湯を沸かすほどの熱い愛/見逃し配信動画を無料でフル視聴する方法【映画】

2016年公開映画『湯を沸かすほどの熱い愛』は、家族とは何かをテーマとし、銭湯を舞台に主演・宮沢りえ、娘役に杉咲花が共演する家族ドラマ!

こちらでは、映画『湯を沸かすほどの熱い愛』の見逃し配信動画を無料でフル視聴する方法やあらすじ・キャスト・感想をまとめています!

  • 見逃した作品、過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 住まいの地域で放送されない
  • CM広告なし、高画質で見たい

こんな方たちに、おすすめの動画配信サービスをご紹介いたします!

10/29(土)公開 『湯を沸かすほどの熱い愛』本予告篇

「湯を沸かすほどの熱い愛」
Paraviで見放題配信中です!

初回登録2週間無料!

本ページの情報は2021年9月時点の情報になります。
最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

こちらもParaviで配信中!!

  ⇩   ⇩   ⇩

『湯を沸かすほどの熱い愛』配信状況

「湯を沸かすほどの熱い愛」が配信中の動画配信サービスを調べてみました!

動画配信サービス配信状況初回無料期間
Paravi2週間
U-NEXT×31日間
TSUTAYA TV/DISCASレンタル30日間
dアニメストア×31日間
FOD PREMIUM×2週間
Hulu×2週間
ABEMAプレミアム×2週間
dTV×31日間

ほんの一部ですが、Paraviで配信中ということがわかりました!

※本ページの情報は2021年9月時点の情報になります。

『湯を沸かすほどの熱い愛』 を無料で視聴する方法は?

上記でもお伝えしましたが『湯を沸かすほどの熱い愛』は、動画配信サービス【Paravi(パラビ)】で配信中です!

そこで【Paravi】は、どういったサービスなのか簡単にまとめてみました!

国内ドラマ・TBS/テレ東系が豊富なParavi!
初めて登録する方は2週間無料!

無料期間のみお楽しみいただくことも可能!
※無料期間内に解約してもらうとお金は一切かかりません!
ぜひお試しください!(*^^*)

Paravi解約方法の手順や注意点

初回登録2週間無料!

本ページの情報は2021年9月時点の情報になります。
最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

「湯を沸かすほどの熱い愛」あらすじ

1年前、あるじの一浩(オダギリジョー)が家を出て行って以来銭湯・幸の湯は閉まったままだったが、双葉(宮沢りえ)と安澄(杉咲花)母娘は二人で頑張ってきた。だがある日、いつも元気な双葉がパート先で急に倒れ、精密検査の結果末期ガンを告知される。気丈な彼女は残された時間を使い、生きているうちにやるべきことを着実にやり遂げようとする。

「湯を沸かすほどの熱い愛」キャスト

幸野双葉:宮沢りえ

幸野安澄:杉咲花

幸野一浩:オダギリジョー

片瀬鮎子:伊東蒼

向井拓海:松坂桃李

みんなの感想

最初はちょっと変わった家族を題材にしたハートウォーミングな映画なんだろうと単純に思っていましたが、それを見事にガラッと覆し、人に薦めたい邦画の一本となりました。ちょっと抜けた頼りがいのない夫、自分に自信が持てず言いたい事が言えない娘、経営難の銭湯、そして夫の愛人から押し付けられた連れ子、悩みは次から次へと尽きない中、自分の人生をかけて、本当の愛とは何かを身体全部で伝えた「母ちゃん」。世間一般には理解されないであろうその母の生き様を、沸々と真っ赤に燃える熱い命をもって教える姿に、涙が止まりませんでした。こんなにも心がタフで、なりふり構わず家族を愛し、自分とかかわった全ての人達のことを常に一番に考え、その人達が幸せである事を、自分の幸せと心から思えるなんて、すごい「母ちゃん」で本当に羨ましかったです。また、主人公の宮沢りえの女優としての凄みをまざまざと見せられて、この映画をきっかけに大好きな女優さんの一人にもなりましたし、脇を固めるキャスト達も、前へ前へとは決して出てこないのに、それぞれの存在感の凄さと温かなエネルギーはいったい何なんだろうという位のはまり役だったと思います。最後は法的にはちょっとと思う部分はありましたが、それが「母ちゃん」を思う家族の最上級の愛の形なんだと納得しました。

とにかく泣いた。泣きすぎて、ティッシュボックスを一人で半分使ってしまったくらい。
人が亡くなる類の作品はやっぱりお涙頂戴的な場面も多くあるけれども、この作品はそれだけではなくて、純粋な熱い思いに心が動かされてしまった。宮沢りえの、熱いお母さんとしての白熱した演技もとにかく良かったし、なにより杉咲花の演技にとても見入ってしまった。彼女はその後も「いだてん」など多くの作品で活躍されているのを見たが、この時にもう既に『演技派』としての彼女が確立されていたのではと思う。なかなかに体当たりな部分も多くあり、若い女の子としては大変だったのではないだろうかと思うが、やりきっている上に感動まで与えてくれた彼女には拍手を送りたい。本作を見て、今後も注目していきたい女優さんの一人となった。
最後のどんでん返し?には驚きのあまり声が出て涙も引っ込んでしまったが、あれが彼らの愛のカタチと考えるとごくごく自然な流れなのかと…。感動だけではなく意外性もあり、本当に最後まで飽きることがなかった。
家で真っ暗にして、しっかりと浸りながら見たのが良かったのかもしれない。きちんと周りの環境を綺麗にシャットダウンして、浸って見てほしい作品。

宮沢りえ演じる母、幸の愛はなんて強いのだろうと心を強く打たれた。自分の余命があと二か月と分かり、残される家族の幸せだけを一心に考えて次々と行動していく幸を見ていると、思わず病気に侵されていることを忘れそうになった。特に心を打たれたのは娘を学校での陰湿ないじめに負けないよう立ち向かうよう導くところ。同じ状況だと、いじめっ子に文句を言ったり、学校の先生に何とかしてもらうよう懇願する人も多いと思う。でも幸は娘の芯の強さを信じて、さらに娘の将来を真に考えて決して妥協せずに行動していた。とても強い女性だと思う。また、実は幸は娘の安澄にとって継母であり、本当の母ではないのだが、自分の死後のことを考え、娘と耳の不自由な本当の母がコミュニケーションがとれるよう手話を習わせていて、死の直前に安澄を実母に引き合わせた。ここからも幸の血はつながっていないが娘に対する誠実な思いが伝わり、ジーンと心が熱くなった。厳しく強く、でも誰よりも心優しい幸。実際には自分の子供は産んだことがないのだが、そんな幸のことを本当の母だと真摯に思い、死の間際も病院に通い寄り添い続ける安澄。幸の葬式後のシーンでは、悲しみというより幸との思いでを胸に、前を向いて明るく生きていこうという、安澄と周りの人たちの決意が感じられた。

宮沢りえさん、すごくいいお年の取られ方をされているなあとしみじみ思いました。
関取の方との関係が有名になったり、写真集が注目されたりもありましたが、日本を代表する演技派の正統派美人女優でございます。
ちょっと映画とは話がそれますが、以前バーの店主に扮したバラエティをされていたのがとても好きでした。
さて、本題。家族の愛さえがあれば人生どうにでもなると思わせてくれる素晴らしい映画です。号泣しました。
胸が苦しくなるほど映画に没入してしまいます。とてつもなく切ない。でも生きる強さをこれでもかと感じさせてくれる。
ぜひ、家族でご覧になることをお勧めします。
キャストがまた素晴らしい。前述の宮沢りえさんはもちろんですが、脇をかためるオダギリジョーさんがコントラストになっていてとてもよかった。
本当に才能のある演出と演者がかみ合うと映画の中の世界に引っ張り込まれるような感覚をおぼえます。
ここまで心をわしづかみになれる映画にはなかなか出会えないと思います。
主題歌がきのこ帝国というのもよかったですね。悪いところなんて見つからないくらい細部まで良かったです。
お恥ずかしいですが、泣きすぎて、見終わった後軽く頭痛に襲われました。

宮沢りえさん主演の映画で一番泣きました。見ながら家族や友人たちの顔を思い浮かべて、映画の世界に自分自身を落とし込めました。私とは住む世界が違うようで、全てが共感できるような深い作品です。
年齢的に見れば宮沢りえさんは母、その娘の杉咲花さんが自分、オダギリジョーさんは父、と思い浮かべました。杉咲花さんの心の動き方が中高生時代の私のように思え、学校生活や独特な人間関係に辛くなりながら、藻掻いて藻掻いて明日に向かっていくと言うのがとても心に響きました。また、宮沢りえさんとオダギリジョーさんの夫婦生活に新しさを感じ、愛の多様性や夫婦の形に最初こそ「そんなことある?」とはてなマークが浮かんでおりましたが、一番深いところでは手を繋いでいると気づき、とても心が震えました。お二人の夫婦を杉咲花さんが繋いでいるというのが、昨今では「子供がいるから夫婦をしている」と皮肉を言われるとは思いますが、そう言ったネガティブな意見を払拭する愛の深さを感じます。
『湯を沸かすほどの熱い愛』と言うタイトルからは内容が想像し辛いと思います。しかしタイトル通りの熱い愛を感じられる映画となっており、家族や友人にも薦めたい映画です。

中野量太監督のインディーズ時代の映画を観てファンになった人間です。『湯を沸かすほどの熱い愛』は中野監督の本格的な商業映画デビュー作だったため、監督の唯一無二の感性が消されてしまっていないかと不安だったのですが、鑑賞したらそんな感情は吹っ飛びました。
一介の人間では、到底思いもつかないような中野監督らしい奇天烈さが随所に溢れていました。それは風変わりなタイトルしかりストーリーの展開しかり。主人公・双葉の思惑もまさにそうです。一見”不思議ちゃん”とも感じられる個性的な作風なのですが、これらが全て胸を打つストーリーに吸収されていくのが素晴らしい!まさに中野節です。例え商業映画になっても、中野監督の良さが際立つ作品でした。
今作はよく「泣ける映画」と評されていますが、涙もろい私の涙腺は完全に崩壊し、今まで見た映画の中でトップ3に入る涙の放出量でした。特にたまらなかったのは、やはり双葉の愛です。ストーリーが進むに連れ娘への愛の深さが紐解けていくのですが、それを知る度に嗚咽しました。また周囲の人へも惜しみなくふるまう双葉の優しさに、本当に強い人とは彼女のような人だと学びました。双葉を演じた宮沢りえさん、娘役の杉咲花ちゃんの熱演も湯を沸かすほど。現代の邦画を代表する一本ではないでしょうか。

まとめ

映画『湯を沸かすほどの熱い愛』は、Paraviで見放題配信中です!

是非ご覧ください!

タイトルとURLをコピーしました