アントマン(MCUシリーズ)見逃し動画配信やレンタルを無料でフル視聴する方法

身長1.5cmのニューヒーロー⁉
人生崖っぷちの主人公・スコットが特殊スーツに身を包むと最小・最強な『アントマン』に大変身!
先日「アントマン」シリーズ第3弾のタイトルがようやく発表されましたね。
最新作公開前に、シリーズ第1弾を復習しましょう!!
こちらでは「アントマン」の動画配信を無料でフル視聴する方法やあらすじ・キャスト・感想をまとめています。
  • 見逃した作品、過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 住まいの地域で放送されない
  • CM広告なし、高画質で見たい

こんな方たちに、おすすめの動画配信サービスをご紹介いたします!

「アントマン」MovieNEX予告編

映画「アントマン」のフル動画は
U-NEXTで配信中です!
現在レンタル作品ですが
初回ポイントで視聴することができます!

初回登録は31日間無料 &
\600ポイントプレゼント!/
⇩ ⇩ ⇩

映画『アントマン』 を無料で視聴する方法は?

『アントマン』は、動画配信サービス【U-NEXT】で配信中です!

そこで【U-NEXT】て聞いたことはあるけど、どういったサービスなのかわからない方のために簡単にまとめてみました!

ウイルスの心配がある違法動画サイトとは違い《安心・安全
圧倒的に多い作品数
が魅力的で
新作はポイントで視聴できます!
CM広告は一切ないのでストレスも感じません(*^^*)

無料期間のみお楽しみいただくことも可能なので
ぜひお試しください!
※無料期間内に解約してもらうだけ!

U-NEXT解約・退会方法や注意点は?


初回登録31日間無料&
\600円分のポイントプレゼント/

本ページの情報は2021年9月時点の情報になります。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

『アントマン』 あらすじ

仕事も家庭も失い人生崖っぷちのスコットはある日、天才科学者、ハンク・ピム博士に見込まれ、彼が開発した特殊スーツを着用して身長わずか1.5センチの「アントマン」に変身。
正義のヒーローとなるため、博士とその娘・ホープの下で猛特訓を始めるが…。

U-NEXTより引用

キャスト・吹き替え声優

スコット・ラング / アントマン演 – ポール・ラッド、日本語吹替 – 木内秀信

ホープ・ヴァン・ダイン演 – エヴァンジェリン・リリー、日本語吹替 – 内田有紀

ダレン・クロス / イエロージャケット演 – コリー・ストール、日本語吹替 – 大川透

ジム・パクストン演 – ボビー・カナヴェイル、日本語吹替 – 加藤亮夫

ルイス演 – マイケル・ペーニャ、日本語吹替 – 小杉竜一〈ブラックマヨネーズ〉

カート演 – デヴィッド・ダストマルチャン、日本語吹替 – 松本忍

デイヴ演 – ティップ・“T.I”・ハリス、日本語吹替 – 伊藤健太郎

サム・ウィルソン / ファルコン演 – アンソニー・マッキー、日本語吹替 – 溝端淳平

MCUシリーズ一覧

『アントマン』を観る前に、こちらはご覧になりましたか?
(【】内は時系列順の番号)

  1. アイアンマン(2008年公開)【②】
  2. インクレディブル・ハルク(2008年公開)【④】
  3. アイアンマン2(2010年公開)【③】
  4. マイティ・ソー(2011年公開)【⑤】
  5. キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー(2011年公開)【①】
  6. アベンジャーズ(2012年公開)【⑥】
  7. アイアンマン3(2013年公開)【⑦】
  8. マイティ・ソー/ダーク・ワールド(2014年公開)【⑧】
  9. キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー(2014年公開)【⑨】
  10. ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年公開)【⑩】
  11. アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(2015年公開)【⑪】
  12. アントマン(2015年公開)【⑬】
  13. シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年)【⑭】
  14. ドクター・ストレンジ(2016年公開)【⑮】
  15. ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年公開)【⑫】
  16. マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年公開)【⑱】
  17. スパイダーマン・ホームカミング(2017年公開)【⑯】
  18. ブラック・パンサー(2018年公開)【⑰】
  19. アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年公開)【⑲】
  20. アントマン&ワスプ(2018年公開)【⑳】
  21. キャプテン・マーベル(2019年公開)【㉑】
  22. アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年公開)【㉒】
  23. スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年公開)【㉓】

全23作品にも上るマーベルシリーズ、劇場での公開順に観るか時系列順に観るかでも違った楽しみ方ができますね。

U-NEXTではMCUシリーズ作も配信されているので、そちらもチェックしてみて下さい!

みんなの感想

mcuという会社で作られており、シリーズ化されており、海外では、興業収入が世界で一位になるなど、大人気なシリーズ物です。
そのシリーズのキャラクターであるアントマンというキャラが、どうのようなキャラクターだったり、アントマンの事が良く知れる作品だと思いました。
この作品の魅力はmcuというのは、最初からシリーズを見ないといけないのが多いのですが、 
この作品はシリーズを見たことない人こそ見て、mcuの魅力を感じてほしいなと思いました。
この作品の感想は小さくなる能力があるアントマンなのですが、それを活かした戦い、ギャグが多く見られ、感動出来る家族愛とかもあり、
この作品は映画一本で見てもかなり好きな作品になりました。
個人的に注目して、頂きたい所は、小さくなって、玩具の電車や武器の戦いがあるのですが、その戦闘シーンに笑いとmcuのcgの凄さで魅了されました。
この作品の欠点としては、やはり、一応シリーズを通してるので会話の中に、過去にあったこととかがでてきてるのが、欠点かもしれませんが、
全体的によくできており、mcuの中でも、かなり好きなキャラクターで、好きな作品なので、一回見てみてはいかがでしょうか?

この映画は、アメリカのマーベルコミックを実写映画化した作品で、アント=蟻の意味通り、蟻のサイズに変身して、最小のスーパーヒーローとして活躍するストーリーです。アントマンになる前に、主人公のスコット・ラングが、ピム博士宅に泥棒に入って、身体が縮小するスーツを着て、蟻サイズに変わってしまったシーンは、とても面白いです。巨大なネズミに追いかけられたり、お風呂が荒れた海になったりと、小さくなったときの視点で描かれた映像はとてもリアルで、面白かったです。泥棒だったスコットが、娘と会うためにアントマンとして悪を退治するというサクセスストーリーは、いかにもアメリカ人が好きそうな内容で人気が出るのもわかります。ただ戦隊シリーズなどで変身コスチュームを纏ったヒーローの姿を見慣れている日本人にとっては、アントマンのコスチュームはなんともカッコ悪く、第一印象ではあまり好感を持てませんでした。ただ、次第に活躍する姿をみているうちに、カッコ良く見えてきてしまうのも不思議です。いまの40代、50代の人は、ミクロマンというアニメを見ていたと思うので、このアントマンで描かれる世界にはとても懐かしさを感じることができるので、おすすめです。

アントマンの主人公は実に普通な男です。ソーのように人知を超えた力も持っていませんし、スタークのような持ち前の頭脳を生かしてパワードスーツを開発することもハルクのように条件を満たすと超人に変化するとかキャプテン・アメリカのように超人になる手術を受けたとかでもありません。MCUの中では明らかに地味で方向性としてはガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのクイルに近いと思います。ただ、クイルはクリス・プラットが演じていて彼の身長は190cm近くあってソーやキャプアメくらい筋肉質ですが、今作でアントマンになるポール・ラッドは中肉中背で鍛え抜かれた肉体もなく見た目はほんとごく普通の一般人という感じです。後にシヴィルウォーキャプテンアメリカでアベンジャーズが集った時も一人だけ明らかに浮いていました。彼の能力は金庫破りが驚異的にうまいことくらいです。犯罪をして立ち直ったという経歴はあるものの正確に癖はなく至って普通。娘を守るために真面目に頑張れるというところが等身大で意外と感情移入できます。そんな彼がアリくらい小さくなれるスーツを着てミッションをこなします。好きなのはラストバトルですね。昔見たスモール・ソルジャーズやトイ・ストーリーを思わせる今までのMCUにはないアクションが見られます。おすすめです。

アベンジャーズシリーズの中でも個人的にはストーリーの難解度が高めに感じました。自由に大きさを変えられる薬を開発した依頼人。ミクロになって現実世界に帰ってこられなくなった奥様を助けようとする旦那様とその娘と共に戦いますが、途中で半透明の敵が現れたりと盛りだくさんな、ストーリー展開であっという間に見終わってしまいました。大きなヒーローはたくさんいますが、小さいヒーローはなかなかいない気がします。着眼点が素晴らしいなと思いました。さらに最後のストーリーでかなり重要なポイントを含んだ作品なので、きちんと理解して見ることをおすすめします。主人公があまり反省してない犯罪者のなのが、少し気に入らない点ではありますが、娘のために父親が悪と戦うシーンはかっこよかったです。娘もヒーローの血を受け継いでいるようでたくましい一面もあり、アクション映画ではありますが、家族愛を感じられました。娘の歯が抜けているのがなんとも可愛らしい。
アリとチームになって戦うアントマン。ちょっとアリがリアルで気分悪いですが、従順な性格をうまく使ったよいアイディアだと思います。泥棒のセンスを活かして、アベンジャーズの一員となり、これからのアベンジャーズでも活躍していくシーンを想像できる一作となっていると思います。

今作の映画「アントマン」では同じMCU作品の「ドクター・ストレンジ」と同じ衝撃の世界観を拝見しました。量子世界や1センチの世界はまだ未知なるものや可能性が
MCU的にたくさんあってそれが映画「アベンジャーズ:エンドゲーム」に繋がるとは思っていませんでした。そして主人公のスコット・ラングの親近感がかなり好感触で
した。元強盗団の1人で前科持ちですが愛する娘がいて31(サーティワン)で働いていてと前科持ちを覗けばどこにでもいるイクメンパパがスーパーヒーローになるとい
うワクワク感があってとても良かったです。家族でも1人でも楽しめる作品だったなと思います。最初のアントマンの印象は1㎝の縮小能力で何が出来るの?と思ったので
すが実際に映画を見てみると何でも出来て凄いなと思ってしまいました。そして他の作品には無いバラエティやコメディのエッセンスが存分にあってそこも続編の「アン
トマン&ワスプ」も含めて良い所だと思います。原作とは全く違うコスチュームですがなぜか個人的に全然良くてめちゃくちゃカッコいいと思います。逆に原作の方がダ
サいのかなと思ってしまう程のMCU版のアントマンのコスチュームはクオリティが高いと思いました。

MCUヒーローの中で最も「お人好し」なところが親近感を感じて良い。キャスティングに定評のある本シリーズだが、名悪役で名高いマイケル・ダグラスを正義の学者に充てるという所業を見せ、その切れ味が未だ健在なことが伺える。他にもアントマンの泥棒仲間のメキシカン系で前置きがとても長いルイス役のマイケル・ペーニャの主役を食うほどのハマリ振りも凄い。蟻男という古典的にもほどがあるネタを現代量子力学に絡めてリブートさせたのは見事。ダークでシリアスに陥りがちなシリーズの中でも一二を争うコメディ感たっぷりのストーリーは単独作品として見ても全然OKで、MCUを知らない方にもオススメです。特にルイスの回りくどい前置きの脱線しまくる説明シーンの抱腹絶倒さは一度見たら忘れられないレベルで、たまらない魅力ですね。ピム博士と娘のほのぼのとした確執や、バツイチのアントマンと娘というように、家族の絆を取り戻すことも重要なテーマになっている点もMCUシリーズの枠を超えた一般的な魅力を備えていることの原因でしょう。いつ小さくなって、いつ大きくなるのかという物凄く単純な展開に大人も子供もなくハラハラドキドキさせられるという今時貴重な娯楽映画の傑作でしょう。

まとめ

今回は『アントマン』についてご紹介しました。

U-NEXTではこの他にもたくさんの洋画・海外ドラマが配信されているので、気になる番組がある方は是非チェックしてみて下さい^^

最後までご覧いただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました