いま会いにゆきます/公式見逃し動画配信を無料でフル視聴する方法【映画】竹内結子×中村獅童共演/あらすじ・キャスト・感想まとめ

「いま、会いにゆきます」を無料でフル視聴できる動画配信サービスをご紹介します!

見逃してしまった方もう1度見たい方に必見です!

「いま、会いにゆきます」は
プライムビデオで配信中!/

※初回登録30日間無料
※無料期間内の解約OK!

「いま、会いにゆきます」とは?

2004年公開映画『いま、会いにゆきます』は、同名小説を原作に「ビューティフルライフ」や「GOOD LUCK!!」などの作品をてがけた土井裕泰監督による感動作。竹内結子さんと中村獅童さんが夫婦役を演じ、死んだはずの妻と再会し、奇妙な共同生活を送る物語。

いま、会いにゆきます(プレビュー)

秋穂巧(中村獅童)は妻の澪(竹内結子)に先立たれ、1人息子の佑司(武井証)とつつましく暮らしていた。ある雨の日、妻にそっくりの女性が現れるが、彼女は記憶喪失だという。

Yahoo!映画より

秋穂澪:竹内結子

秋穂巧:中村獅童

秋穂佑司:武井証

高校生の巧:浅利陽介

高校生の澪:大塚ちひろ

18歳の佑司:平岡祐太

アヤ(佑司の同級生):美山加恋

澪の大学の友人:田中圭

永瀬みどり:市川実日子

浜中晶子(佑司の教師):YOU

ケーキ屋店主:松尾スズキ

野口医師:小日向文世

司法書士事務所所長:中村嘉葎雄

「いま、会いにゆきます」配信状況

配信状況を調べてみました!

配信状況無料期間
Amazonプライム
30日間
FOD PREMIUM
2週間
Hulu
×2週間
U-NEXT
×31日間
ABEMA
×2週間
TSUTAYA DISCAS
30日間
Paravi
×2週間

※本ページは2022年6月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトへ!

Amazonプライムビデオとは?

Amazonプライムビデオは月額500円(税込)/年間4900円(税込)で、映画、ドラマ、アニメ、バラエティ、プライムビデオのオリジナル作品が視聴できる動画配信サービスです!

★月額500円(税込)/年間4900円(税込)で会員特典対象の映像作品見放題
★Prime Musicで200万曲以上聴き放題
★Amazon Photosで写真を容量無制限に保存
★Prime Readingで対象の雑誌・漫画など読み放題
★PC/スマホ/タブレット/TVで対応可能!
★お急ぎ便・お届け日時指定便使い放題
初回30日間無料トライアルあり

↓ Amazonプライムビデオで配信中の作品! ↓


【バラエティ】
・ドキュメンタル
・バチェラージャパン
・相席食堂
・M-1

【映画】
・検察側の罪人
・Diner
・HERO
【アニメ】
・約束のネバーランド
・美少女戦士セーラームーン

感想

愛することの尊さを感じさせてくれる作品でした。
ストーリーとして最後に意外性もありますが、その部分を除いても心が温かくなるので何度でも観たくなります。
大好きな作品でどのシーンも見どころなのですが、一番はやはり夫である巧が記憶を無くしている妻の澪に自分たちの恋のエピソードを聞かせているところです。
回想シーンの丁寧さも良いですが、澪が本当に幸せそうにその話を聞いていて、記憶がない状態ながらにもう一度巧に惹かれていくところはとても素敵です。
この表情が物語終盤で事実が明かされた時の納得感への布石にもなっているので見逃すわけにはいきません。
夫婦愛も素晴らしい映画ですが、親子の愛情も忘れてはいけません。
幼い息子に対して記憶がなくて戸惑いながらも優しく接する澪は愛情に溢れていてそれを自然に演じていた竹内結子さんはさすがの一言です。
単純に自分が産んだ子供だから可愛いという母性ではなく、心から慈し表情はちょっとした神々しささえも感じさせてくれます。
夫婦、親子、そして回想シーンでの若い恋と様々な愛の形を見せてくれるので、鑑賞後は自分も誰かに愛情を注ぎたくなってしまいます。
「面白い」という言葉は当てはまらないけど大好きになれる、心を動かしてくる映画でした。

この映画を見る前は正直、話題になるくらい人気の映画作品ではあるものの期待はしていませんでした。よくある恋愛物の映画だと思っていたからです。ただ、実際に映画を見ていくと想像してした恋愛物語とは違いました。時間を超えた人を思う気持ちだったり愛情が、こんなにも美しく心が洗われるように感じるとは思っても見ませんでした。母親としての愛情、夫婦として相手に送る愛情って言うのはなかなか形にするのは難しいものだと思うのですが、作品を通して人を思う気持ちは言葉や形に残しておかないと後悔してしまうこともありますし、自分のためにも相手に伝えることは大切だと思いました。当たり前のように感じる生活なんて失ってから気づくのではあまりにも遅すぎます。今という時間をどう過ごすかというのは人生のテーマにもなりますし、自分の人生でも人は未来や過去を考えすぎて、今という時間は置き去りにされてしまうことが多いと思うので、きちんと考えていきたいことだなと感じました。家族のあり方だったり、愛情や生き方など人生における大切なテーマがたくさん詰まった作品だと想いましたし、初めはどんな展開になるのかと不思議でたまりませんでしたが、後半に渡り謎が溶けたとき感動で号泣しました。何度でも見たくなる作品です。

この映画を見る前は正直、話題になるくらい人気の映画作品ではあるものの期待はしていませんでした。よくある恋愛物の映画だと思っていたからです。ただ、実際に映画を見ていくと想像してした恋愛物語とは違いました。時間を超えた人を思う気持ちだったり愛情が、こんなにも美しく心が洗われるように感じるとは思っても見ませんでした。母親としての愛情、夫婦として相手に送る愛情って言うのはなかなか形にするのは難しいものだと思うのですが、作品を通して人を思う気持ちは言葉や形に残しておかないと後悔してしまうこともありますし、自分のためにも相手に伝えることは大切だと思いました。当たり前のように感じる生活なんて失ってから気づくのではあまりにも遅すぎます。今という時間をどう過ごすかというのは人生のテーマにもなりますし、自分の人生でも人は未来や過去を考えすぎて、今という時間は置き去りにされてしまうことが多いと思うので、きちんと考えていきたいことだなと感じました。家族のあり方だったり、愛情や生き方など人生における大切なテーマがたくさん詰まった作品だと想いましたし、初めはどんな展開になるのかと不思議でたまりませんでしたが、後半に渡り謎が溶けたとき感動で号泣しました。何度でも見たくなる作品です。

亡くなったはずの妻・澪と、現実に残された家族との生活をとても美しく描いた涙なしでは見ることのできない作品です。
映像の美しさと主題歌やサウンドトラックの雰囲気、すべての世界観がパーフェクトにマッチしていました。
出演されている俳優達の演技は目をみはるものがあり、学生時代の演出も素晴らしい。現在と過去では別の俳優が演じていますが、本当に違和感がなく驚きました。
主演の竹内結子さんは本当に美しく愛らしく、なんどでもまた澪に会いたくなる気持ちにさせます。
ただの恋愛映画ではなく、どんでん返しもあり、伏線が回収されていくのがとてもおもしろいので飽きません。
今まで3回ほど見ておりますが、何度見ても涙が溢れますし、心が洗われます。
ただ、一緒に見ていた友人はファンタジー要素が多くて話に入り込めないと言っていましたので、
現実的な内容を好まれる方には向かない作品かもしれません。
心を浄化したい方、優しい気持ちになりたい方には本当にお勧めいたします。
原作にはない描写も出てまいりますので、原作を読まれた方にも楽しんでいただける内容になっていました。
放映されてから時間がたちますが、現在の邦画に引けを取らない作りになっていますので、ご家庭でゆっくりされる際にはぜひご家族と一緒にみてください。

亡くなった妻が、降雨の時間のあいだ、戻って帰ってくる、というシナリオです。
ストーリーも想定の範囲内で動いていきます。最後別れ側で感動するんだろうというのが、大半の方の意見でしょう。
この映画は、試聴させた方の予想を大きく良い面でひっくりかえす結果てなる。やはり、映画とは「想定内」で終わってしまうものほど、ガッカリするものはない。

役者キャスト陣のマッチ性と芝居、演出、シナリオ、テンポの切り替え、そして映像の素晴らしさ、どれもバランスが良く感動はもちろん、やさしい気持ちになれた内容であったと思います。

自分の運命がわかっていても、それを受け入れて前に前に進み立ち上がろうとする澪から、強さを貰いました。もちろん、その姿に、感動し涙腺崩壊状態とならりました。「死」がテーマのストーリーですが、悲しさだけの冷たさでなく、勇気からくる暖かさを感じるあるに意味、不思議な感覚になる映画です。
自分の死をみつめあったとき、あとなにがしてあげらるのか、伴侶に最後まで気遣う健気さ、身の回りの人間に辛さをみせず、接する姿はとにかく愛にあふれ温かみを感じました。

死が分かっていても、澪は巧と佑司と暮らすことを選んだこと「生まれ変わっても一緒でいたい」という意思のあらわれでしょう。感動的な映画でした。

市川拓司さんの小説が基になっているのですが、ファンタジー小説の映画化ということであまり期待はせず、中村獅童さんと竹内結子さんが主演するのが楽しみで観に行きました。原作と大きく違うところはないのですが、世界観が美しくて雨が降るという光景がとてもはかなくて切ないものだと感じます。
子を思う母というのはもちろんですが、夫を思う妻・妻を思う夫の気持ちが丁寧に描かれていて、夫婦や親である前に本当に愛し合っている運命に導かれた二人というのはこういうことかと思わせてくれます。そのぶん、先の展開を小説で知っていると気持ちが先行してしまって、何回も涙が出てしまいました。
しかし、小説とは違い胸が詰まるような切ない気持ちだけで終わるのではなく、その後をしっかりと描いてくれているので、巧(中村獅童)がますますいい父親になり、息子もとてもたくましく、大事な思い出を胸に生きていく姿に不思議な気持ちよさを感じるものの、エンドロールのオレンジレンジの「キズナ」の間は大号泣してしまいつつ、なぜかすごくスッキリとして爽快感に似た感情を抱かせてくれる映画です。子供がいる人だけではなく、大切な誰かのことを考えさせてくれる作品です。

まとめ

おすすめの動画配信サービスはAmazonプライムビデオです!
初めて登録する方は、30日間無料!
無料期間のみ楽しみたい方は、無料期間内に解約するだけ!
ぜひ無料期間を利用して視聴しちゃいましょう!!

「いま、会いにゆきます」は
\プライムビデオで配信中!/

※本ページは2022年6月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトへ!

タイトルとURLをコピーしました