」そうすると客席からは「ふ~!」と歓声があがり、田中さんはさわやかに「ありがとう!」と満面の笑み。そこにかぶせるように佐藤さんは「樹くん!これで満足ですか!笑」と爆笑に包まれながら語りました。
 
佐藤さんに「次にしゃべる人は僕のかっこいいエピソードを…!」とふられた髙橋さんは「俺かぁ~」と微笑みつつ、「中弥は、作品中とてもふざける役どころで僕自身が狙ってふざけたところを、監督が笑ってくれたときは嬉しくて!」と役の中での監督とのエピソードを語り、さらに「勝利くんのかっこいいところは二人で決起集会をして、その時にいっぱいお話させていただいて、(佐藤さんが)海人はこの作品を楽しんでくれたらいいから!と後押ししてくれてかっこいいなって。そうかと思うと、椅子にちょこんと座って台本を読んでいる姿はわんちゃんみたいでかわいかったり(笑)勝利くんのおかげで楽しもうって想えてとってもありがたいなって」と笑顔。
 
モトーラさんは「皆さんどきどきわくわくしながら楽しんでください!」と完成披露の喜びを伝え、田中さんは「撮影のエピソードについては個人的に絶妙な思い出がある」と真剣な面持ちで語り、「ドラマ1話の時に創楽につっかかるシーンがあって、そこで、監督に本当に嫌な奴に見えますねと褒められて……(笑)ミチロウを演じている姿がしっかり伝わっているなと思いつつなんとも絶妙な気分でした(笑)」と笑いを誘うと、監督は「これは本当にすばらしいってことですよ!」と絶妙なキャッチボールを壇上で交わしました。
 
箭内さんは「映画ではとてもまじめな樹羅凛(きらり)がどう成長するか注目してほしいですし、大人にも響く作品なので、是非周りに宣伝してください!」と元気な言葉を。さらに「陸上部の役だったのでたくさん走ったり、みんなで楽しくご飯に行ったり、ゲームしたりすべてが良い思い出です!」と撮影時を振り返りました。
 
堀田さんは「今日は完成披露ということですごくドキドキしています!」と緊張しつつ、「撮影中は言い間違いが多くて田中さんを困らせて…」と申し訳なさそうに一言話すと、田中さんは「あれは笑いすぎて、大変でしたよ!言い間違いがすごくて、撮影中、笑うモードに切り替わって、ミチロウがミチロウじゃなくなって(笑)」と和気あいあい。
 
菅原監督は「樹くんのエピソードがさらにあって…」とにやり。「創楽を柔道場で投げとばすシーンで、(田中さんが)最初は本当は嫌なんですけど…と言っていたのに徐々にニヤニヤとしていって…(笑)」と暴露すると、すかさず田中さんが「本当はいいやつです!」とかぶせるなど、会場は和やかな雰囲気に包まれました。
 

 
そこから、トークテーマに移り、<SNSを中心に『ブラック校則』が映画に留まらず、現在放送・配信中のドラマ・Huluでも盛り上がっている>ことに触れ、佐藤さんは「メンバーもみんな観てくれて!特に僕を翻弄するあのケンティー(Sexy Zone・中島健人)からエンドロールの写真とグーサインの絵文字だけが送られてきたので、心に響いていたようですごく嬉しかったですね!」と目をキラキラさせました。
 
続いて<学生生活で経験したブラックだったルール>の質問におよび、佐藤さんは「(髙橋さん・田中さんの)僕ら三人は同じ高校でほぼブラックで厳しかったですよね~。校門で礼をしないと校内に入れなくて…。帰宅時もそうでした。礼に始まり礼に終わる高校でした」と、本作に出てくる高校と似ている部分を語り、髙橋さんは「高校が恋愛禁止で(笑)生徒手帳に恋愛禁止と書いてあって本当に少女漫画の世界かよ!って思いました。実はKing & Prince内でも恋愛禁止っていうのをリーダーの岸くんが決めたんです。これからずっと先、何十年、何百年、来世まで歩んでいくからこそ恋愛禁止にしよう!って頼れるリーダーが(笑)」と観客の笑いを誘いました。
 
さらに、佐藤さんは「登下校は、みんな帰宅時に遊ばないように学年ごとに帰るルートが違うんですよ」と珍しい校則を上げ、「仲の良い樹くんと、登下校できなくて、ご飯に行くときは一度駅で待ち合わせて、よくご飯にいってました。…あれ?その時もおごってくれましたよね?樹くんはかっこいいなぁ!」と後輩らしいかわいい一面を見せ、田中さんは「良いところどんどん出てくるのよ!」と先輩の姿を見せていました。
 
それに続き、モトーラさんは「母校でも地毛証明書があって、本作と一緒で地毛が茶色なので、(証明書を)出さないといけないんですけど…出しませんでした(笑)」とまさに役柄と同じ高校生活を送っていたことを告白。
 
箭内さんは「職員室に入るときに学年・名前・〇〇先生に会いに来ました、入室してもいいですか?と申告していましたね」と話し、堀田さんは「高校では寮生活だったので、門限が厳しくて制服で出かけることが難しくて残念でした…」とそれぞれの高校生活を語りました。
 
<自身で校則を作るなら?>と司会にふられた、佐藤さんは「映画「ブラック校則」を絶対に観ないといけないという校則を作りますね!自腹で!」と会場を沸かせ、髙橋さんは「校則に縛られるのが苦手だからなぁと」と語りつつ、「自由に笑っていたいから、一日5時間笑わないといけない校則を作りますね!」と、きつい?校則を上げ、会場は幸せな雰囲気に包まれました。
 

 
その後のフォトセッションは、笑顔で手を振りながら和やかに進み、最後、佐藤さんの挨拶では「泣かないですけど…(笑)」と今までを振り返りつつ、「主演が僕で、主題歌が所属しているSexy Zoneで、応援していてくれるみんながいるからこそ力をもらえて嬉しい限りです。これからどんどん『ブラック校則』を盛り上げていきたいですね!」と熱い気持ちを語り、観客の温かい雰囲気に包まれながらイベントは終了しました。