影裏【映画】配信動画・レンタルを無料でフル視聴する方法!綾野剛・松田龍平が共演!あらすじ・キャスト・感想も紹介!

「影裏」を無料でフル視聴できる動画配信サービスをご紹介します!

見逃してしまった方もう1度見たい方に必見です!

「影裏」は
\TSUTAYA DISCASで宅配レンタル中!/

※初回登録30日間無料
※無料期間内の解約OK!

「影裏」とは?

2020年2月に公開された映画『影裏』。
芥川賞受賞作・沼田真佑の小説「影裏」を綾野剛と松田龍平の共演で映画化したヒューマンミステリー。
監督は「るろうに剣心」「3月のライオン」など手掛けた大友啓史。

映画『影裏』2月14日(金)公開!

今野秋一(綾野剛)は、会社の転勤をきっかけに移り住んだ岩手・盛岡で、同じ年の同僚、日浅典博(松田龍平)と出会う。慣れない地でただ一人、日浅に心を許していく今野。二人で酒を酌み交わし、二人で釣りをし、たわいもないことで笑う…まるで遅れてやってきたかのような成熟した青春の日々に、今野は言いようのない心地よさを感じていた。
夜釣りに出かけたある晩、些細なことで雰囲気が悪くなった二人。流木の焚火に照らされた日浅は、「知った気になるなよ。人を見る時はな、その裏側、影の一番濃い所を見るんだよ」と今野を見つめたまま言う。突然の態度の変化に戸惑う今野は、朝まで飲もうと言う日浅の誘いを断り帰宅。しかしそれが、今野が日浅と会った最後の日となるのだった—。
数か月後、今野は会社帰りに同僚の西山(筒井真理子)に呼び止められる。西山は日浅が行方不明、もしかしたら死んでしまったかもしれないと話し始める。そして、日浅に金を貸してもいることを明かした。日浅の足跡を辿りはじめた今野は、日浅の父親・征吾(國村隼)に会い「捜索願を出すべき」と進言するも、「息子とは縁を切った。捜索願は出さない」と素っ気なく返される。さらに日浅の兄・馨(安田顕)からは「あんな奴、どこでも生きていける」と突き放されてしまう。
そして見えてきたのは、これまで自分が見てきた彼とは全く違う別の顔だった。
陽の光の下、ともに時を過ごしたあの男の“本当”はどこにあるのか—。

今野秋一:綾野剛
日浅典博:松田龍平
西山:筒井真理子
副島和哉:中村倫也
清人:平埜生成
日浅征吾:國村隼
鈴村早苗:永島暎子
日浅馨:安田顕

「影裏」配信状況

配信状況を調べてみました!

配信状況無料期間
TSUTAYA DISCAS
30日間
FOD PREMIUM
×2週間
Hulu
×2週間
U-NEXT
×31日間
ABEMA
2週間
Paravi
×2週間
Amazonプライム
30日間

※本ページは2022年5月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトへ!

TSUTAYA DISCASとは?

TSUTAYA DISCASは、月額2,052円(税込)で、 TSUTAYAのDVD/CDが借り放題でご自宅まで配送するサービスです!
初めて登録する方は30日間無料!
無料期間内の解約が可能なので無料期間のみ楽しむこともできますよ!

★TSUTAYA DISCAS(宅配レンタル)を利用することができます!
★PC・スマホで予約→自宅に郵便でお届け→ポストに返却、最短で翌日にお届け!
★地上波放送されない作品、ジブリ作品やCDは、TSUTAYA DISCASで!
※お試し期間中の定額レンタル8プランは、DVDとCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外です。
初回登録30日間無料!
★無料お試し期間終了後、宅配レンタル(定額レンタル8プラン)は新作が8枚まで借りることが可能です。
9枚目以降は旧作のみのレンタルとなります。

↓ TSUTAYA DISCASで配信中の作品! ↓


【TSUTAYA TV】
・鬼滅の刃
・キングスマン
・死にたい夜にかぎって
・30歳まで童貞だと魔法使いに
なれるらしい
・トッケビ
・きみはペット
【TSUTAYA DISCAS】
・ジブリ作品全般
・アメトーーク
・プロポーズ大作戦
・やまとなでしこ
・未成年
・聖者の行進
・人間失格

感想

見知らぬ土地への転勤を命じられても困惑することなく、淡々と営業職をこなす主人公・今野秋一を綾野剛が静かに演じています。たどり着いた場所は岩手県盛岡市で、豊かな自然と穏やかな木洩れ日には傷を癒すような優しさに満ち溢れていました。孤独な今野にとって唯一無二の心の拠り所となる、ミステリアスな同僚・日浅典博役は松田龍平しかいません。仕事終わりに一升瓶を抱えてアパートまでやって来た日浅と、今野が酔い潰れるまで飲み比べをする場面は男同士の友情が熱いです。オフィスでの休憩時間には同じ銘柄のタバコを吸ってほっとひと息、良く晴れた休日には釣り竿を持ってアウトドアレジャー、夏の風物詩・さんさ祭りもふたりで満喫。すっかり打ち解けていく同い年のふたりですが、今どき日浅が携帯電話を持っていないというのは気になりますよね。ある日突然に日浅が今野にひと言も相談もせずに退職してしまう辺りから、ガラリと雰囲気が変わっていきます。日浅がポツリと呟く、「人を見る時にはその人裏側、いちばん影が濃いところ」という意味深なセリフに注目してください。東日本大震災から性的マイノリティーまで、社会的なテーマもさりげなく盛り込まれていて考えさせられるでしょう。

この作品の原作が芥川賞を受賞したことは知っていました。しかし、普段から本を読む習慣のない私、「この作品の舞台である岩手県出身だから」という理由だけで映画館に脚を運んだのです。
特に印象に残ったのは2つ。(地元だからという贔屓を抜きにしても)次々と映し出される、岩手の雄大で、繊細なロケーション。作中何度も現れる釣りのシーンでは、水のせせらぎ、清涼感がもうすぐそばに感じられるような澄んだ清流の景色が。主人公が暮らすアパートもどことなく閉塞感を匂わせながらも、地方独特のゆったりと流れる時間を描いています。
そしてもう1つは、綾野剛、松田龍平の演技の素晴らしさ。この映画全体に漂う、どことなく影のある、得体のしれない感覚を演出しています。その要因はきっと、二人が演じる「間」。言葉と言葉の間に潜む、表に出ない感情がまさにこの映画の真骨頂と言えるのではないでしょうか。
結論を言えば「たまにはこういう映画もいいよね」。純文学の傑作と言われた原作をなぞるように、情緒的な風景、大自然と生活が交差する音、そして淡々と描かれる登場人部たち仕草、感情。見終わったあとにはなんとも言えない、儚いような、もどかしいような、そんな気持ちに襲われる。
激動の毎日に疲れたとき、ちょっとだけ気持ちを立ち止まらせてくれる映画です。

芥川賞受賞作の映画化だけあって、非常に文学性の高い映画に仕上がっていました。小説の雰囲気をそのまま映像にしたような静けさがあり、小説の映画化として大成功していたと思います。
綾野剛さん演じる今野という役柄は、小説よりももっと踏み込んだ解釈がなされていましたが、小説の難しさを補完しているようで良かったです。
もう一人の主役は松田龍平さん演じる日浅です。飄々としていてつかみ所のない役柄が松田さんの演技にぴったりでした。
日本映画を代表する二人が出ているので、非常に豪華な仕上がりになっています。
中村倫也さんは登場シーンは短いながら、とても印象に残る演技をされていて、この物語での救いとなっていました。
また、全編岩手県でロケをしていて、自然がとても美しく描かれていました。
映画の宣伝では日浅の裏の顔や真実を強調するものが多く、なんだかミステリーっぽさが出ていたので、そういう物語の展開を期待している人は肩すかしを食らうかもしれません。
じっくりと人間の心情を描いた作品を求めている人には大いにお勧めできる映画です。
公開当初は外出を控える動きが始まったばかりで、いまいち動員は伸びませんでしたが、じわじわと長く愛される映画だと思います。

冬の凍てつく空気、そして夏の透明感あふれる光。
盛岡の豊かな自然に包まれた、クラフトムービーと呼ぶに相応しい大友啓史監督の作品です。
岩手県出身の彼が惚れ込んだ物語、沼田真佑さんの芥川賞受賞小説を、綾野剛・松田龍平という素晴らしい役者さんを配して作り上げました。
そのお二人の鮮烈な芝居は、岩手の空気に溶け込み、そこに存在したかもしれない”ごく普通の人”の姿を見事に表していたと言えるでしょう。
転勤で埼玉からこの土地にやってきたばかりの青年、今野(綾野剛)は恋人とも別れて孤独の中にいました。
そんな彼が出会ってしまったのは、同僚の日浅(松田龍平)という人懐こい男だったのです。
二人で川釣りをしたり、祭りの輪に入ったり…今野が次第に心を開いていくプロセスは、まるで恋する少女のようでもあり、そこからふっと姿を消してしまった日浅を求めて焦がれる様子は情念にも通じる痛切さが滲んでいました。
そして次第に見えてきた意外な日浅の素顔に、愕然とする今野の落胆と、諦念。
しかし、彼が見てきたのは幻ではなく、どうしようもない現実だったのです。
あまりに気の毒なその振り回されぶりでしたが、それを乗り越えた時に見せた彼の晴れやかな表情は美しく、そしてちょっと意外な彼の辿り着いた境地には、逞しさすら感じられました。

まとめ

TSUTAYA DISCASに初めて登録する方は、30日間無料
無料期間のみ楽しみたい方は、無料期間内に解約してもらうだけでOKです!
ぜひ無料期間を利用して視聴しちゃいましょう!!

「影裏」は
\TSUTAYA DISCASで宅配レンタル中!/

※本ページは2022年5月時点の情報になります。
最新の配信状況はTSUTAYA DISCASへ!

ph –>

タイトルとURLをコピーしました