孤狼の血/見逃し動画配信を無料でフル視聴する方法【映画】

映画『孤狼の血』を無料でフル視聴できるおすすめの動画配信サービスをご紹介します!

見逃してしまった方もう1度見たい方に必見です!

「孤狼の血」は
U-NEXTなどで配信中!/

※初回登録31日間無料
※無料期間内の解約OK!

「孤狼の血」とは?

2018年公開映画『孤狼の血(R15+)』。
柚月裕子による長編小説を原作に役所広司主演、白石和彌監督で映画化!
暴力団対策法成立前の1988年の広島を舞台に暴力団と彼らを追う刑事たちの激しい抗争を描く。
共演は松坂桃李、真木よう子などが出演。

映画『孤狼の血』予告編

昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾と共に、金融会社社員失踪事件の捜査を担当。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団同士の抗争が激化し…。

大上章吾:役所広司
日岡秀一:松坂桃李
高木里佳子:真木よう子
吉田滋音:尾琢真
上早稲二郎:駿河太郎
永川恭二:中村倫也
岡田桃子:阿部純子
嵯峨大輔:滝藤賢一
善田大輝:岩永ジョーイ
善田新輔:九十九一

「孤狼の血」配信状況

見放題配信状況を調べてみました!

配信状況無料期間
U-NEXT
31日間
FOD PREMIUM
×2週間
Hulu
×2週間
ABEMA
2週間
TSUTAYA TV/DISCAS
30日間
Paravi
×2週間
Amazonプライム
30日間

※本ページは2021年9月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトでご確認ください!

U-NEXTとは?

U-NEXTは月額2,189円(税込)で、最新映画から海外ドラマ、韓流ドラマ、アニメ、国内ドラマ、NHK作品も視聴できる動画配信サービスです!

★見放題作品数国内NO.1!
★雑誌70誌以上が読み放題
★毎月1,200円分のポイント付与
※ポイントはレンタル作品や電子書籍に利用可能
初回登録31日間無料&600円分のポイントプレゼント

詳しい登録方法はこちらから

⇩ ⇩ ⇩

感想

この映画をただの任侠映画、ヤクザ映画と思ってまだ見ていない方!映画人生で損をしていますよ!
個人的にはこれまで出逢った映画の中で一番の衝撃と感動を与えてもらった映画です。
白石一彌監督の作り出すバイオレンスで熱く美しい世界感。そこで大暴れする豪華なキャスト勢の魂のこもった演技。映画の宣伝文句にもあった通り、決してテレビでは見ることのできないエンターテイメントを見させて頂きました。
この映画の一番の見どころと言っても過言ではない、キャストの皆様の演技ですが、特に主演の役所広司さんは素晴らしかったです。こんな役所広司は見たことない!と映画をご覧になった方は皆さんそう感じられたのではないでしょうか。その年の日本アカデミー賞主演男優賞を受賞されたのも納得の熱演でした。
わきを固めるピエール瀧さん、真木よう子さん、江口洋介さん、石橋蓮司さんらベテラン俳優勢の役どころも大変個性的で、私のイチオシは江口洋介さんの冷静で男気溢れる若頭役です。
警察は正義なのか?真の悪とは何なのか?バイオレンスな内容の中にも人間臭く真っ直ぐな感動のドラマを見ることができ、ハラハラしたり、興奮したり、感動したりと感情が大忙しになる映画でした。

かつて「仁義なき戦い」が繰り広げられた広島を舞台にした作品。
役所広司演じるマル暴の刑事・大上の無茶苦茶ぶりが半端ない。
私自身、広島に住んでいたことがあるので広島弁にはうるさいのだが、出演者がきちんと言葉をマスターしているのもリアリティーを感じさせる要因だ。
荒くれものが多い広島の街だけに、こんな無茶な刑事がいても違和感はない。
ヤクザを痛めつける大上が「警察じゃけ、何してもええんじゃ」というセリフがこの作品に本質を見事に捉えている。
さらに他の役者も作品に重厚感を持たせている。
ヤクザを演じる江口洋介、正義感溢れる新米刑事を演じる松坂桃李
揚げればキリがないがキャスティングは見事としかいいようがない。
刑事もの、ヤクザもの、はたまたバイオレンスもの。
暴対法直前を描いた今作はどの枠にも入りきらない圧倒的な力がある。
全てを支配するのは「理不尽なまでの暴力」その暴力が正当化される世界。
暴力を舞台にした人間模様が繰り広げられる中でふとした部分には人が本来持っている危うさや優しさを垣間見ることができるのも今作の見どころだ。
そして主人公が行きつく先と若手刑事の変化には衝撃を受ける。
暴力が支配する世界で儚さと絶妙な後味の悪さを感じさせる他にはない傑作と言えよう。

映画『孤狼の血』はヤクザがメインの映画でしたが余りそちらの映画は見ないのですが、最後まで楽しみながら見てしまいました。
ヤクザ映画と聞いて血生臭い殺しなどを想像していたのですがこの映画は新人刑事目線で物事を捉えているため、任侠系・暴力系が苦手な方でも大いに楽しめる作品でした。
この映画の見どころは、松坂桃李さんが演じる新人刑事が映画が始まった時と終わった時とでは全く違った人間になってしまうところです。
余り書いてしまうとネタバレになってしまうので書きませんが、とにかく松坂桃李さんの演技の幅が広すぎて、この役は松坂さん以外には考えられないと見ていて感じました。
偉そうな言い方かもしれませんから、あの作品の中で松坂さんが一皮剥けたと感じるほどの凄みがあって、本当に沢山の人に見ていただきたいと素直に思っています。
この映画では、任侠役で江口洋介さん・先輩刑事役で役所広司さんがでていますが、これもまた見ものです。
役所広司さんは刑事でありながらほとんどヤクザじゃないかと思うほど迫力がある役でしたし、江口さんはいつもの優しさなど微塵も感じられない任侠オーラが出ていて早く続編が見たくて仕方ありません。
この映画はアウトレイジを超えた!個人的にはそうみています。

柚月裕子さん原作の昭和の終わりを背景にした警察と暴力団を題材の作品です。
現在のスマートな暴力団ものではなく、どこまでも泥臭い。
そんな彼らの相手をする警察もまた、泥臭い。
暴力班捜査係なのに暴力団員と繋がりを持ち、捜査を進める大上。
そして、大卒あがりの真面目な日岡。
警察としての経験値が少なく、また暴力団相手で勝手がわからず大上に振りまわされる日岡。
最初は反発心もあったが、大上と行動する内に日岡は大上の先読みの力に感服しやり方を受け入れていきます。
しかし、大上のやり方は警察内部、また暴力団にとっても厄介なもの。
危険を冒せば冒すほど、大上自身も立場が危うくなります。
そのことを気にかける日岡ですが、大上は止まりません。
そして、勝手に動く大上には警察本部が手を出せない秘密があった。
大上が大切に抱えていた秘密こそ、物語の鍵となっています。
また、日岡自身も秘密を持っていた…という最後まで面白い展開が続きます。
暴力シーンなどがありR15と年齢指定が入っていますが、昭和時代の泥臭さやバディものが好きな方にはぜひお勧めしたい作品です。
また原作には続編があり、映画も続編を期待していましたがどうやら2021年に公開予定とのことなのでそちらも楽しみです。

公開当時に劇場で鑑賞しました。原作が面白かったので観に行きましたが、字面をそのまま映像化してあるので内容としては非常にヴァイオレンス。初っ端から衝撃シーンで始まり、正直開始直後から帰ろうかと思ったくらいだけれど、話の筋は面白く二転三転する展開で飽きないので、頑張って最後まで観ました。役所広司さん、松坂桃李さんという豪華キャスト出演の大作にしては近年珍しいヴァイオレンス描写激しい作品ですから、正直言って観る人を選びます。ですが、暴力描写は顔を覆って我慢すれば済む話。ストーリーは、暴力団担当の警察官とヤクザの一代記。役所広司さん演じる大上のもとに新人として配属されてきたのが、松坂桃李さん演じる日岡。長年暴力団担当であり続けた大上は、警察官でありながら、容貌も振る舞いも今やすっかりヤクザ。そんな大上に反発しながらも上司にくらいついていく日岡。序盤はいかにも堅物正義感、しかし終盤では厳しい事件の荒波に揉まれてすっかり黒く染まっていく様子を松坂桃李さんが演じていますが、その変貌具合も凄くいい。こんな演技もできるのね、と鑑賞しながら驚いたくらいです。そしてやはり、この作品の肝は役所広司さん。本当の顔はどっちなんだ?と最後までハラハラさせられる展開に、手に汗握ります。

とにかく息つく暇もないほどスリリングで迫力のある映像に目が離せなかった。ヤクザの抗争の火種がくすぶっている中、抗争を抑えようとする刑事を描いている作品なので、残虐なシーンは結構ある。が、この映画にはそういったシーンが必要だ。きれいごとだけでは済まない世界を表現しているのだから、致し方のないことだと思う。が、それだけではない。人間として生きていくには、どんなところで生きていても、きれいごとだけでは終わらない。人をだまし、出し抜き、食うか食われるかの中、何とか生き抜いていかなければならない。そんなことを映画を通じて、教えられた気がした。大上(役所広司)は型破り、破天荒はマルボウの刑事だが、誰よりも市民の被害を最小限に食い止めようと考えている。そのためなら手段を選ばない。卑怯なことや汚い手段もためらわない。ヤクザと対等にわたりあい、ヤクザや警察からも一目置かれている。大上と行動を共にしていた新米刑事である日岡(松坂桃李)も最初は大上に反発するが、徐々に感化されていく。正義とは何か、考えさせられた映画だった。原作となった小説も読んだが、映画には映画の良さがある。撮影の舞台は広島で、登場人物も皆、広島弁なのが、新鮮で印象に残った。

男の意地が炸裂する最高のエクストリームムービーです。広島を舞台として、仁義なき闘いを繰り広げるのはなんと警察内部、凄腕だが汚職警官との疑いがかかる役所広司に、エリート大学出身の主人公松坂桃李がバディとなりヤクザの抗争、警察内部の汚職、そして女たちも絡んで暴力あり、計略あり、お色気ありの純然たるエンターテインメント。犯罪ドキュメントを原作とした『凶悪』を悪人側の内面描写を掘り下げて見事な犯罪映画に仕立てた白石和彌監督だけあり、仕掛けのある原作小説を見事に東映伝統のヤクザ映画として蘇らせています。役所広司の悪人警官ぶりは予想通りのハマりっぷりですが、クリーンなイメージの松坂桃李が本作ではイメージ通りの役柄から、映画が進むにつれて良くも悪くも先輩刑事の薫陶を受けてどんどん変わっていく姿がとても新鮮でした。役者が化ける瞬間を目の当たりにする幸せを本作を見ることで感じることができるのではないでしょうか。映画の最初と最後で目と表情、顔つきなどはガラッと変わっています。同年代のイケメン俳優としてスタートしたなかで、頭一つ抜けたと思わされる会心の演技を見せてくれています。容赦なしの暴力描写ですがちょっと目をつぶっていれば大丈夫。面白い映画が見たければ見るべき一本です。

柚月裕子さんの原作のファンで映画化されると発表されたときからとても楽しみでした。監督の白石和彌さんは「凶悪」や「日本で一番悪い奴ら」などピカレスクロマン的な作品に定評がある監督で、原作小説の雰囲気を見事に映像化されています。「仁義なき戦い」のような広島の雰囲気を持ちながら、現代的な要素を融合させた作品に仕上がっています。警察は悪から市民を守らなければならない、しかしただ悪を捕らえるだけでは解決にならない。大上刑事の正義と日岡刑事の純粋な正義の衝突を通じて本当の悪とは一体何かを問いかけています。そして何が正しい正義なのか、この映画を通じて多くの観客に考えていただきたいです。
それから実際の広島はこんなにヤクザはいませんので、安心して観光していただきたいです。
豪華な俳優陣による素晴らしい演技も見どころです。主演の役所広司さんは「Shall we ダンス」とは打って変わってドスの利いた広島弁を違和感なく発しており、役者さんの実力を見せられた印象です。またピエール滝さんや江口洋介さんの助演が本作に重厚な雰囲気を与えています。まるで本物のヤクザです。
広島を舞台にした社会派バイオレンス、ぜひご覧ください。

ドロドロのやくざ映画で殺人、リンチ、死体遺棄、拷問、尋問と繰り返される映画ではらはらドキドキの連続です。本当に眠たくなるようなつまらない映画と違い、常に緊張が走る映画です。また、舞台は広島で、広島はやくざが町にひしめくことで有名です。事実、小さな個人病院の医師らはやくざで苦しめられている話しを聞いたことがあります。関東に住む我々とはけた違いにやくざのために苦しんでいる方が多いことと思います。そんな広島を知ることが出来少しうれしくなりました。広島べんも聞くことができて、作品の本気度が伝わってきます。ものすごい迫力を感じることができて楽しい時間を過ごすことが出来ました。今は出会えることのないピエール瀧にも映画の中では出会えるので、ピエール瀧ファンにとっては貴重な映画だと思います。実は、広島県出身の上司につかえていたことがあり、広島県人の話しをよく聞いており、この映画が出来た時、ぜひぜひみたいと思いました。
松坂桃李、役所浩司の演技が素晴らしかったです。仁義と正義とが入り混じった映画でした。初めてやくざ映画を見ましたが、もう一度見たいと思いました。
白石監督はさすがだなあと思いました。とても良い映画を作ったと思いました。

まとめ

『孤狼の血』はU-NEXTなどで配信中です!
U-NEXTに初めて登録する方は、31日間無料&600円分のポイントプレゼント!
無料期間のみ楽しみたい方は、31日間以内に解約してもらうだけでOKです!
ぜひ無料期間を利用して視聴しちゃいましょう!!

「孤狼の血」は
U-NEXTなどで配信中!/

※本ページは2021年9月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトでご確認ください!

タイトルとURLをコピーしました